FC2ブログ
Because It's There
主に社会問題について法律的に考えてみる。など。
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2007/12/17 [Mon] 23:34:49 » E d i t
共同通信社の電話世論調査で福田内閣の支持率が大幅に下落し、政権発足3ヶ月を経ずして不支持が支持を上回りました。年金記録不備問題で照合と通知を来年3月末までに完了する「公約」の実現が不可能となり、国民による福田内閣への不信が急速に進んでいる実態が浮き彫りになりました。


1.まず、報道記事をいくつか

(1) 東京新聞平成19年12月17日付朝刊1面

福田内閣支持急落35% 年金『公約違反』57%
2007年12月17日 朝刊

 共同通信社が十五、十六両日実施した電話世論調査によると、福田内閣の支持率は35・3%と十一月上旬の前回調査に比べ11・7ポイント落ち込んだ。不支持率は47・6%で11・0ポイント上昇、初めて不支持が支持を上回った。年金記録問題で政府が全面解決を事実上断念したことに対し「公約違反に当たる」との回答が57・6%を占め、「当たらない」は34・3%だった。

 福田康夫首相が年金問題で「公約違反というほど大げさなものか」と発言したことや、防衛省をめぐる一連の疑惑が支持率急落に結び付いたとみられる。再延長した今国会の最大の焦点である新テロ対策特別措置法案(給油新法案)については「反対」が46・7%で、「賛成」の38・8%を上回った。

 望ましい政権の枠組みについて、前回は「自民党中心」が多かったが、今回は「民主党中心」が44・7%で「自民党中心」の28・5%を引き離した。次期衆院選の時期は「来年前半までに」が47・0%、「来年後半までに」は26・0%、「再来年」は12・8%。

 内閣不支持の理由は「経済政策に期待が持てない」が21・6%で最も多かったが、「首相に指導力がない」が16・5%と8・1ポイント増えた。支持理由は「ほかに適当な人がいない」が46・6%だった。

 給油新法案を参院が否決した場合、与党が衆院で再議決して成立させることについては、賛成41・2%、反対43・6%で拮抗(きっこう)。反対の理由は「給油活動は必要ない」36・8%、「参院の否決を尊重した方がよい」35・1%だった。

 来年三月に期限切れを迎える、揮発油税の暫定税率の延長については、反対が75・4%に上った。道路特定財源の一般財源化には賛成50・8%、反対38・3%。

 各党支持率は自民党が25・2%で、前回より13・0ポイント下落、民主党の28・5%を下回った。公明党3・1%、共産党3・6%、社民党1・5%、国民新党0・3%、新党日本0・2%。一方、支持政党なしは36・0%と12・5ポイント増だった。」



(2) 朝日新聞平成19年12月17日付朝刊2面

「政治の基礎、首相に欠落」 小沢氏、公約発言を批判
2007年12月16日21時51分

 民主党の小沢代表は16日、山梨県昭和町であった同党の輿石東参院議員会長のパーティーで講演し、年金記録問題の「公約」をめぐる福田首相の発言について「『言ったかな』なんてとぼけているのは、政治の基礎的な部分が欠けている。馬鹿げた無責任な政治がまかり通っている」と述べ、名指しで強く批判した。

 小沢氏は「日本で一番偉い人が公約なんかどうでもいいという考え方で政治やったら、こんな国民をバカにした、政治を冒涜(ぼうとく)した態度はない。国民と約束したことを一生懸命守ろうとするのが政治家、人間として当たり前だ」と語った。

 一方、輿石氏も講演で「福田さんに政権を維持させておいてはダメだ。暮れから正月、3月にかけてどうするか、腹は決まった。参院の意思は必ず示す」と語り、首相問責決議案の提出を視野に国会審議に臨む姿勢を強調した。」



(3) 産経新聞平成19年12月17日付朝刊1面

首相発言 世論と乖離 年金不信から政治不信へ

 誰のものか分からない年金記録約5000万件のうち、約2割が統合困難であることが判明し、「最後の1人、最後の1円まで確実に年金を支払う」という政権公約の実現は絶望的になった。ところが、福田康夫首相や舛添要一厚生労働相からは公約撤回に対する謝罪の言葉は聞かれない。民主党など野党は、1月15日まで再延長された国会で政府・与党を追及していく構えだ。政治家の言葉の軽さに、年金不信だけでなく政治不信も広がりつつある。

(河合雅司、桑原雄尚)

 「記録統合作業はエンドレスで、できないこともある」。舛添要一厚生労働相は11日の記者会見で、あっさりと公約断念を表明した。

 来年3月までの照合完了-。なぜ、政府・与党は、できもしない公約をしたのだうか。夏の参院選で、自民党が劣勢を盛り返そうと、誤解を承知で誇張し過ぎた結果、公約の中身が変質したことに原因がある。

 「最後の1人まで記録をすべてチェックし、正しく年金を支払う」。

 参院選前、安倍晋三首相(当時)が何度となく街頭演説で使ったフレーズだ。自民党は「5000万件を1年間ですべて統合できる」とのチラシを作成した。政府や自民党は記録の持ち主の手がかりを探すための作業に過ぎない「照合」と、記録の持ち主を特定し修正する「統合」を、しばしば混同して使った。

 この結果、「来年3月までの照合完了」は「来年3月までの問題解決」として国民に浸透していった。自民党のチラシについては、野党が何度も国会で取り上げ批判したが、明確に訂正されることはなかった。

 福田康夫首相も10月3日の衆院本会議で「来年3月までに実施する」と安倍政権の作業スケジュールの踏襲を明言。舛添氏は「最後の1人、最後の1円まで確実にやる」とさらに踏み込んだ。

 だが、福田政権は、国民が年金記録の公約をどのように理解しているのか、あまり気に留めていなかった節がある。

 首相は945万件について、「公約違反というほど大げさなものなのか」と語った。さらに「公約でどう言っていたか頭にさっと浮かばなかった」と、国民の神経を逆なでするような言葉も飛び出した。

 14日には「誤解を招いたという意味では、説明した人の責任でもある」と謝罪を口にしたが、これは混乱を招いたことをわびただけとみられる。「みなさんが公約違反だと決めつけているから、いくら抗弁しても、なかなか説明するのは難しい」とも述べているためで、相変わらず公約違反との認識は持っていないようだ。

 安倍政権は年金対応のまずさがきっかけで支持率が急落した。それだけに、与党内では、福田首相の発言と世論の温度差の乖離(かいり)に懸念が広がりつつある。(以下、省略)」




2.同通信の世論調査によると、35・3%と十一月上旬の前回調査に比べ11・7ポイント落ち込んでいます。

(1) 福田内閣の支持率が急落した理由は、世論調査によると

「共福田康夫首相が年金問題で「公約違反というほど大げさなものか」と発言したことや、防衛省をめぐる一連の疑惑が支持率急落に結び付いたとみられる。」

としています。

福田首相は、「公約違反というほど大げさなものなのか」、「公約でどう言っていたか頭にさっと浮かばなかった」、「誤解を招いたという意味では、説明した人の責任でもある」、「みなさんが公約違反だと決めつけているから、いくら抗弁しても、なかなか説明するのは難しい」などと、まるで年金に関する政権公約なんかなかったかのようであり、首相や厚労相は謝罪することもなく、年金問題について心配している国民のことなぞどうでもいいかのようです。

小沢民主党代表は、

「年金記録問題の「公約」をめぐる福田首相の発言について「『言ったかな』なんてとぼけているのは、政治の基礎的な部分が欠けている。馬鹿げた無責任な政治がまかり通っている」と述べ、名指しで強く批判した。

 小沢氏は「日本で一番偉い人が公約なんかどうでもいいという考え方で政治やったら、こんな国民をバカにした、政治を冒涜(ぼうとく)した態度はない。国民と約束したことを一生懸命守ろうとするのが政治家、人間として当たり前だ」と語った。」


と述べていますが、 まさにその通りです。


(2) 支持率が急落する原因は、年金問題だけでなく、防衛省をめぐる一連の疑惑(参院外交防衛委員会で、11月15日午後、防衛省の守屋武昌前事務次官(63)を証人喚問し、宮崎容疑者との宴席について、久間章生元防衛相ら四人で会食したことや、米国防総省OBを囲む会に額賀福志郎財務相(元防衛庁長官)が同席したことを明らかにした)もあるでしょう。


他にも支持率急落の原因はあります。鳩山法相の「友人の友人はアルカイダ」発言、「死刑自動執行化」発言など、思いつき発言を繰り広げているのです。しかも、こういう軽率な思いつき発言について、首相が鳩山氏擁護ともとれる発言さえするのです。

鳩山法相のアルカイダ発言「面白い」 福田首相が擁護
2007年12月15日00時20分

 福田首相は14日夜、TBSの報道番組の収録で、「友人の友人がアルカイダ」と発言した鳩山法相について、「面白い方ですよね。面白い方。発言の中身も面白い」と語った。鳩山氏の発言には、現職の法相が国際テロ組織とかかわりがあるかのような印象を与えたとして町村官房長官が口頭で注意したほか、野党が「軽率だ」などと批判している。首相が鳩山氏擁護ともとれる発言をしたことで、野党から国会審議で真意を追及される場面が出てきそうだ。

 鳩山氏は10月の日本外国特派員協会での講演で「私の友人の友人がアルカイダ。バリ島中心部の爆破事件にからんでおり、私は近づかないようにというアドバイスを受けていた」などと発言。事前にテロを知っていたかのような説明だったが、その後の記者会見で「話を聞いたのは事件の3、4カ月後」と訂正。さらに「舌足らずで誤解を生む部分があった」と釈明していた。

 収録で首相は「アルカイダ発言はいただけない」という司会者の問いに、「あの1回だけじゃ駄目ですね。連続して聞くと味がある」と感想を述べた。さらに鳩山氏が「(テロ組織が)しょっちゅう日本に平気で入って来られるというのは安全上好ましくない」と発言したことを念頭に、「そういう人がいる可能性があるってことを正直に言っている。ほんとのことを、ほんとと言った」とも語った。

 鳩山氏が当初、事前にテロ情報を知っていたととれる発言をしたことについては「言い間違えですね。それはありえません」と強調した。

 鳩山氏は死刑執行に関して「法相が絡まなくても自動的に進む方法はないか」と述べるなど発言の軽率さが指摘されている。」(asahi.com(2007年12月15日00時20分))



今まさに進行中の問題ですが、薬害C型肝炎訴訟の和解交渉も芳しくありません。日本政府は本当に早期に薬害被害者を救済する気があるのでしょうか。国民の多くが、薬害肝炎の患者・感染者全員を救済するべきだと思っているはずです。少しも前向きでない政府の対応も、支持率低下の原因の1つであるでしょう。


(3) 福田内閣は、いったい何をしたいのでしょうか?

世論調査によると、「給油新法案を参院が否決した場合、与党が衆院で再議決して成立させることについては、賛成41・2%、反対43・6%」あり、反対する意見が若干多いくらいなのです。国民に背を向けた政治をするのであれば、首相を辞めるべきであり、早期に衆議院を解散して民意を問うべきだと考えます。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

政治問題 *  TB: 1  *  CM: 2  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
支持率
いつも思うのですが、支持率って本当だと思いますか。そんなに市民はころころと支持を変えますかね?サンプル数も少ないし、私は疑ってますが・・・。それでも選挙になるとその通りの結果が出る。電子投票になればもっと正確にそれが反映される。と言う事は・・・。八百長?
2007/12/19 Wed 17:04:44
URL | mayo #91CvM.Pg[ 編集 ]
>mayoさん
コメントありがとうございます。


>支持率って本当だと思いますか。そんなに市民はころころと支持を変えますかね?

一昔前は変わらなかったようですが、最近は支持が変わりやすくなっているようです。それは、自民党、日本社会党、公明党、共産党、民社党といった支持団体がはっきりしていた頃と異なり、現在では、自民党と民主党という主な政党がいずれも基本的には保守で同種であって乗り換えやすいことが理由のようです。


>サンプル数も少ないし、私は疑ってますが・・・

各新聞社でばらつきがあり、たまに1社だけ妙な場合もあり、政権寄りか否かで違ったりしますから(^^ゞ、世論調査を絶対視することはできませんね。一定傾向は分かりますから、全部疑うほどのことではないでしょうけど。


>それでも選挙になるとその通りの結果が出る。……八百長?

選挙で八百長、不正があるということですか? 現在では多少の不正はあっても影響力は小さいように思います。小選挙区制なので。
2007/12/21 Fri 00:34:51
URL | 春霞 #ExKs7N9I[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokonisonnzaisuru.blog23.fc2.com/tb.php/736-5c3bd28f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【福田内閣の不支持率アップで、政治不信が進んでいる感じが。 こういう時に怖い(政府にとっては有難い)のが、政治無関心が進む ことだと思うです。・・・というわけで、今週も当ブログ&政治系ブログ へのアクセス&応援クリックをよろしくお願いします。m(__)m】 ...
2007/12/18(火) 14:12:41 | 日本がアブナイ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。