FC2ブログ
Because It's There
主に社会問題について法律的に考えてみる。など。
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2007/10/04 [Thu] 07:54:22 » E d i t
日本郵政公社が10月1日、民営化されました。24万人が働く巨大グループは136年に及んだ「官業」の歴史に幕を閉じ、持ち株会社「日本郵政」の下、「郵便事業」「郵便局」「郵便貯金」「簡易保険」の4事業会社に再編されて、新たなスタートを切ったのです。(追記しました)


1.報道記事をいくつか。

(1) 共同通信2007/10/01 11:41

 「民営郵政、業務が本格始動 社員24万人の巨大企業

 日本郵政公社が1日、民営化され、全国の郵便局窓口が順次開き、総社員約24万人の巨大企業、民営郵政の業務が本格始動した。東京都千代田区にある持ち株会社の日本郵政の本社では、福田康夫首相、小泉純一郎元首相、西川善文社長らが出席して「JP(ジャパンポスト)日本郵政グループ」の発足式を開き、福田首相は「経営の効率性を高め、国民の貴重な財産である郵便ネットワークを有効活用するよう期待する」と祝辞を述べた。

 始業に当たって不安視されたシステム上のトラブルは報告されておらず、大きな混乱は起きていないという。民営郵政は市場経済への統合を目指すが、地方の郵便局網維持など多くの課題に直面する。

 持ち株会社の下には、郵便事業会社、郵便局会社、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の4事業会社が置かれた。はがきなどの郵便料金は公社時代と同じだが、これまで免除された印紙税がかかることなどから送金手数料が一部値上がりした。

2007/10/01 11:41 【共同通信】 」



(2)  北海道平成19年10月1日付「卓上四季」

 「郵政民営化(10月1日)

電話、ファクスに電子メール。人と人とをつなぐものはいくつもあるが、機械のにおいが薄いのは手紙だろう。温かみがある。〈郵便のくる日は少し若くなる〉(坂根寛哉)▼郵政民営化がきょうから始まる。日本で郵便事業が始まって百三十年あまり、初めての改組だ。郵便、貯金、簡易保険が分社されるほか、窓口業務が独立して郵便局会社になる▼民営化に先立ち、道内に四百四十五あった集配局のうち百六十で集配業務が廃止された。過疎地が中心だ。これを「廃局への一歩」と受け止める関係者は少なくない。冬場を前にして、配達遅れも心配だ。地域には、郵便局がはぐくんだ「つながり」が薄れてゆくことに強い不安がある▼「民営化」という言葉に、お役所仕事を脱却する改革の響きを感じることもある。だが、利潤の追求に走った企業不祥事が相次いだのを見れば、「民」だからうまく進むという保証がないのは明らかだ▼国鉄民営化では、大都市圏のサービスが向上する一方、ローカル線は各地で廃止された。民営化で重視される採算性、効率性という言葉の陰に、もうからない分野を切り捨てる「動機」が浮かんでいるようである▼黙っていても人が集まるところには、おのずと企業が来る。黙っていては人が減るばかりだから、「官」の役割があったのではないか。郵政民営化が地域格差を広げぬよう望むばかりだ。」



(3)  中国新聞平成19年9月30日付

 「送金手数料一部値上げ 郵政公社、1日に民営化 '07/9/30

--------------------------------------------------------------------------------

 日本郵政公社が十月一日、民営化される。郵便事業会社、郵便局会社、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の四事業会社と、これらを束ねる持ち株会社の日本郵政株式会社に分社。はがきなどの郵便料金を現在と同じにするなど、サービスは公社時代とほとんど変わらないが、送金手数料が一部値上がりしたり、積立貯金など一部の金融商品を廃止。比較的大きな郵便局では、各事業会社が”同居”するケースもあり、利用者がとまどう可能性も出ている。

 手数料の改定は、民営化でこれまでは免除されてきた印紙税が課せられるなどが原因。公共料金の振り込み手数料は現在の一律三十円から、三万円以上の振り込みで八倍の二百四十円になる。少額送金に使う定額小為替の発行手数料も一枚十円が百円に。

 一方、民営化前の貯金のうち、定額貯金や積立貯金といった定期性がある貯金は、新たに設立する独立行政法人が引き継ぎ、払い戻しの政府保証を継続する。通常貯金や通常貯蓄貯金などは、ゆうちょ銀が新契約として継承、政府保証は廃止されるが、預金保険制度で元本一千万円と利息分は保護される。

 民営化前の簡易保険契約もすべて独立行政法人が引き継ぎ、保険金額や保険期間などの契約内容は変わらず、政府保証も契約消滅まで続く。

 はがきと通常の封書の郵便料金は民営化前と同じでそれぞれ五十円、八十円。今後も郵便ポスト、郵便局で差し出すことができる。ただ、料金設定が総務相の認可制から事前届け出制に変わるので、改定は比較的容易になる。

 郵便局会社は、民営化に合わせて首都圏で自動車保険の代理販売を開始するほか、来夏にはがん保険の販売も始める方針。日用品の販売などにも意欲的だが、いずれも市場調査を経て、地域限定で段階的に参入することになりそうだ。」




2.小泉元首相の念願どおり、郵政事業が民営化しました。この郵政民営化による利点として、郵政改革の推進役だった竹中平蔵元経済財政担当相は、民間企業になることで、サービス内容は上がり、創意工夫も進むといった点を挙げていました。しかも、竹中氏は、国会答弁において、民営化されても郵便局ネットワークが維持されるとも述べていました。しかし、現実はどうでしょうか?


(1) 北海道新には、「民営化に先立ち、道内に四百四十五あった集配局のうち百六十で集配業務が廃止された。過疎地が中心だ」という記事になっていましたが、これは北海道だけではありません。国内には現在、2万4000の郵便局がありますが、このうち1048局ですでに集配業務が廃止されているのです。

また、全国的に相次いで簡易郵便局が廃止・閉鎖されています。しかも、10月1日という新スタートの日にも閉鎖されているのです。

 「民営郵政初日に簡易局68局を一斉閉鎖、公社発足以降最多

 全国で簡易郵便局の閉鎖が相次いでいる問題で、郵政3事業が民営化された1日、長野県や北海道など16道県の68局が一斉に閉鎖された。

 日本郵政公社から業務を委託されていた個人や農協などが民営化を機に受託を打ち切ったためで、一度に閉鎖された局数としては、2003年4月の郵政公社の発足以降で最多という。郵便窓口業務を担当する郵便局会社は「新たな委託先を探している」とするが、再開が難航する簡易局も多そうだ。

 郵便局会社によると、閉鎖されたのは長野県で19局、北海道で16局、鹿児島県で6局、三重県で5局、愛知、福岡、岐阜県で各3局など。1日現在の簡易局4299のうち、「一時閉鎖」は417局となり、8月末現在の310局から107局増えた。

 長野県内で閉鎖された19局のうち、6局は局長ら職員の高齢化などが理由。13局は、民営化後の郵政事業と競合が強まる農協が業務受託を打ち切ったため。郵便局会社信越支社によると、19局とも新たな委託先は見つかっておらず、再開のめどは立っていない。

 同県飯山市の飯山新町簡易郵便局で局長を務めていた斉藤梅子さん(72)は、夫と2人で業務を続けてきたが、民営化を機に受託をやめた。後継者もいない斉藤さんは「周りに年金暮らしのお年寄りが多く、『無くなっては困る』という声は聞いている。それでも、民営化による業務の機械化や手続き変更を、この年齢で一から勉強するのは難しかった」と話す。

 過疎地を中心に16局が一時閉鎖となった北海道。松浦簡易局(福島町)では設備がすべて撤去された。業務を受託していた女性(66)の夫(73)は「不便にはなるだろうが、高齢化のため、閉鎖はやむを得なかった」と胸の内を明かす。上士幌西簡易局(上士幌町)の地元で区長を務める三浦進さん(75)は「一番近い郵便局でも1キロ先になり、移動手段を持たない高齢者にはつらい。利用者も多かったのにどうして一時閉鎖になるのか分からない」と不満をあらわにした。

(2007年10月2日3時4分 読売新聞)」(YOMIURI ONLINE(2007年10月2日3時4分)


この記事を見ると閉鎖理由がよく分かります。
<1>民営化後の郵政事業と競合が強まる農協が業務受託を打ち切ったこと、<2>業務を受託している者が高齢・病気により業務の維持が困難になったこと、<3>業務を受託した者の高齢化も影響して、民営化による業務の機械化や手続き変更という業務負担増大に耐えられないこと、が挙げられています。

農協があえて業務が競合することを知りつつも郵便業務をも担っていたことや、昔から高齢に至る現在までずっと郵便業務を受託していたということは、地方の簡易郵便局は、採算とは無関係なボランティアの要素が強かったといえるのです。

民営化後は、郵便為替などの業務研修やコンプライアンス(法令順守)などの研修があり、郵政民営化に伴い業務負担が増えたのですから、これでは、農協も、本来の業務に支障をきたすことを厭わずに職員を研修に送り出すわけがなく、30年といった長年にわたって郵便業務を行ってきた高齢者にとってあまりにも負担が大きいのです。しかも、民営化した以上、当然ながら利益追求が優先となるのですから、無償ボランティアではやっていけません。


簡易郵便局の閉鎖に対しては、新たな受託者の公募を行っており(今年の上半期で約100局復活)、移動郵便車によるサービスを予定しています。しかし、郵便局復活よりも閉鎖のスピードの方が上回っており(週刊朝日2007年10月12日号「国民が被るこれだけの不利益」122頁)、すでに、北海道の日高管内新ひだか町では、雪に閉ざされる冬期間を中心に、この地域では遅配や誤配も起きているのですから(北海道新聞9月29日付「社説」)、移動郵便車となればもっと遅配が生じることは必至であり、そうなると一層、集配業務が困難になるのです。



(2) また、政府は、郵政が民営化されれば各種事業への新規参入が相次ぎ、サービスの向上や各種料金の引き下げが期待できると、繰り返し説明してきました。しかし、現実は、新規参入はほとんどなく、料金の引き下げもありません。むしろ、10月1日から、手数料が大幅に値上げされたのです。

「手数料の改定は、民営化でこれまでは免除されてきた印紙税が課せられるなどが原因。公共料金の振り込み手数料は現在の一律三十円から、三万円以上の振り込みで八倍の二百四十円になる。少額送金に使う定額小為替の発行手数料も一枚十円が百円に。」(中国新聞)




「手数料の改定は、民営化でこれまでは免除されてきた印紙税が課せられるなどが原因」なのですから、特別の規定がなければ税を免除するわけにはいきませんし、新規参入を図るのなら余計に税を免除するわけにはいきません。

はがきと通常の封書の郵便料金は、民営化前と同じでそれぞれ50円、80円で、今後も郵便ポスト、郵便局で差し出すことができますが、料金設定が総務相の認可制から事前届け出制に変わるので、改定は比較的容易になります。要するに、民営化により、比較的容易に値上げできるようになったのであり、新規参入がほとんどない現状では値下げされる要素がなく、むしろ、今後は、もっと頻繁に値上げさせる可能性が高くなったのです。

要するに、民営化は、当然に値上げになるのですから、「各種料金の引き下げが期待できる」という政府の説明は最初からウソだったのです。なぜ手数料が低いのか少し考えれば、政府がウソをついていたことはすぐに分かることでした。政府の言葉を信じ、郵政民営化のために自民党に投票した一部の有権者は、愚かだったということです。



(3) 郵便法1条は、平成19年10月1日後も代わらずに、次のように規定しています。

第1条 (この法律の目的)  この法律は、郵便の役務をなるべく安い料金で、あまねく、公平に提供することによつて、公共の福祉を増進することを目的とする。 」

要するに、全国一律の低料金での郵便サービスを図ることを目的としているのです。

しかし、既に述べてきたように、現在、簡易郵便局が相次いで閉鎖されているのですから、今後ももっと閉鎖され、一層、集配業務も廃止されることになるでしょう。そうなると、郵便物の遅配どころか配達することも困難となり、地方では、事実上、配達業務はなくなり、自ら遠く離れた郵便局に郵便物を取りに行くことが通常の形態になると予測できます。また、値上げしやすくなった以上、今後一層、料金値上げが予想されます。

全国一律の低料金での郵便サービスを図ることを目的とした、郵便法1条の意義は、喪失しつつあり、近い将来、死文化してしまうのです。



(4) 郵政民営化により、郵貯、簡保は縮小するどころか肥大して民業を圧迫する懸念すらでているのですから、「民営化のあるべき姿とはほど遠いものになってしまった」(北海道新聞平成19年9月29日付「社説」)のです。

簡易郵便局の廃止・集配業務の廃止は、その地域に住む住民の情報流通が阻害されると同時に、その地域に送る側の住民の情報流通が阻害されることになるのです。

一体何のための民営化なのでしょうか? 

10月1日は、全国の多くの地域で、営業開始の午前9時前から記念切手や押印を求める人の列ができたようです。そういう光の部分に注目するだけでなく、影の部分、すなわち、すでに全国一律の低料金での郵便サービスが失われつつあることにも、注目しておくべきなのです。




<10月4日追記>

NIKKI NET(9月29日付)にも、民営化に伴う変化が記事になっていました。

 「郵便ポストの道路占用料、自治体の7割が徴収・10月から

 10月1日の郵政民営化に伴い、各地の地方自治体が郵便ポストに道路の占用料を課す。日本経済新聞社が都道府県、政令指定都市の合計64自治体に聞き取り調査したところ、70%にあたる45自治体が10月から徴収を始める。負担は最大で年4億円程度。郵便事業の純利益は2006年度で18億円しかなく、負担は小さくない。民営化後は自由にポストを増減できるため、負担が重くなりすぎればポストの削減につながる可能性もある。

 道路法では電柱や公衆電話などを道路に設ける場合、道路管理者が占用料を徴収できる。ただ大半の自治体は郵便ポストは公益性が高いとして占用料の支払いを免除してきた。(17:18) 」



道路の占用料の「負担は最大で年4億円程度」にも及ぶのですから、当然ながら道路占有料の高い都市圏では、かなりの郵便ポストを撤去することになると予想できます。郵便ポストを撤去すれば、道路占有料を節約することができるだけでなく、郵便物の回収作業時間も減らすことができますから、一石二鳥です。利用者はますます不便になっていくわけです。嗚呼、なんと素晴らしき、郵政民営化でしょうか!(苦笑)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
ご覧ください。
日本郵政公社2004年3月31日プレスリリースから追加されたものである。
http://www.japanpost.jp/pressrelease/japanese/kani/040331j401.html

*運用委託先が追加された際に、プレスリリースが発行されたはずだが、所在は不明である。
*なお、上記プレスリリースは、民営化を機に突如削除されている。削除前の内容は、以下の通りである。
http://youkoclub.blog87.fc2.com/blog-entry-683.html
http://youkoclub.blog87.fc2.com/blog-entry-684.html
2007/10/05 Fri 07:15:22
URL | tron #gDjXLJVA[ 編集 ]
ありがとうございます
こんばんは。
郵政民営化の凍結キャンペーンへのご協力ありがとうございます。
10月01日に民営化されると同時に諸問題噴出といった有様ですが、今後どんどん状況は悪化していくのではないかと恐れています。
過去エントリや関連記事でもOKですので、今後もトラックバックをいただけると幸いです!
2007/10/05 Fri 20:11:19
URL | 喜八 #WE/hy34.[ 編集 ]
続きです。
*この内容は、一般郵政職員には民営化前に全く知らされていない。つまり、利用者にも知らされていない。
*郵政職員が全く知らないということは、肝心な事項の利用者への周知徹底は全く行っていない。
*このプレスリリースを削除するということは、全くディスクロージャーを行っていない。

【問合せ先】:郵便貯金相談室 電話:0120-108420(月~金、朝8時半~夕方6時)
 ↑電話番号が表示されるのが嫌な方は、フリーダイヤルの前に「184」を付ける。
2007/10/06 Sat 10:32:22
URL | 名無しの権兵衛 #-[ 編集 ]
この事実を熟読願います。
<郵便貯金運用委託先>
1.国内株式アクティブ
【信託銀行】
バークレイズ・グローバル・インベスターズ信託銀行【追加】
 *時価総額:¥590億9500万 、*収益率:19.94%
 ↑計算上収益額:¥117億8354万
JPモルガン信託銀行【追加】
 *時価総額:¥365億1100万 、*収益率:18.55%
 ↑計算上収益額:¥67億7279万

【投資顧問会社】
日興アセットマネジメント
【注釈】↑「年次改革要望書」の新会社法「三角合併」により、シティの完全子会社化へ
    ↑根拠となる「年次改革要望書」は、テレビ・新聞でほとんど報道されていない。
 *時価総額:¥360億7300万 、*収益率:17.21%
 ↑計算上収益額:¥62億816万
ブラックロック・ジャパン
【注釈】↑ブラックロック・ジャパン+メリルリンチ・インベストメント・マネジャーズ
 *時価総額:¥203億2100万 、*収益率:17.79%
 ↑計算上収益額:¥35億1511万
シュローダー投信投資顧問
 *時価総額:¥181億3800万 、*収益率:12.23%
 ↑計算上収益額:¥22億1828万

2.外国株式アクティブ
【信託銀行】
≪注釈≫下記2社の信託銀行は、平成16年3月プレスリリース前の、平成15年7月より運用開始
しているが、どのような経緯でプレスリリースの決定報告前から運用可能だったのかは不明である。
なお、下記のURLを参照したが、削除されていて閲覧することが出来ない状態である。
http://www.japanpost.jp/pressrelease/japanese/kani/040331j401.html

バークレイズ・グローバル・インベスターズ信託銀行【追加】
 *時価総額:¥304億800万 、*収益率:17.96%
 ↑計算上収益額:¥54億6128万
JPモルガン信託銀行【追加】
 *時価総額:¥209億800万 、*収益率:16.72%
 ↑計算上収益額:¥34億9582万

【投資顧問会社】
≪注釈≫ユービーエスも、平成15年7月より運用開始している。
上記2社と合わせ、3社とも平成16年3月プレスリリースには記載されていない。

ユービーエス・グローバル・アセット・マネジメント【追加】
 *時価総額:¥276億3100万 、*収益率:15.13%
 ↑計算上収益額:¥41億8057万
ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント
 *時価総額:¥207億9300万 、*収益額:19.85%
 ↑計算上収益額:¥42億2741万

3.外国株式パッシブ
【信託銀行】
≪注釈≫この信託銀行は、平成17年3月から運用開始し、額は他に比べて突出している。
バークレイズ・グローバル・インベスターズ信託銀行【追加】
 *時価総額:¥2333億7800万 、*収益額:22.39%
 ↑計算上収益額:¥522億5333万
2007/10/06 Sat 10:33:58
URL | 名無しの権兵衛 #-[ 編集 ]
戦後の日本は一貫して、“村社会風”社民主義でした。 一時は世界経済の頂点に達したと言ってよい成功モデルでした。 
しかし、私の印象では、20年前には、もう先々通用しない無理筋であることが、既に指摘されていました。 が、官も民も体質変改を怠った。 バブルのハレーションに実態を見誤った。 結果、メタボ、根腐れ、立ち腐れに陥り、ネオリベラリズムという劇薬で急場を凌ぎ、それでも治癒が困難な部位は切除し、捨て去ろうとしている.....。
これが私の目下の経済認識です。

私は色々な所で、過渡的施策としてはネオリベしか無い。 副作用は最初から分かりきっているのに、何を騒いでいるのか、と発言し、少なからず反発を買いましたが、言いたいのは、「これからが日本人の智恵の見せ所」と民が考えないでどうする!ということ。 郵政についても、まだまだ問題が続出するでしょうよ。 それに対する解決法が“再国営化”しか無い? 何時からそんな“脳足りん”になった?ということなんです。
2007/10/06 Sat 11:59:02
URL | rice_shower #UXr/yv2Y[ 編集 ]
>tronさん:2007/10/05(金) 07:15:22
はじめまして。

>なお、上記プレスリリースは、民営化を機に突如削除されている。削除前の内容は、以下の通り

情報ありがとうございます。
2007/10/06 Sat 15:58:04
URL | 春霞 #ExKs7N9I[ 編集 ]
>喜八さん
コメントありがとうございます。


>郵政民営化の凍結キャンペーンへのご協力ありがとうございます

「日本がアブナイ!」さんのエントリーとTBで、そういうキャンペーンがあると知りましたので、TBしました。


>10月01日に民営化されると同時に諸問題噴出といった有様ですが、今後どんどん状況は悪化していくのではないかと恐れています。

民営化すれば利益追求が目的になるのですから、儲からないところは切り捨てることは、経営上、合理的な判断です。しかし、それでは、郵便法が求めている、全国一律低料金サービスの目的とはどうしても乖離してしまいます。状況は悪化するしかないように思います。


>過去エントリや関連記事でもOKですので、今後もトラックバックをいただけると幸いです!

了解しました。郵政民営化に関して何か書くことがあったら、ぜひTBさせて頂きます。
2007/10/06 Sat 16:10:44
URL | 春霞 #ExKs7N9I[ 編集 ]
>名無しの権兵衛さん:2007/10/06(土) 10:32:22 ・2007/10/06(土) 10:33:58
>*この内容は、一般郵政職員には民営化前に全く知らされていない。つまり、利用者にも知らされていない。

情報ありがとうございます。

2007/10/09 Tue 00:08:05
URL | 春霞 #ExKs7N9I[ 編集 ]
>rice_showerさん:2007/10/06(土) 11:59:02
コメントありがとうございます。


>郵政についても、まだまだ問題が続出するでしょうよ。 それに対する解決法が“再国営化”しか無い? 何時からそんな“脳足りん”になった?ということなんです

諸外国ならば、躊躇なく“再国営化”も実行するのでしょうが、日本の場合はそういう思い切った見直しをしない国だろうと思います。地方では、ますます郵便サービスが低下するでしょうが、それに対する解決法は「更なる切捨て」でしょう。それが一番収益が上るからです。

小泉元首相は、長年郵政民営化を主張しながら、その中身や方向性が何もなかったのです。普通なら呆れてものも言えないとなるはずなのに、一部の有権者は郵政選挙で賛成したわけです。“脳足りん”じゃなかろうかと思うほどです。

ただ、政府の側はわざと利用者のためになる解決法をださないのだと思いますよ。言い換えると、わざと“脳足りん”を装っているのでしょう。
2007/10/09 Tue 00:25:03
URL | 春霞 #ExKs7N9I[ 編集 ]
郵政民営化議論喧しき頃、『山の郵便配達』(原題:あの山、あの人、あの犬) という中国映画が一部で評判になりました。
外部との通信を、郵便のみに依存している、“手紙が、そして郵便配達員が、悲喜交交の心をも運ぶ”山奥の村々の貧しくも、ゆったりとした日常を描いた、静かで、深い、味わいのある、人間ドラマでした。 
そして、先日深夜、この映画とさほど変わらない、日本の過疎の村で、郵政民営化の影響を受け、日常における人との物理的、精神的交流を失って行く、お年寄りの実情を伝えるドキュメンタリーを観ました。 寂しくて、悲しくて、切なくて心が痛みました。
しかし、このお年寄りの孤立は郵政民営化の帰結なのでしょうか? 郵便局は福祉機関では有りません。 
こういうお年寄りを見捨てたり、社会から切り捨てたりするのは許されない、と思うなら、政府に期待などせず、“民”が智恵を絞るべきです。 CSR、ノブレスオブリージュの観点から、出来ることは有る筈です、いくらでも。 
2007/10/09 Tue 18:17:46
URL | rice_shower #UXr/yv2Y[ 編集 ]
>rice_showerさん:2007/10/09(火) 18:17:46
コメントありがとうございます。


>このお年寄りの孤立は郵政民営化の帰結なのでしょうか? 郵便局は福祉機関では有りません。 
>こういうお年寄りを見捨てたり、社会から切り捨てたりするのは許されない、と思うなら、政府に期待などせず、“民”が智恵を絞るべきです。

過疎地では、郵便局員が本来の役目を超えて福祉機関の役目も担っていたことは確かですが、仰るとおり、「郵便局は福祉機関では有りません」ね。
では、どうするのかというときに、(今まで郵便局員が担っていた)預貯金などを含めて“民”に任せた場合、その“民”は多くの権限をもつことになります。権限が広がることは、色々広範囲に行動できるため良くいえば便利なのですが、他方で、濫用の危険性も広がります。権限は狭めた方が安心できると思いますが、どちらがよいのかは価値観の分かれる問題です。


このエントリーで問題視しているのは、郵政民営化により、本来業務である郵便業務自体に悪影響がでている点です。これはあまりにもおかしいことです。

asahi.com(マイタウン和歌山)「船出に募る期待・不安/郵政民営化スタート」(2007年10月02日)より一部引用します。
http://mytown.asahi.com/wakayama/news.php?k_id=31000000710020002

「◆山あい「集配」消え、疑問も

 日高川町江川の山あいにある丹生郵便局。06年9月19日、約7キロ離れた御坊郵便局に集配業務が統合され、職員数は8人から3人に減った。

 20年以上丹生郵便局長を務める玉置健之介さん(53)は、この日を「忘れられない一日」と振り返る。当日朝、配達用のバイク5台と軽乗用車1台が、御坊郵便局に運ばれた。「手足をもがれたという感じでした。近所の人が困っている時に、今まで通りの業務ができないのは、やりきれん」

 郵便局会社近畿支社によると、06年8月末で集配業務を行う郵便局は県内に67あったが、民営化に向けた再編で今年3月までに、18の特定郵便局で集配業務が行われなくなった。

 丹生郵便局の近くに住む自営業の50代女性は、同局の職員が簡易生命保険、積立貯金の集金に来られなくなったことに、不便を感じている。「前は電話したらすぐに来てくれたけど、御坊郵便局では、すぐに来てはくれない。町外に住む妹や娘に通帳を渡して、振り込んでもらいに行っている」。玉置さんによると、「集金の人に会えなかった」と丹生郵便局に直接、金を持ってくる人も多いという。

 「民営化は民意だった。仕方ないと考えるしかない」。でも玉置さんは分社化への疑問は消えないという。これまでは局員が年金をお年寄りに届け、同時に郵便物を持っていくことができた。今は集配そのものができない。御坊郵便局の局員も、郵便と金融の業務を同時にできない。「今まで持っていってくれた郵便を、なぜ持っていってくれないの、と言われても返す言葉がない」」


今期限りでの政界引退を表明している自民党の木村隆秀衆院議員(52)=愛知5区=が10月9日、愛知県庁で記者会見しています。その記者会見のなかで、注目すべき発言をしています。

asahi.com「『政治家に不向き』自民・木村隆秀衆院議員が引退会見」(2007年10月09日10時59分)より一部引用します。
http://www.asahi.com/politics/update/1009/NGY200710090003.html

「議員生活の思い出に挙げたのは二つ。防衛庁から防衛省に格上げされた節目に副大臣を務めたことと、05年の総選挙だった。「私は最後まで即時の郵政民営化に反対だった。しかし、自民から選挙に出るため、反対を貫くことができずにいまだに悔やんでいる」と振り返った。」

引退会見において、わざわざ「私は最後まで即時の郵政民営化に反対だった」と述べ、賛成したことを「いまだに悔やんでいる」とまで述べているのです。これが地方の現実だと思うのです。関東でも以前よりも不便になっていますから、郵便サービスの低下は全国的なもののように思います。

またこの会見は、議員は全国民の代表者として自己の信念に基づいて行動するべきなのに(自由委任の原則)、それができなかった(=民営化反対を意思を貫けなかった)という嘆きの会見でもあります。

国会議員が民営化反対を貫けなくなるほど、なぜ、一部の有権者は、郵政民営化に熱狂したのか……。死刑問題と同様に、冷静に判断するべき問題だったのに思うのです。
2007/10/10 Wed 05:57:23
URL | 春霞 #ExKs7N9I[ 編集 ]
無医村、急患のたらい回し、などと根は同じかもしれませんね。
民間企業の経営者は利益、効率の最大化がその責務ですから、マイナス要因は果断に切り捨てて行かねばなりません。 一方で優秀な経営者であればあるほど、CSR、ノブレスオブリージュの意義、重要性を認識しているはずです。 人権だ、環境だ、福祉だのの崇高な概念を持ち出す以前に、企業が社会からレスペクトされる存在であることは、直接、間接に大きな、有形無形の利益をもたらすからです。
私の(郵政に限らない)民営化に対する考え方は、是非についてはやってみなければ分からないが、仮にoutput(収益、サービスの質等)が変わらないとするなら「“民で出来ることは民でやる”のが自明の理」、「最低限のサービス(郵政であれば、速達、書留などに限っての従来通りのスピードで配達)維持のためには公的援助をすべし」です。 欧米先進国のようにNPO/NGOの充実(寄付行為に対する優遇税制など)させることも必要でしょう。
「民で出来ることは民で(多少のコストアップも有り得る)、民で足らないところ(社会が許容しきれない負担増を招くケース)は公が補充、公は公でしか成り立たないこと“のみ”に注力」の認識を国民が共有すること、“民善説”の幻想は捨てること、が先決です。
2007/10/10 Wed 09:40:13
URL | rice_shower #UXr/yv2Y[ 編集 ]
>rice_showerさん:2007/10/10(水) 09:40:13
コメントありがとうございます。


>「民で出来ることは民で(多少のコストアップも有り得る)、民で足らないところ(社会が許容しきれない負担増を招くケース)は公が補充、公は公でしか成り立たないこと“のみ”に注力」の認識を国民が共有すること

十分に妥当性のある考えだと思います。個人的には、基本的には公営か私営かは、業務の性質を考慮したうえで、国民にとってメリット(収益に限らない)がある方を選択すればよいと思いますが。


>私の(郵政に限らない)民営化に対する考え方は、是非についてはやってみなければ分からないが、仮にoutput(収益、サービスの質等)が変わらないとするなら「“民で出来ることは民でやる”のが自明の理」、「最低限のサービス(郵政であれば、速達、書留などに限っての従来通りのスピードで配達)維持のためには公的援助をすべし」

郵政は2つの特殊性があります。すなわち、<1>エントリーで書いたように、郵便法1条は「この法律は、郵便の役務をなるべく安い料金で、あまねく、公平に提供することによつて、公共の福祉を増進することを目的とする。」と規定し、全国一律の低料金での郵便サービスを図ることを課されていることと、<2>特別送達という裁判所からの呼び出し状や訴状送達など司法の使者としての役割があること、です。<2>を墨守するなら、<1>を充実させる必要があるとは思います。

この2点(特に後者)は公の性質が濃いものですから、この2点を担当する郵便局はどうしても公の性質を持たざるを得ないのです。

そうなると、性質上、「“民で出来ることは民でやる”のが自明」とか、「最低限のサービス維持のためには公的援助を」という姿勢が妥当するのだろうかと思うのです。
2007/10/12 Fri 00:19:47
URL | 春霞 #ExKs7N9I[ 編集 ]
試算も何も無い思いつきですが、例えば都市部の郵便代を多少値上げして、ここで得たプラスαの収益で僻地の郵便サービスを維持する(郵便代なんて企業にとって、今や然したる負担ではないし、都市住民も「ふるさと納税」なんかに案外抵抗が無かったりするし、理解は得られると思うがなぁ)、とか、民もCSRの見地からも、何かアイデアを出せよ!と言いたいんですね。 私の言う“公的援助”には、こういう官民の、行政に関わるちょっとした智恵、も含めています。 
小沢さん、ガソリンスタンドより、こっちの方が筋が良いぞ!(私は支持政党無しの政権交代派です)
2007/10/12 Fri 08:10:02
URL | rice_shower #UXr/yv2Y[ 編集 ]
>rice_showerさん:2007/10/12(金) 08:10:02
コメントありがとうございます。お返事が遅れてすみません。


>例えば都市部の郵便代を多少値上げして、ここで得たプラスαの収益で僻地の郵便サービスを維持する

できたらそうであったらいいのですけどね。現実には、費用や手間のかかり収益の少ない過疎地では料金が高くなり、利用者が多く収益が多い都市部では安くするのが、商売の常道のように思います。


>私の言う“公的援助”には、こういう官民の、行政に関わるちょっとした智恵、も含めています

そういう知恵を出す人がいるといいですね。
2007/10/16 Tue 07:45:01
URL | 春霞 #ExKs7N9I[ 編集 ]
“商売の常道”が往々にして“合理性の誤謬”であるのが、現実経済のやっかいな所。
「一見収益を減ずる行為が、企業イメージ、信頼感を高め、結果株価等、企業価値の上昇という実利をもたらす」という観点から、智恵を絞ってもらいたいものですね。
2007/10/16 Tue 19:36:49
URL | rice_shower #UXr/yv2Y[ 編集 ]
>rice_showerさん:2007/10/16(火) 19:36:49
コメントありがとうございます。


>「一見収益を減ずる行為が、企業イメージ、信頼感を高め、結果株価等、企業価値の上昇という実利をもたらす」という観点から

それは実に良い観点だと思います。
ただし、「企業イメージ、信頼感を高め」というためには、都市部の住民にとっては、過疎地での集配業務充実のための値上げを認めるだけの度量が必要となります。それはあるべき消費者の姿ではあります。

でも日本の市民はどうでしょうか?

偽牛ミンチ事件を起こした、食肉加工卸会社ミートホープの社長は、偽装した理由を「消費者が 安いもの欲しがるから」と述べていました。

体の中に入るものでさえ、不当に安い値段を疑うこともなく、安さを求めるのが日本の多くの消費者です。ともかく安ければいいのです。「一見収益を減ずる行為が、企業イメージ、信頼感を高め」るほど、日本の多くの消費者は成熟していないように思います。


<10月17日追記>

ちょっと忘れていたことを追記します。オリックスグループの宮内義彦会長のことです。

宮内氏が議長を務めた政府の「規制改革・民間解放推進会議」によって、多くの構造改革が行われましたが、宮内氏の関連会社がいち早くその恩恵を掠め取っていましたね。いやはや日本の著名な経営者は、実に素晴らしい理念をお持ちのようです。

宮内氏ならば、「一見収益を減ずる行為が、企業イメージ、信頼感を高め」……なんて、絶対思いもしないのでは。
2007/10/16 Tue 23:07:08
URL | 春霞 #ExKs7N9I[ 編集 ]
>体の中に入るものでさえ~日本の多くの消費者は成熟していないように思います

他ブログへのコメントのコピペなんですが。
「成熟、飽和段階に有る多くの日本の産業は、既にギリギリ迄のコストダウンを図っており、これ以上安くしろと言われたら、食品を工業製品と割り切って、合理化、効率化を極限的に徹底するか、総合コストの低い地域で生産、輸入するしかない訳です。
私は最近、周りの人間に言うようにしています。
「鰻を一尾380円で食いたいと思うな!(→新鮮な秋刀魚、鰯の前ではジャンクフードだ!)」
「安物の白身魚は全てナイルパーチだと知れ!(→『ダーウィンの悪夢』 未だ観てないですけど)」
「廉価のサイコロステーキが何故あんなに美味いか、不思議に思え!(→生産現場を見ると食えたものではない、らしい。 “ブタも食わんだろう、という屑肉を集めて、ケミカルな添加物を存分に加え、最後に接着剤を練りこんで固め”て作るのだそうです。)」
嫌な顔をされます...。」

ただ、歩留まりは低いけど、理解する人は結構居るものですよ。 特に赤ちゃんを育てている女性。 オッサンはあかん!

2007/10/18 Thu 13:36:14
URL | rice_shower #UXr/yv2Y[ 編集 ]
>rice_showerさん:2007/10/18(木) 13:36:14
コメントありがとうございます。


>これ以上安くしろと言われたら、食品を工業製品と割り切って

同感です。
安すぎる食品は危なっかしいです。


>歩留まりは低いけど、理解する人は結構居るものですよ。 特に赤ちゃんを育てている女性。 オッサンはあかん!

理解する人がぜひもっと広がってほしいですね。「消費者が安いもの欲しがるから」などとうそぶく会社がはびこるような醜悪な事態はなくなってほしいですから。
2007/10/21 Sun 00:27:25
URL | 春霞 #ExKs7N9I[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokonisonnzaisuru.blog23.fc2.com/tb.php/586-28043585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「自民党政治」(http://tbp.jp/tbp_9149.html) トラッ
2007/10/04(木) 10:43:29 | 雑談日記(徒然なるままに、。)
中日春秋2007年10月2日  谷川俊太郎さんの『手紙』という詩の一節。<電話のすぐあとで手紙が着いた/あなたは電話ではふざけていて/手紙では生真面目だった> ▼のちに同名の詩集に収められるが、最初は郵政省の職員向け冊子『郵政』の一九八二年七月号に載った。き?...
2007/10/04(木) 15:09:44 | 来栖宥子★午後のアダージオ
最新記事の一覧は、カレンダーの<September2007>をクリック。 さあ、10月だ~。今年もあと残り1/4に。(・o・)hayasugiru  東京は、金曜には30℃を越えていたのに、日曜は日中も20℃に 達さない肌寒い雨の1日に。今日も朝から寒いですぅ。(xx) ...
2007/10/04(木) 16:22:18 | 日本がアブナイ!
最新記事の一覧は、カレンダーの<September2007>をクリック。 10月1日から、郵政民営化が始まるのだけど・・・。  喜八さんから、「郵政民営化法案の凍結」のTBセンターのご案内を 頂いた。<コチラ>  郵政民営化の問題に関心のある方は、是非TBセ?...
2007/10/04(木) 16:23:07 | 日本がアブナイ!
全国どこにでも切手一枚で文書を配送できる郵便システムを世界で最初に提案したのは19世紀イギリスの数学者チャールズ・バベッジである.バベッジはイギリス・ロマン主義を代表する詩人バイロン卿の娘で彼の資金的支援者でありかつ史上最初のプログラマとなったラブレー...
2007/10/05(金) 19:08:25 | エクソダス2005《脱米救国》国民運動
保険のイメージはというと、たぶん、多くの方が「生命保険」というのではないでしょうか。テレビのコマーシャルなどの影響だと思います。 「生命保険」の内容は、、病気や事故、災害などにより経済的負担を強いられている方の負担を軽減するためできた保険制度です。 「終...
2007/10/05(金) 23:40:06 | 生命保険の見直し 生命保険の賢い入り方
保険一括見積保険会社は4社で外資系が多数だので、他サイトと比べて簡単に見積が決まりやすいのが特徴だ。一度のご入力で複数の自動車保険のお見積が手元に届くる。じっくり比較・検討して最適のものをお選びください。タダで自動車保険を比較!
2007/10/06(土) 06:21:47 | 不労所得天国
「日本経済新聞」より転載。 (★引用開始★) ゆうちょ銀、不採算サービスは廃止か値上げ  郵政民営化の準備会社、日本郵政(西川善文社長)は22日、10月の民営化で発足するゆうちょ銀行が取り扱うサービスの内容を公表した。日本郵政公社が実施している不採算...
2007/10/06(土) 21:39:42 | 政治・経済 メモ代わりに
??Ĥ?ξ
2008/06/13(金) 23:30:22 | ??
???Ĥ?ξ?
2008/08/04(月) 14:26:12 | ?
家の前の公共道路に郵便ポストが移設されてから5年位前になる。 年々はがきや私信の差出が減ってきたのは知っていたが、特に去年からの大不況で差出は一気に落ち込んだらしい。 私は去年から不要になったものを某物々交換サイトやNPOなどに郵送で(もちろんポストから)
2009/10/25(日) 16:35:22 | nimurastarの日記
セフレとの濃厚な時間を過ごしたい!? それには、当たり前だけど、まずはセフレと出会う必要があります! 実は出会い系サイトはセフレゲット率がめちゃめちゃ高いって知ってましたか!? マジでスゴいですよ…。本当かどうか、あなた自身で確かめてください! 無料サ?..
2011/01/05(水) 13:11:05 | 岡山のセフレ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。