FC2ブログ
Because It's There
主に社会問題について法律的に考えてみる。など。
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/02/18 [Mon] 23:59:39 » E d i t
日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会(教研集会)の全体集会が、プリンスホテルにより一方的に会場の使用を拒否されて中止になった問題について、教研集会会場の全体集会として予約していた宴会場だけでなく、参加する全国の教師などが宿泊予約をしていた約190室についても、同ホテルから一方的に使用を拒否されていました。


1.報道記事を幾つか。

(1) 産経新聞(2008.2.16 18:04)

日教組教員らの宿泊も拒否 教研集会でプリンスホテル
2008.2.16 18:04

 グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)が日教組による教育研究全国集会の会場使用を拒否した問題で、集会参加者の宿泊用に予約していた約190室についてもホテル側が使用を拒否していたことが16日、分かった。

 日教組によると、教研集会参加予定の教員らの宿泊用に、2月1日から3日までの3泊分、約190室をグランドプリンスホテル新高輪に予約。しかし、ホテル側は全体集会の使用を拒否するとともに、宿泊も認めないと通告した。日教組側は急きょほかのホテルに部屋を確保した。

 日教組は昨年5月、ホテルと会場の使用契約を交わしたが、11月になり、ホテルが右翼団体による妨害行為などを理由に契約を破棄。東京地裁と東京高裁がいずれも会場使用を認める仮処分を決定したが、ホテルが使用を拒み全体集会が初めて中止となった。

 使用拒否問題で日教組は、ホテル側に対し損害賠償請求訴訟の提起も検討。ホテル側は「右翼団体からの圧力は一切なく、右翼団体を恐れて解約したのでもない」との声明を出していた。」



(2) 日経新聞平成20年2月19日付朝刊38面

舛添厚労相「教研集会宿泊拒否、旅館業法違反の疑い」

 舛添要一厚生労働相は18日の衆院予算委員会で、グランドプリンスホテル新高輪(東京・港)が日教組の教育研究全国集会参加予定者の宿泊を拒んだ問題について「(特段の理由がなければ宿泊を拒めない)旅館業法違反の疑いが濃厚だ。港区がホテル側を事情聴取する」と言明した。民主党の山井和則氏への答弁。

 日教組がホテル側に契約通りの宴会場使用を求めた仮処分申請で、東京高裁は1月、「日教組は警視庁に警備を要請しており、ホテル側が危惧する街宣車の騒音などの混乱は防止できる」として宴会場を使用させるよう命じていた。

 鳩山邦夫法相もこの点に触れ「裁判を無視してそれに反する行動を取る当事者がいるならば、法治国家にあるまじき事態だ」と批判的な見解を示した。(18日 21:26) 」





2.まさか、プリンスホテルが、教研集会参加予定の教員らの宿泊まで一方的に予約を解約していたとは思いませんでした。プリンスホテルは、旅館業法まで無視するのでしょうか。


(1) この問題に関して、国会において民主党の山井和則氏への答弁として、舛添厚労相は次のように答えています。

「舛添要一厚生労働相は18日の衆院予算委員会で、グランドプリンスホテル新高輪(東京・港)が日教組の教育研究全国集会参加予定者の宿泊を拒んだ問題について「(特段の理由がなければ宿泊を拒めない)旅館業法違反の疑いが濃厚だ。港区がホテル側を事情聴取する」と言明した。」(日経新聞)


舛添厚労相が述べるように、今回の宿泊拒否は「旅館業法違反の疑い」があるわけです。また、国側の要請によって行うのだと推測されますが、すでに港区がプリンスホテルを事情聴取することが決定されているようです。



(2) まず旅館業法の中から関係する規定を引用しておきます。

第一条  この法律は、旅館業の業務の適正な運営を確保すること等により、旅館業の健全な発達を図るとともに、旅館業の分野における利用者の需要の高度化及び多様化に対応したサービスの提供を促進し、もつて公衆衛生及び国民生活の向上に寄与することを目的とする。

第五条  営業者は、左の各号の一に該当する場合を除いては、宿泊を拒んではならない。
一  宿泊しようとする者が伝染性の疾病にかかつていると明らかに認められるとき。
二  宿泊しようとする者がとばく、その他の違法行為又は風紀を乱す行為をする虞があると認められるとき。
三  宿泊施設に余裕がないときその他都道府県が条例で定める事由があるとき。

第七条  都道府県知事は、必要があると認めるときは、営業者その他の関係者から必要な報告を求め、又は当該職員に、営業の施設に立ち入り、その構造設備若しくはこれに関する書類を検査させることができる。
2  当該職員が、前項の規定により立入検査をする場合においては、その身分を示す証票を携帯し、且つ、関係人の請求があるときは、これを呈示しなければならない。

第八条  都道府県知事は、営業者が、この法律若しくはこの法律に基づく処分に違反したとき、又は第三条第二項第三号に該当するに至つたときは、同条第一項の許可を取り消し、又は期間を定めて営業の停止を命ずることができる。営業者(営業者が法人である場合におけるその代表者を含む。)又はその代理人、使用人その他の従業者が、当該営業に関し次に掲げる罪を犯したときも、同様とする。
一  刑法 (明治四十年法律第四十五号)第百七十四条 、第百七十五条又は第百八十二条の罪
二  風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律 (昭和二十三年法律第百二十二号)に規定する罪(同法第二条第四項 の接待飲食等営業に関するものに限る。)
三  売春防止法 (昭和三十一年法律第百十八号)第二章 に規定する罪
四  児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律 (平成十一年法律第五十二号)に規定する罪

第九条の二  この法律に別段の定めがあるもののほか、この法律中都道府県が処理することとされている事務で政令で定めるものは、地方自治法 (昭和二十二年法律第六十七号)第二百五十二条の十九第一項 の指定都市(以下「指定都市」という。)及び同法第二百五十二条の二十二第一項 の中核市(以下「中核市」という。)においては、政令の定めるところにより、指定都市又は中核市(以下「指定都市等」という。)が処理するものとする。この場合においては、この法律中都道府県に関する規定は、指定都市等に関する規定として指定都市等に適用があるものとする。

第九条の三  国及び地方公共団体は、営業者に対し、旅館業の健全な発達を図り、並びに旅館業の分野における利用者の需要の高度化及び多様化に対応したサービスの提供を促進するため、必要な資金の確保、助言、情報の提供その他の措置を講ずるよう努めるものとする。




(3) 旅館業法9条の3により国側が調査を要請することが可能であり、本来、都道府県に調査権限(7条)があるのですが、9条の2により港区にも調査権限があることから、「港区がホテル側を事情聴取する」のだと思われます。(追記:asahi.com(2008年02月19日00時00分)「厚労相「プリンスホテル、法違反濃厚」 日教組集会拒否」によると、(9条の2により)「指導は都道府県知事の権限だが、東京都の場合は区に権限移譲している。」とのことですので、東京都港区に指導権限があるわけです。)


そして、特段の事由がなければ宿泊拒否ができないとする旅館業法5条からすると、日教組は合法組織であり、その構成員である教職員の宿泊を拒否する理由は全く見当たりません。なぜなら、全体集会開場使用を妨害するなどして、宿泊者以外の者が違法行為を行っていますが、「宿泊しようとする者が……違法行為又は風紀を乱す行為をする」(5条2号)わけではないなど、5条各号いずれにも該当しないからです。

だいたい、全体集会の会場を拒否すれば集会も中止になってしまい、街宣車などの右翼団体も押し寄せてこないのですから、ますます、教職員の宿泊を一方的に解約する理由がありません。

プリンスホテルによる教職員への宿泊拒否は、旅館業法5条違反になることは確実だと考えます。舛添厚労相は、「旅館業法違反の疑いが濃厚だ」と答えていますが、実に妥当な見解を述べているのです。




3.港区側が旅館業法5条違反であると判断した場合(もうすでに結果は明白ですが)、当然ながらプリンスホテルに対して処分を行うことになります。

(1) すでに、「文部科学省の銭谷真美事務次官も同日の定例会見で「会場の理由で全体集会を中止せざるを得なかったのは残念。一般論として、法治国家である以上、司法決定は尊重されるべきだ」と述べた。」(2008/02/04 18:37 【共同通信】)との報道も出ています。

今回、鳩山邦夫法相もこの点に触れ「裁判を無視してそれに反する行動を取る当事者がいるならば、法治国家にあるまじき事態だ」と批判的な見解を示しています。(たまには真っ当なことを述べています) このように、政府側としては、プリンスホテルの姿勢は法治国家と相容れないものだということで一致しているのです。

このように、プリンスホテルの行動は、旅館業法5条違反にとどまらず、(全体会場の使用拒否に関して)司法判断を無視して利用を拒否したものですから、「旅館業の業務の適正な運営」(旅館業法1条)の要請に反するだけでなく、「法治国家にあるまじき事態」になったのであって、裁判制度が危機に陥りかねないものです(「プリンスホテルによる日教組会場使用拒否・司法判断無視問題(下)~裁判制度が危機に陥ってもいいのだろうか?」参照)。

こうなると、「営業者が、この法律若しくはこの法律に基づく処分に違反したとき」(旅館業法8条)に当たるとして、グランドプリンスホテル新高輪に対して「許可を取り消し、又は期間を定めて営業の停止を命ずる」ことになることは必至となりました。

営業停止の期間がいつまで続くのか不明ですが、(国側が一致してプリンスホテルの行動は法治国家においては許されないという批判を行っている以上)、少なくともプリンスホテル側が司法判断を無視したことへの真摯な謝罪(及び防止措置)がなければ、いつまでも営業停止のままだと推測できます。プリンスホテルがどこまで身勝手な意地を張るのか(=廃業も厭わないのかどうか)、注目しています。

(もちろん、営業停止による損害は膨大になります。また、営業停止の対象は、本来、グランドプリンスホテル新高輪だけですが、プリンスホテル全体として司法判断無視などを行ったのですから、プリンスホテル全体に何らかの処分がなされる可能性があります)


(2) プリンスホテルが旅館業法を明白に無視した行動を行い、ここまで恣意的な宿泊拒否をするとは驚きです。明らかな法令違反を行い、(全体会場拒否に関して)司法判断までも無視してまでも守るべき利益はなんだったのでしょうか。プリンスホテルに対する営業停止処分は必至であり、しかもいつまでも営業停止のままの可能性さえもあるのです。何か後ろ暗いものがあるのではないか、疑われるのは当然でしょう。厚労省や港区だけでなく、警察による捜査も行ったほうがいいように思います。

連合としてホテル側が誤りを認めるまでボイコットを続けるそうですが、ここまで身勝手に拒否するようでは、どんなに重要な用事として予約をしていても、プリンスホテル側の身勝手な理由で、しかも直前になってから宿泊拒否や利用拒否をされかねません。これでは、プリンスホテルは、危なくてとても利用できません。

ホテル旅館業界も、プリンスホテルの姿勢に対する意思表示を求められているようですから、(他のホテルもプリンスホテルと同類なのか否かを判断するため)どういう意思表明を行うのか注目に値します。

これほどまでに問題になっているというのに、西武ホールディングスが沈黙のままということは、西武全体で法令遵守の意識が欠如しているのだろうと思います。西武ホールディングス全体の法令遵守の意識が危うくなってきました。ここまでくると、西武ホールディングスの関連会社すべてを利用しない方が賢明ではないかと思われます。

テーマ:法律全般 - ジャンル:政治・経済

事件 *  TB: 4  *  CM: 4  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
似非右翼は手ぐすね引いてますよ。
プリンスは日教組と社民党と共産党あたりの宿泊拒否をしておけば事勿れ、と考えているのでしょうが。
私が右翼なら、例えばトヨタを狙いますね。 「(中国絡みで)売国企業トヨタに会場を貸すとは何事だ!」と。 プリンスはトヨタという最上客を失うわけには行かないし、今は右翼も合法的脅迫の術を弁えているので警察も助けにならないし、ならば.....、美味しそうですねぇー。
2008/02/19 Tue 14:12:39
URL | rice_shower #dSZueuK2[ 編集 ]
>rice_showerさん:2008/02/19 Tue 14:12:39
コメントありがとうございます。


>プリンスは日教組と社民党と共産党あたりの宿泊拒否をしておけば事勿れ、と考えているのでしょうが

プリンスホテルの本音は、仰るとおりなのでしょうね。しかし、そうなると、思想信条による差別的な宿泊拒否です。憲法14条(法の下の平等)に抵触してしまいますから、「事勿れ」どころか、営業停止は免れません。ホテル経営ができなくなっても、思想に殉じるということなのでしょうね、きっと。


>私が右翼なら、例えばトヨタを狙いますね

……(^^ゞ


>プリンスはトヨタという最上客を失うわけには行かないし、今は右翼も合法的脅迫の術を弁えているので警察も助けにならないし、ならば.....、美味しそうですねぇー

プリンスホテルは、今回のことで、警察を信用することなく、右翼(似非右翼?)の圧力に言いなりになるという前例を作ってしまったわけです。そうなると、今後もプリンスホテルは、右翼(似非右翼?)から脅されるたびに何らかの利益を渡すと予想されますから、プリンスホテルに対して、美味しい思いをしようとする輩がわんさと押し寄せていきそうです。自業自得といえばそれまでですが。
2008/02/21 Thu 01:28:23
URL | 春霞 #ExKs7N9I[ 編集 ]
圧力というより、共犯かも
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20051114mh11.htm

 おなじく西武ホールディングス子会社の西武鉄道からしてこういう話がありますから、「無言の圧力」というより元から肝胆相照らす仲であって、右翼から言われるまでもなくこうした対応を取った可能性があります。 ずっと腐れ縁が切れなかった膿がここにきて吹き出したと言った方がいいのかもしれません。

 ま、どちらにしろ同情の余地なしですが。
2008/02/23 Sat 21:42:15
URL | 黒的九月 #NBgqeq8U[ 編集 ]
>黒的九月さん
はじめまして、コメントありがとうございます。貴ブログでの鋭い分析とユーモア溢れる文章は、読者を引き込ませるものがあり、よく拝見させて頂いております。


>圧力というより、共犯かも
>おなじく西武ホールディングス子会社の西武鉄道からしてこういう話がありますから、「無言の圧力」というより元から肝胆相照らす仲であって
>ずっと腐れ縁が切れなかった膿がここにきて吹き出した

仰るとおり共犯かもしれませんね。覚せい剤使用と同じように、なかなか縁を切るのは難しいようです。「腐れ縁」なのですから、圧力を受けたのだろうかだなんて、プリンスホテルに好意的すぎる見方だったかも(苦笑)。


>ま、どちらにしろ同情の余地なしですが

そうですね。最近の新聞投書欄に某弁護士が今後プリンスホテルは利用しないという内容の投稿がありました。このように、今後一切、プリンスホテルを利用しない法律関係者は非常に多いと思います。こういう結果となったことも、「同情の余地なし」です。
2008/02/24 Sun 23:52:26
URL | 春霞 #ExKs7N9I[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokonisonnzaisuru.blog23.fc2.com/tb.php/864-27f1cb5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
職務経歴書を書く際に、分かりにくくなってしまう原因の1つが、時系列でつらつらと書いてしまうこと。××年○月 新人研修××年○月 ◆◆営業所に配属×○年□月 営業目標120%達成×○年△月 ■■営業所に転属□△年×月 チームリーダーに昇格○○年□月 営業目標110%...
2008/02/19(火) 00:45:56 | 職務経歴書の書き方
?ζ???????Τ?ä????Τ???????ã????
2008/02/19(火) 10:54:07 | ?BACK
 もう何度と無くこのネタを書いてる気がするが、また「とんでもない事」が発覚した。 ・<教研集会>プリンスホテル側、参加者の宿泊予約...
2008/02/19(火) 22:33:38 | Re:F\'s blogroom
    皆様のご支援に感謝致します! ありがとう! 新作です。 アメリカの地図だけでは「愛想ないかなぁ~?」と思いまして、「ホワイトハウス」じゃぁどうか?って事になった。ですが、「あんな難しいのん描く自信もないし、凄い時間かかるねんでぇ~」(と大阪の...
2008/02/19(火) 23:09:31 | 晴天とら日和
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。