FC2ブログ
Because It's There
主に社会問題について法律的に考えてみる。など。
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2007/09/23 [Sun] 21:14:58 » E d i t
お彼岸を迎えました。9月20日、諸宗山回向院(東京都墨田区)において秋季彼岸会「家畜総回向」がありましたので、この法要のため参詣してきました(前回の「家畜総回向」については、「平成19年総回向・家畜諸動物施餓鬼会」をご覧下さい)。

午後(2時)1回予定の法要について、過去には午後2回行われたことがありましたが、今回は多数の参詣者はいても、もう1回行うほど多数ではなく午後1回のみでした。


このブログにおいて、「家畜総回向」について最初に触れたのは、「直木賞作家・坂東眞砂子氏の「子猫殺し」問題~毎日新聞が「坂東氏を動物虐待で告発する」との記事を掲載」のエントリーであり、そこでも触れたように、9月20日から26日までは動物愛護週間です(動物愛護法4条)。彼岸の期間には、各寺院では彼岸会法要が営まれますが、参詣することはなくても供養の気持ちをもつとともに、動物も命あるものであることを今一度理解してほしいと思います。

「日本動物愛護協会」は、「平成19年度■ ■ ■ 動物愛護ふれあいフェスティバル ■ ■ ■ ~いのち輝け 人と動物の愛の輪で~」を開催しており、20日(土)と23日(日)において、「飼う前に考えよう」をキーワードにしたイベントが行われました。


今回も、「家畜総回向」の際に頂いた「散華」(道場にみ佛をお迎えし、佛を讃え供養する為に古来より広く行われてきたもの。元来は、樒の葉や菊の花、蓮弁等の生花を用いていたが、現在は通常蓮弁形に截った紙花を用いている)に書かれていた言葉を引用しておきます。今回は「禅語」であり、その中でもよく知られている言葉です。

「禅語」とは、その短い一句の中に、禅の心や悟りの境地を込めたものです。禅語は、宗教の世界だけのものではなく、むしろ、悩む苦しむ世俗の中に生きる人々にこそ、知ってほしい言葉です。切実な日常に生きるものこそ、本物の禅といえるのです。


 「一期一会

2度とない今を そして 人との出会いを大切に 精一杯生きよう


「一期一会(いちごいちえ)」は、釈迦は「会者定離」といって、出会う者には必ず別れがあることを教えていますが、この言葉と類似する言葉です。

「一期一会」は、千利休の門人・山上宗二による「山上宗二記」が初出とされ、江戸時代の大老で茶人でもあった、井伊直弼が茶道の心得を記した『茶湯一会集』によって広まったとされる言葉です。 『茶湯一会集』には、次のように書かれています(金嶽宗信『禅語 ちょっといい話』(2007、芙蓉書房出版)21頁)。

 「――そもそも茶の交会(こうえ)は、一期一会といいて、たとえば、幾たびもおなじ主客と交会するも、今日の会に再びかえらざることを思えば、実にわれ一世一度の会なり――

 たとえば今後、同じ人と幾度もお会いすることがあったとしても、今日この瞬間の出会いはもう二度ともどってこない。それこそ命がけでこの一回の出会いに臨まなければならない。」




先週、遠方に住むある方の突然の訃報を聞き、お通夜・告別式に参列してきました。闘病生活が長く続いていたため、まだ大丈夫だろうと思っていたので、予期していませんでした。もう少し前に会っていれば、との後悔の念も生じています。もはや取り返しがつかないことですが、お会いする機会はもう二度とありません。

現実の社会でも多くの方と接するのですが、ネット上の社会では現実に合える状況にない方とも出会いがあります。現実に会えることはなくても、ここのブログでの出会いもまた、二度と同じ時間を持つことができない大切な時間です。

人はそれぞれ別個の人生を生きており、しかも二度と来ない時間を歩んでいるのです。今日言葉を交わした人と、今度はいつ会うことができるでしょうか? 中途半端な生活を送っていませんか? 二度と戻らない時間を無駄に過ごしていませんか? 今日の出会いは一度きりであり、今という時間はもう二度とこないのです。

一期一会は、各人の生活そのものに対して問いかけている言葉なのです(金嶽宗信『禅語 ちょっといい話』24頁)。

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
宗教については、自然科学を介し、興味を持つに至ったのですが(文系脳のくせに!)、まだまだ不勉強な私であります。
『一期一会』は物理学で言う“四次元時空”と重なる概念ですね。 
福岡伸一氏の近著『生物と無生物のあいだ』には“諸行無常”を深く考えさせられました。
時空を、ネットを自由に翔ぶ心を失いたくないものです。
2007/09/26 Wed 11:18:06
URL | rice_shower #UXr/yv2Y[ 編集 ]
>rice_showerさん
コメントありがとうございます。


>宗教については、自然科学を介し、興味を持つに至ったのですが(文系脳のくせに!)

このブログでは、回向院へ参詣したときに、宗教に関して触れています。最初はただ参詣しただけにすぎなかったのですが、何度も回向院への参詣の話を触れていくうちに、宗教問題が絡む法律問題も結構あることですし、法律問題・政治問題も、宗教的な考えを、(直接反映させないまでも)意識しておくことも良いことではないかと思い、ずっと触れています。

宗教に触れるということは、心の安定にもつながりますので、ぎすぎすしがちな日本社会においては、少しは宗教心が必要な気がします。普段から宗教に触れていれば、妙な新興宗教につかまらず済みますし(^^ゞ
2007/09/29 Sat 00:08:13
URL | 春霞 #ExKs7N9I[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokonisonnzaisuru.blog23.fc2.com/tb.php/577-a0c5ff1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「日本は首相なしでもやっている」        (20日付の英紙フィナンシャル・タイムズ)そらそうよ!自民党の首相なんぞ居ない方がハナシがまとまるって。ハハハハハ●asahi 2007年09月23日00時32分首相不在10日、危機管理に懸念 臨時代理を....
2007/09/23(日) 23:16:19 | 晴天とら日和
^大 当 た り 貧 乏 く じ 内 閣     ↑  ↑  ↑  ↑  ↑ お笑いだ。ハハハハハま、最後に間違いないわ~ン。。。。。。 「新自由主義」改革の継続をしながら、「格差是正」だなんて、相反するものをどう政策に出来るわけ?同時進行....
2007/09/26(水) 16:40:09 | 晴天とら日和
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。