FC2ブログ
Because It's There
主に社会問題について法律的に考えてみる。など。
10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2007/02/01 [Thu] 08:11:05 » E d i t
柳沢厚生労働相が「女性は子どもを産む機械」と発言した問題で、野党4党は1月31日の衆院予算委員会を欠席し、柳沢氏辞任まで国会審議を拒否する方針を確認したようです。

この女性蔑視発言に対しては、野党だけが反発しているのでなく、与党内で31日、柳沢氏の辞任もやむを得ないとの声が強まったとの報道がありました(31日付各紙)。安倍首相は31日、改めて柳沢氏を続投させる考えを強調していますが、参院自民党には「柳沢氏は自主的に辞任すべきだ」(幹部)との声がなお強いとの報道もなされています(朝日新聞2月1日付)。
柳沢厚労相の女性蔑視発言について、コメントします。


1.与党による批判を紹介しておきます。

 「参院自民党幹部は国会内で記者団に「(柳沢氏は)辞めないなら辞めないでいいが、辞めるなら早い方がいい」と述べた。別の参院幹部は「後は本人の判断だ」と指摘した。

 自民党の矢野哲朗・参院国会対策委員長は31日昼、国会内で、塩崎官房長官と会談し、「06年度補正予算案の審議は乗り越えても、07年度予算案の審議はもたない。参院選にもマイナスだ」と述べ、辞任を含めた厳しい対応が必要との考えを伝えた。塩崎氏は「(職務を全うしてもらうとの)既定方針で理解をしてほしい」と述べた。別の同党閣僚経験者も「すぐ辞めるべきだ。かばい続けると、矛先が首相に向けられる」と述べた。」(2007年1月31日14時53分 読売新聞)



 「与党内も大揺れだ。公明党の浜四津敏子代表代行は「女性に対する差別はすべての弱い立場の人への差別に共通する」と激怒。自民党の片山虎之助参院幹事長も「私も家内に乱暴に近いことを言うが、(それでも『機械』とは)絶対に言えない」と問題視した。

 辞任要求を突き付けるのは野党に限らず、自民党内の一部からも「謝って済む問題ではない。事務所費問題よりも深刻だ」(笹川堯・党紀委員長)と進退問題に発展するとの認識を強調。自民党の中には「罷免(要求)には絶対に応じられないが、自発的な辞任であれば本人次第」(幹部)と辞任論も出てきた。」(2007年1月31日06時03分 スポーツ報知)


公明党の浜四津敏子代表代行や自民党の片山虎之助参院幹事長までも非難しているのです。こうやって与党の幹部が公然と非難するほど、この問題の重大性が自覚されていると分かると思います。こうなると、安倍首相は、公明党の支持を半ば失っても、参院選に影響が及んだとしても、柳沢厚労相を擁護する意図のようです。



2.では柳沢厚労相はどのように発言したのでしょうか? 今一度紹介しておきます。

 「◆柳沢厚生労働相発言要旨 

なかなか今の女性は一生の間にたくさん子どもを産んでくれない。人口統計学では、女性は15~50歳が出産する年齢で、その数を勘定すると大体分かる。ほかからは生まれようがない。産む機械と言ってはなんだが、装置の数が決まったとなると、機械と言っては申し訳ないが、機械と言ってごめんなさいね、あとは産む役目の人が1人頭で頑張ってもらうしかない。(女性)1人当たりどのぐらい産んでくれるかという合計特殊出生率が今、日本では1.26。2055年まで推計したら、くしくも同じ1.26だった。それを上げなければいけない。」(2007年1月30日06時00分 スポーツ報知)



 「柳沢厚労相の発言

だいたい人口統計学では女性は15歳から
50歳までなら出産してくれるということ
ですから15歳から50歳までの数を
勘定すると、もうだいたい分かるわけ
なんですね。(…中略)
あとはじゃあ(女性は)産む機械っちゃ
何だけれど装置がですね、もう数が
決まっちゃったと。機械の方が。
機械っちゃ…いけないかもしれないけど。
そういうものが決まっちゃったということになると、
あとはもう1つ、まぁ機械って言ったら
ごめんなさいね。
産む、産む役目の1人頭が頑張ってもらうしか
ないんですよ皆さん。」(ザ・ワイド:1月31日放送画面から引用)


「なかなか今の女性は一生の間にたくさん子どもを産んでくれない」

という出だしを読むと、昔の日本女性が「頻産」だったようにもっと産んで欲しいと言いたいことが分かります。この出だしからして、引っかかりのある文章です。

「ザ・ワイド」での引用を読むと、「機械、機械」と連呼していることが分かります。こうなると、最後の方で「ごめんなさいね」と言ってみても、謝罪の意思があるのか疑わしいですし、「女性は子供を産む機械」という意識は常々思っている本音であって、ちょっとヘマをしたくらいにしか思っていないといえるでしょう。

謝っていても、結局は、

「産む、産む役目の1人頭が頑張ってもらうしかない」

と言ってしまうのです。しかし、子供を産むのは「役目」という意識も妥当ではないはずです。

(国語)やくめ3【役目】 (三省堂「大辞林 第二版」より)

役として果たさねばならないつとめ。役割。
「係としての―」「―を果たす」


日本女性にとって、子供を産むことは「果たさねばならないつとめ」というのは、戦前・戦中の国策でした。そのため、大正や昭和初期の頃の日本女性は、「頻産」(毎年お産をさせられること)によって、子育て以上に産まされる身体の辛さに悩まされていました。そのような悩みの元である「子を産むつとめ」から脱却するため、加藤シヅエさんなどは、産児制限活動を行い、女性にとって様々な生き方を選択する道を開いていったのです。

「子を産むつとめ・役目」から脱却することこそ、女性の権利・人生選択にとって最も根源的なことだったのです。柳沢厚労相の発言は、女性の権利・人生選択にとって最も根源的なことを無にするようなものでした。柳沢厚労相は「産む役目」と言い換えたことで、問題ないと思っていることもまた、問題のある発言なのです。「産む役目」も「女性が産む機械」も殆ど変わらないのですから。



3.朝日新聞平成19年2月1日付朝刊2面から、この女性蔑視発言についての識者のコメントを紹介します。

男性特有の支配感の象徴   江原由美子・首都大学東京教授(女性学)の話

 機械に油(金)でもやれば勝手にポコッと卵を産んでくれる、そんな発想だ。「がんばってもらう」という言葉にも、子どもは女性が1人で産み、責任を持って育てるものだという日本社会全体の心理がかいま見える。

 子どもを産む苦しみ、産めないことの苦しみ、産めと強要される苦しみ。そんな人間ドラマが全く見えていないのではないか。言うまでもないが、子どもを産むのも育てるのも男女の責任。女性だけでなく、男性の働き方も見直さないと少子化対策にはならない。柳沢さんが提唱する「残業代ゼロ制度」にも共通するが、男は労働力、死ぬまで働け、女は産む機械という発想が透けて見える。じゃあ産まない女性は出来損ないですか、という話になってしまうかもしれない。

 少子化問題を語るときの男性にありがちな無責任さ、支配感の象徴のような「失言」だ。


タイの新聞社の記者が「女性は産む機械だという意識は、日本の男性の女性観ではないか」とコメントしていましたが、それと共通する内容です。


人を人と見ぬ政治家の目  コラムニストの天野祐吉さんの話

 政治家や官僚にとって国民は、「労働力を供給し、税金を払い、子供を産む」という「機械」なんですね。柳沢大臣の発言は、そんな体質化した見方が出てしまっただけ。ふだんは「思っても、言ってはいけない」と、隠蔽(いんぺい)しているのに、今回は隠していたしっぽがポロッと出てしまったということでしょう。本来は思ってもいけないことだが、ご本人は「ヘマした」と思っただけではないかな。

 柳沢大臣が家族の方までもそういう目で見ているとは思いません。しかし、ひとたび政治家の目になれば、人を人として見られなくなる。偉くなればなるほどふつうの言葉が話せなくなり、ふつうの物の見方を失っていく。政治家や官僚は、独特の文法やボキャブラリーを使っているうちに、頭の中までそうなってしまう。柳沢大臣だけの問題ではないでしょうね。政治家は言葉の重みをもっと自覚して欲しい。


ご本人は「ヘマした」と思っただけという理解は、正しいと思います。ネット検索すると、以前の講演会でも同じような発言をしていたとの記述もありましたし、記者に対して「何度言えばわかるのか、辞任するつもりはない」と言い捨ててましたから、さほど悪いと思っていないと思えるからです。

「柳沢大臣が家族の方までもそういう目で見ているとは思いません」としていますが、この理解は間違っていると思います。つい、女性は産む機械だと言ってしまうということは、普段からずっとそういう態度をしても注意を受けないからですからです。やはり、家族(妻、娘)に対しても「産む機械」といった目で見ているはずです。


安倍首相、甘い危機管理  危機管理コンサルタント会社「リスク・ヘッジ」の田中辰巳社長の話

 謝罪する以上は、再発防止を印象づけるような処分を伴わせることが必要だ。安倍首相のように更迭に踏み切らないまま、口先でわびるだけでは何の意味も持たない。

 柳沢氏の差別的な発言内容と、少子化や男女雇用均等法を担当する大臣という立場を考えれば、辞任せずに済むような軽い問題ではない。

 それをただの失言としかとらえていない安倍首相は、組織トップの危機管理能力として重要な「事態がどのように展開するかを予測する力」や「判断力」が相当に甘いと言わざるをえない。

 今後、安倍首相は人事でポリシーを示すべきだ。本間正明・前政府税調会長のケースのように、いったんかばいながら、本人が辞意を示すとそれを認めるというパターンを繰り返せば、決断力のなさを国民にますます印象づける結果になるだろう。


この女性蔑視発言問題について、安倍首相は謝罪していますが、とても信用できません。「謝罪する以上は、再発防止を印象づけるような処分を伴わせることが必要だ」からです。これは、柳沢厚労相も同じです。柳沢厚労相は、単に謝罪を述べるだけで、今後同じような女性蔑視の意識を持たないために、どう対応すべきか述べていないのです。これでは、謝罪は口先だけにすぎないでしょう。

女性蔑視発言からすると、少なくとも厚労相の立場だけは相応しくありません。だから、「辞任せずに済むような軽い問題ではない」のに、安倍首相は、ただの失言としかとらえていないですから、「事態がどのように展開するかを予測する力」や「判断力」が相当に甘いと言わざるをえない。安倍首相は、首相としての能力に欠けているといわざるを得ないのです。



4.安倍首相は、公明党の支持を半ば失っても、参院選に影響が及んだとしても、女性の有権者の支持、さらには男女問わずに女性蔑視発言を不快に思う有権者の支持を失ってでも、柳沢厚労相を擁護するのです。世論を機敏に読み取る普通の政治家であれば辞任するはずですが、柳沢厚労相も辞任する意思がありません。

安倍首相が更迭することなく、柳沢厚労相も辞任しないのは、柳沢氏が総裁選で選対本部長だったこと、その論功行賞として入閣したからという点が大きいのでしょう。 だから、安倍首相は更迭することができないわけです。
これに対して、柳沢議員が辞任しないのは、「ご本人は『ヘマした』と思っただけ」だからでしょう。きっと、なぜ辞任を迫られるのかよく分からないはずです。日銀の福井総裁が逃げ切った前例があるのですから、逃げ切れるはずという見込みもあるとは思います。

しかし、安倍夫妻には子供がいないことからすると、安倍夫人は「女性は子供を産む機械」という発言に大変傷ついたはずです。「私は子供を産めなかった不良品の機械なのか」と。

安倍首相は31日午前の参院本会議で「国民の信頼を得られるよう全身全霊を傾けて職務を全うしてもらいたい」とまで述べてしまったのですから、もはや更迭するも難しいはずです。これで、安倍首相は、選対本部長であったことを重視して、自分の夫人の心の痛みを無視して、世論の批判も無視して、女性差別主義者である柳沢厚労相を擁護して更迭しない人物であることが明確になりました。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

事件 *  TB: 3  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokonisonnzaisuru.blog23.fc2.com/tb.php/278-7695663d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
何時も、当ブログにご訪問いただきありがとうございます。『 2月4日のメンテナンスのお知らせ いつもlivedoor Blogをご利用いただき、誠にありがとうございます。下記の日程でサーバのメンテナンスを行います。メンテナンス中は、livedoor IDの新規追加・情報変更・...
2007/02/01(木) 14:39:06 | 晴天とら日和
柳澤伯夫先生、いさぎよく辞任してください。貴方が大臣の椅子にしがみついて汲々としている様子は、日本中、いや世界中の子供たちにとって「最悪の反面教師」となっています。子供たちに「女性は産む機械、装置」「大臣たるもの何を言ってもかまわない」といった間違ったメ
2007/02/01(木) 20:40:53 | 喜八ログ
あら、あら、出来損ないのボロ機械「柳沢ボロコン」が、15日の参院厚生労働委員会で共産党の小池議員の質問に答えた「工場労働というか、ベルトコンベヤーの仕事。もう労働時間だけが売り物というようなところでなく働いている方々の現実に着目した労働法制をつくることが
2007/02/20(火) 12:20:55 | 競艇場から見た風景
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。