FC2ブログ
Because It's There
主に社会問題について法律的に考えてみる。など。
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2007/10/31 [Wed] 23:36:52 » E d i t
鳩山邦夫法相は10月29日午後、日本外国特派員協会で記者会見を行いました。その会見において、鳩山法相は驚くべき発言を行ったのです。すなわち、改正出入国管理・難民認定法が11月施行されることに関し、「わたしの友人の友人が(国際テロ組織の)アルカイダだ。バリ島中心部の爆破事件に絡んでおり、私は中心部は爆破するから近づかないようにとアドバイスを受けていた」などと、驚くべきことを語ったのです。


1.まず報道記事を。

(1) 朝日新聞平成19年10月30日付朝刊35面

「友人の友人はアルカイダ」 鳩山法相、外国人記者らに
2007年10月29日20時21分

 鳩山法相は29日午後、東京都内での講演でインドネシア・バリ島の爆破テロ事件に言及し、「私の友人の友人がアルカイダ(国際テロ組織)だ。バリ島中心部の爆破事件に絡んでおり、私は中心部は爆破するから近づかないようにとアドバイスを受けていた」と発言した。200人以上が犠牲になった02年10月の事件を事前に知っていたとも取れる内容だったが、講演後に「友人に聞いた話で、私が発生前に爆破計画を知っていたということではない」などと発言内容を訂正した。

 講演は日本外国特派員協会の主催で、約100人の外国人記者らが参加。日本政府が16歳以上の外国人から日本入国の際に指紋を採る制度を11月20日に導入することに関し、記者側からその必要性を問われた際、制度の意義を強調する例として事件に触れた。

 発言後、法相は文書でのコメントと記者会見で(1)自分も参加しているチョウ研究の国際的な愛好家グループの友人から「グループの中にアルカイダと思われる者がいて日本にも入ってきていた。爆破事件にも関与していた」という趣旨の話を聞いたことがあり、その友人の話を紹介した(2)アルカイダとされる人物はグループの1人で、グループの少なくとも1人に対して「爆破事件があるかもしれない」との事前の連絡をしたと自分は聞いている、と説明した。

 そのうえで、自分はその人物と友人でもなければ面識もない▽友人の話の真偽は確認していない▽この話を聞いたのは事件の3、4カ月後のこと――などと弁明した。

 釈明会見では「舌足らずで誤解を生む部分があったので明確に訂正したい」と述べた。人物が所属する組織についても「アルカイダと聞いているが、過激派グループに協力をしている人という意味かもしれない。断定的に言える状況にはなかった」と修正した。」


発言の要旨

 鳩山法相の発言要旨は次の通り。

 私の友人の友人がアルカイダなんですよね。私は会ったことはないんですけれども、2、3年前は何度も日本に来ていたようです。毎回いろんなパスポートに、いろんなひげで、わからないんですね。 (中略)彼はバリ島の中心部の爆破事件に絡んでいた。 (中略)私は彼の友人の友人ですけれども、バリ島の中心部は爆破するから近づかないようにというアドバイスは受けておりました、私は。そういう方がしょっちゅう日本に平気で入って来られるというのはやはり安全上好ましくないので、指紋を採っていただく。」



(2) YOMIURI ONLINE(2007年10月30日1時27分)

「バリ島近づかぬよう助言受けた」鳩山法相が発言後に訂正

 鳩山法相は29日昼、日本外国特派員協会での記者会見で「私の友人の友人が(国際テロ組織)アル・カーイダなんです」と発言。さらに、2002年10月にバリ島のディスコで発生した無差別テロに関し「『バリ島の中心部は爆破するから近づかないように』というアドバイスは受けていた」などと、事前にテロを知っていたかのように語った。

 法相は約3時間後に法務省で記者会見を開き、「舌足らずでミスリーディングな部分があった」と発言を訂正した。AP、ロイター、AFPの各通信社は29日、鳩山法相の発言を伝えたが、法務省の記者会見で発言内容を修正した点には触れていない。

 発言は、来日する外国人に指紋の採取を義務づける改正出入国管理・難民認定法に関する質疑の中で飛び出した。この後、記者団が真意を聞くため記者会見を開くように求め、法相は同日夕、「友人の友人がアル・カーイダと断定的に言える状況ではなかった」と修正した。ディスコ爆破に関与した人物から事前にアドバイスを受けたのは友人で、法相自身が、この話を友人から聞いたのは「事件の3か月後だったと思う」と述べ、事件の後であったと釈明した。

(2007年10月30日1時27分 読売新聞)」



(3) 東京新聞平成19年10月30日付朝刊2面

「友人の友人はアルカイダ」 鳩山法相、発言後に訂正
2007年10月30日 08時47分

 鳩山邦夫法相は29日、日本外国特派員協会の講演で「わたしの友人の友人がアルカイダ」とした上で、2002年10月にインドネシア・バリ島で起きた爆弾テロ事件を挙げ「彼(友人の友人)は事件に絡んでおり、わたしは『バリ島の中心部は爆破するから近づかないように』とアドバイスを受けていた」と発言した。

 国際テロ組織アルカイダのメンバーから事前に爆破計画を聞いていたと受け取られる発言だが、法相は講演後に法務省で記者会見し「予告を聞いたのは友人で、わたしがその友人から話を聞いたのは事件の3、4カ月後だった」と全面的に訂正。「舌足らずだったと反省している」と陳謝した。

 事実関係の根幹を誤った発言に慎重さが欠けるとの批判は免れず、閣僚としての適格性を問う声が上がりそうだ。

 入国審査時の指紋採取などを外国人に義務付ける改正入管難民法の11月施行に関連する質問に回答した中での発言。

(共同)」




この発言の注目すべき点は、<1>「わたしの友人の友人がアルカイダ」と述べたことで、日本の内閣の一員に、アルカイダの関係者がいると(強要されることなく)自白したということ、<2>「私は中心部は爆破するから近づかないようにとアドバイスを受けていた」と発言したことで、爆破テロを事前に知っていながら、テロ情報をインドネシア政府に通報せず、テロ情報を隠匿したこと、です。

もっとも、鳩山法相は、「舌足らずで誤解を生む部分があった」などとして、爆破テロを事前に知っていたわけではないと言い訳をしていますが、「私は中心部は爆破するから近づかないようにとアドバイスを受けていた」と明言していることからすれば、事前に知っていたとしか受け取りようがありません。鳩山法相の言い訳は、国際社会からすれば到底納得できるものではありません。


2.この鳩山氏が「わたしの友人の友人が(国際テロ組織の)アルカイダだ」との発言があった際には、日本外国特派員協会では大きなどよめきが起こりました。法相自ら「アルカイダの関係者だ」との意味を述べたのですから、当然です。


(1) わざわざ日本外国特派員協会で述べたのですから、当然ながら、鳩山法相がアルカイダの関係者であることは全世界に報道されました。国際社会ではテロとの戦いを繰り広げているのですから、諸外国に属する記者にとっては、日本の内閣に「事前に爆破情報を得るほど親しい友人がいるような、アルカイダの関係者がいるのですから、母国に最優先で報道すべき情報なのですから。

「法相は約3時間後に法務省で記者会見を開き、「舌足らずでミスリーディングな部分があった」と発言を訂正した。AP、ロイター、AFPの各通信社は29日、鳩山法相の発言を伝えたが、法務省の記者会見で発言内容を修正した点には触れていない。」


すでに世界に対して発信された報道については、法務省での記者会見内容は触れていません。 日本外国特派員協会においいて訂正を行わない以上、そのような報道になるのは通常の対応でしょう。どんな発言でも後で訂正すればなんとかなるわけではないのです。


(2) 鳩山邦夫法相は「5年前にインドネシア・バリ島で起きた爆弾テロ事件を挙げ「彼は事件に絡んでおり、私は『バリ島の中心部は爆破するから近づかないように』とアドバイスを受けていた」と発言したのです。これでは、事前に爆破計画を聞いていたとしか捉えようがなく、テロ情報を隠匿したのと同じですから、要注意人物扱いを受けるような言動です。

発言内容は極めて重大ですから世界中にかなり大きく発信され、日本の国際的信用は大きく失墜しました。もちろん、政府内でも問題視され、町村信孝官房長官も記者会見で「テロリストを日本の法相が知っていると誤った印象を(内外に)与えたことは大変遺憾であり、軽率な発言だ」と述べたのです。政府とすれば、当然の反応です。

  イ:東京新聞2007年10月30日 11時15分

アルカイダ発言で陳謝 鳩山法相が首相に
2007年10月30日 11時15分

 鳩山邦夫法相は30日午前、「友人の友人がアルカイダ」などと発言したことに関し、閣議前の懇談の席で福田康夫首相に「首相まで(記者から)質問を受けることになり、心配をかけて申し訳ない」と陳謝した。首相は「そうした事柄(テロなど)を防止する役目だから、しっかりやってください」と諭した。

 ただ、鳩山氏は閣議後の記者会見で「知り合いの知り合い(がアルカイダに関連する)ということは間違いない」と重ねて説明。「国際的な信用を落としかねない」との質問に対しては、「事実を言ってはいかんということか。国際的な信用にかかわるとは思わない」と反論した。

 町村信孝官房長官も閣議に先立ち、鳩山氏に対し発言は「軽率だ」などと注意した。町村氏はその後の会見で「いかにもテロリストを日本の法相が知っているという誤った印象を与えたのは遺憾だ」と強調した。

(共同)」



  ロ:朝日新聞2007年10月30日12時31分

「アルカイダ」発言の鳩山法相、官房長官が注意
2007年10月30日12時31分

 町村官房長官は30日午前、鳩山法相と国会内で会い、鳩山氏が講演で「私の友人の友人がアルカイダだ」と語ったことについて「テロリストを日本の法務大臣が知っているという誤った印象を与えたのはたいへん遺憾だ。軽率な発言だ」と口頭で注意した。

     ◇

 鳩山法相は同日、閣議後の記者会見で、福田首相に「色々ご心配をおかけして申し訳ありません」と閣議前に謝罪したことを明らかにした。一方で、「アルカイダとされる人物が日本にも入ってきていた」と友人が語ったという点は事実だと強調。「事実を言ってはいかんということですか。だから、きちんと(入管行政を)やろうと言っているんですから」と話した。」


町村官房長官から「軽率だ」と注意を受けたにも関わらず、鳩山法相は「「事実を言ってはいかんということか。国際的な信用にかかわるとは思わない」などと開き直って見せるのです。ここまでくると、鳩山法相は、脳みそが空っぽではないかと思えるほどです。




3.もちろん、与野党ともに、鳩山法相に対して批判を行っています。

(1)  YOMIURI ONLINE2007年10月30日21時51分

鳩山法相のアル・カイーダ発言に批判相次ぐ

 鳩山法相が29日の日本外国特派員協会での記者会見で「友人の友人が(国際テロ組織)アル・カーイダだ」などと述べたことに対し、30日の国会質疑で批判が相次いだ。

 民主党の長島昭久氏は衆院テロ防止特別委員会で、「よりによって外国特派員協会で発言した。わざわざ世界に(誤解を)発信してもらいたいと言わんばかりだ」と述べ、日本の国際的信用を傷つけた法相の罷免を要求した。

 これに対し、福田首相は「場所といい、発言の内容といい、極めて良くない。不適切だ」との認識を示した。法相が「(アル・カーイダが)2、3年前は何度も日本に来ていた」と述べたことについても、首相は「法相はそういう者を取り締まる立場にいる。十分調査すべきで、それが進んでいないのなら私からも促したい」と強調した。町村官房長官も「第一報が世界を飛び交う時代に法相として不適切な発言だ」と述べた。

 一方、民主党の松野信夫氏は参院法務委員会で、「日本の法相は、間接的にテロリストと友人なのかと受け取られても仕方がない。軽率とのそしりは免れない」と指摘した。法相は「物の言い方が悪かったと反省しているが、私が見聞きしたことを申し上げただけだ」と釈明に追われた。

(2007年10月30日21時51分 読売新聞)」 




(2) 福田首相は「場所といい、発言の内容といい、極めて良くない。不適切だ」との認識を示し、町村官房長官も「第一報が世界を飛び交う時代に法相として不適切な発言だ」と述べています。

日本外国特派員協会の記者会見でわざわざ、国際テロ組織と関係があるかのような発言をしたのですから、世界中に内閣の一員が国際テロ組織と関係があると宣伝して欲しいといっているようなものですから、首相や官房長官の反応は、ごく普通の反応でしょう。

民主党の長島昭久氏も衆院テロ防止特別委員会で、「よりによって外国特派員協会で発言した。わざわざ世界に(誤解を)発信してもらいたいと言わんばかりだ」と述べていますし、民主党の松野信夫氏は参院法務委員会で、「日本の法相は、間接的にテロリストと友人なのかと受け取られても仕方がない。軽率とのそしりは免れない」と指摘しています。誰しも、鳩山氏の行動は思慮に欠けた軽率な発言だったと感じているのです。




4.鳩山氏に対してどのような対応をとるべきでしょうか?

(1) 時事ドットコム2007/10/31-19:46

2007/10/31-19:46 「法相聴取を」と皮肉=亀井静香氏

 国民新党の亀井静香代表代行は31日の記者会見で、鳩山邦夫法相が「友人の友人が(国際テロ組織)アルカイダ」と発言したことについて「警察庁は法相から事情聴取をしていない。国家公安委員長は何をやっているのか。(法相を)放っておくのはふまじめすぎる」と述べ、政府は法相から事情聴取すべきだと皮肉った。」



捜査機関は、鳩山法相に対して直ちに事情聴取を行い、逮捕及び捜索押収手続も厭わずに行うべきです(ただし、憲法75条で「国務大臣は、その在任中、内閣総理大臣の同意がなければ、訴追されない」との定めがある)。国際テロ組織につながる情報を得られる友人関係にあるのですすから、国際テロ組織への手がかりを得るためにも、捜査機関の捜査は重要だからです。

もっとも、国民新党の亀井静香代表代行が皮肉っているように、「(法相を)放っておくのはふまじめすぎる」と述べ、政府は法相から事情聴取すべきだと皮肉ったと、報道されているように、鳩山法相はいかにもテロ組織の情報を得ているかのようなことを想像して吹聴してみせただけなのでしょうが。



(2) 時事ドットコム2007/10/31-19:56

2007/10/31-19:56 「無関係なら責任取る」=アルカイダ発言で鳩山法相

 鳩山邦夫法相は31日の衆院法務委員会で、日本外国特派員協会での「友人の友人がアルカイダ」との自らの発言に関し、その人物がテロ組織と無関係だった場合の対応について保坂展人氏(社民)からただされ、「人の名誉を著しく傷つけることになれば、何らかの責任を取らないといけない」と述べた。ただ、「今までの感覚で言えば(テロ組織との関係は)かなり確度が高い」と強調した。」



「無関係なら責任取る」ようなことを言っているようですが、それでなくても、福田首相は罷免すべきです。鳩山法相はいかにもテロ組織の情報を得ているかのようなことを想像して吹聴してみせただけであって、このような狼少年は内閣の一員として相応しくないからです。



(3) 鳩山法相の軽率な発言は、これが初めてではありません。死刑制度に関して、「法相が絡まなくても執行が自動的に進む方法はないか」と述べ、無責任な言動を行い、何らの反省もなかったのです。

民主党の長島昭久氏は、「よりによって外国特派員協会で発言した。わざわざ世界に(誤解を)発信してもらいたいと言わんばかりだ」と述べ、日本の国際的信用を傷つけた法相の罷免を要求しています。鳩山発言の重大性からすれば、日本の市民の誰もが、早く鳩山氏の思慮の欠けた軽率な行動を止めて欲しいと思っているはずです。福田首相は、早く鳩山氏を罷免すべきです。これ以上、世界中に日本を侮辱する行動をさらしてならないのです。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

政治問題 *  TB: 3  *  CM: 4  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
友達の友達は世界的に指名手配されていると思いますので、ぜひ、その友達だけでも国会の席でご紹介をしていただけたらと、楽しみにしています。てっきりバリ島の事件は自作自演だと思っていましたので、本当にアルカイダの仕業であるのなら私も認識を改めないといけません。誠に鳩山さんにはお世話様です。なんとかお願いしたいものです。
2007/11/01 Thu 11:10:05
URL | mayo #91CvM.Pg[ 編集 ]
>mayoさん
コメントありがとうございます。


>友達の友達は世界的に指名手配されていると思いますので、ぜひ、その友達だけでも国会の席でご紹介をしていただけたらと、楽しみにしています。

鳩山法相は、ぜひ警察に出頭して、これから数ヶ月ぐらい日夜、警察に協力してもらいたいですね。もう政治家なんてしていないで、国際平和のために尽力してほしいです(笑)
2007/11/04 Sun 00:08:46
URL | 春霞 #ExKs7N9I[ 編集 ]
今週の週刊朝日の記事「官邸が封印するアルカイダ情報」は必読ですよ。
鳩山氏が法相不適格であることには何ら変わりは無いのですが、官邸が鳩山氏の提出した釈明文(反省文?)を公開していない理由が暴かれています。
同記事を書いた上杉隆は、私が常々“権力の食べこぼし、施しを漁るヘタレパラサイト”と侮蔑する日本のジャーナリズムの中では、果敢に良い仕事を連発している、数少ない信頼に足るジャーナリストの一人だと思います。(同氏は、何せ元鳩山邦夫の秘書ですから、本件についてはドンピシャです。 なお、これを書いたせいで鳩山事務所を出入り禁止になったそうです)
2007/11/15 Thu 11:04:44
URL | rice_shower #UXr/yv2Y[ 編集 ]
>rice_showerさん
コメントありがとうございます。


>今週の週刊朝日の記事「官邸が封印するアルカイダ情報」は必読ですよ

情報ありがとうございます。

「鳩山法相放言問題:「友人の友人がアルカイダ」騒動はピント外れのようですよ?~東京新聞11月14日付「こちら特報部」より」というエントリーで引用させて頂きました。
http://sokonisonnzaisuru.blog23.fc2.com/blog-entry-648.html

もっとも、守屋氏が11月15日の証人喚問において、額賀氏と久間氏の名前を明示したために、その衝撃が大きすぎて、鳩山法相の発言はすっかり過去のものになってしまったかもしれませんね。
2007/11/17 Sat 00:24:31
URL | 春霞 #ExKs7N9I[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokonisonnzaisuru.blog23.fc2.com/tb.php/628-4bfbb13f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最新記事の一覧は、コチラをクリック。 【ランキングが、かなり下がってしまったので、できればご支援のクリック をよろしくですぅ。m(__)m 】  今回は、守屋氏の証人喚問について書きたいと思うが・・・。  先に、いくつか、気になったニュースを。 ?...
2007/11/01(木) 15:36:59 | 日本がアブナイ!
 いつも、  当ブログをご訪問して頂きありがとうございます!   「自民党」のエンド目指して頑張りましょう! (お読み頂けた後は、ついでに、と、言うより、肝腎なといいますか、 ランキング=ポチッを押して足跡残して行って下さいまし! まし! 後は逃げっ...
2007/11/02(金) 23:00:02 | 晴天とら日和
無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのホームページ こちらも是非ご覧ください。 また、ホームページまたはブログをお持ちの方で、当ページの趣旨に賛同いただける方は、もしよろしければ、ご自身のHPまたはブログの「リンク」や「お気に入り」などに当ホー...
2007/11/03(土) 07:47:47 | 無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。