FC2ブログ
Because It's There
主に社会問題について法律的に考えてみる。など。
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2007/01/28 [Sun] 16:28:28 » E d i t
柳沢厚生労働相は、松江市で1月27日に開かれた自民県議の後援会の集会で、少子化問題についてふれた際に、女性を子どもを産む機械や装置に例えた発言をしていたそうです(朝日新聞1月28日付朝刊2面)。この発言についてコメントしたいと思います。


1.東京新聞平成19年1月28日付朝刊29面

 「女性は『産む機械、装置』 講演で柳沢厚労相

 柳沢伯夫厚生労働相は二十七日、松江市で開かれた自民県議の決起集会で、「産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と女性を機械に例えて少子化問題を解説した。

 柳沢厚労相は「これからの年金・福祉・医療の展望について」と題し約三十分間講演。出生率の低下に言及し「機械って言っちゃ申し訳ないけど」「機械って言ってごめんなさいね」との言葉を挟みながら、「十五-五十歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と述べた。

 厚労省は昨年十二月、人口推計を下方修正。この時、柳沢厚労相は「子供を持ちたいという若い人たちは多い。その希望に応えられるよう、できる限りの努力をしていきたい」と話していた。

 柳沢厚労相は同日夜、静岡県掛川市で共同通信の取材に応じ「人口統計学の話をしていて、イメージを分かりやすくするために子供を産み出す装置という言葉を使った」と説明。「(発言の後)すぐに、大変失礼なので、どういう言葉で取り消したか記憶にないが、取り消して話を続けた。その場で適切でないと、とっさに何度か言い換えた」と話した。

■『情けない』 批判相次ぐ

 女性は「産む機械、装置」-。柳沢厚労相が二十七日、集会で述べたこんな発言に、子育て中の母親や識者からは「反発を感じる」「本音が出た。情けない」など批判が相次いだ。

 一人息子を育てている生活コラムニスト、ももせいづみさんは「すごく反感を感じる。女性が出産するのは、少子化解消のためではなく、産めば幸せになるからでしょう」と顔をしかめる。「子供を持った女性がつらい思いをしたり損をしたりしない社会にするのが大切なのに…。育児を分かっていない人が政策を決めているのかと不安になる」

 ノンフィクション作家吉永みち子さんは「隠しておかなければいけない本音がつい出てしまった」とみる。「少子化対策は、なぜ女性が子供を持てないのかを深く考えなければいけないのに、旗振り役が女性を『産む機械』とみなしていたとは情けない。どんな対策案を出されても女性の側に立ったものと思えなくなる」と手厳しかった。」



2.柳沢厚労相の

「産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」

という女性を機械に例えた発言は、作家吉永みち子さんも指摘しているように、普段から常々思っていた本音でしょう。


(1) 柳沢厚労相は、

「機械って言ってごめんなさいね」

などと言ってはいますが、本心から「ごめん」と思っているなら、「女性は産む機械」だなんて思わないし、「女性は産む機械」だなんて言ってはいけないと分かるはずです。謝れば済むと思っているのですから、それほど、悪いたとえとは思っておらず、さほど悪い本音ではないと思っていたと分かります。

これで国側が日本に住む女性をどう思っているのか、さらには日本の男性の一部(年齢差もあるかとは思いますが)が女性をどう思っているのかが明らかになったと思います。もしかしたら、自分の息子の嫁に対して、「産む機械」と思っている女性もいるかもしれません。


(2) この発言中には、

「十五-五十歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっている」

とあることからすると、出産能力のある女性すべてを子どもを産む機械扱いしていることが分かります。かなり徹底した機械扱いです。

これだと、15歳での出産や50歳での出産も積極的に認めている(むしろ奨励か?)ことになります。(合計特殊出生率は15~49歳を対象としているから「15~50歳」を例に出したのでしょうが)若年(20歳以下)出産は、社会経験が乏しく、育児も未熟な面が多いとされています。また、高齢(35歳以上)出産は、胎盤機能の低下のため、妊娠・分娩時期からの支援が必要とされています。柳沢厚労相は、このような「ハイリスク母子」を知った上で、奨励するような発言しているのでしょうか? 

厚労省の大臣という立場からすれば、「ハイリスク母子」ということは分かっているはずですから、「女性を産む機械」とする発言は、「『ハイリスク母子』であろうとなかろうと、産みさえすればよい」と思っているのではないでしょうか? 女性は子供を産むことが最優先であって、女性の人生・身体の安全は二の次であると考えていると理解できます。


(3) 柳沢厚労相の本音発言をもっと突き詰めると「女性は産む機械である」という意味は、「女性の自由な意思を認めない」ということです。そうなると、こう言い換えることができるでしょう。

「年金対策のためには少子化解消が不可欠である。女性が自分の人生・生き方を選択したりするから、子供を産まなくなるのだ。女性は国や男性の言うとおりの意思のままに、どんどん子供を産めばいいのだ。女性には自分の人生を決める権利(自己決定権)なんかないんだよ、女性は子供を産む機械・装置、子供を産む道具なのだから。」

ここまで、本音発言を明確にすれば、柳沢厚労相の本音発言の問題性がよく分かるかと思います。本音発言は、「女性が自分の人生・生き方を選択したりすること」を否定する意図があることが問題だと思うのです。

女性に限らず、社会の中で生きていく以上、すべて自己の思ったとおりに生きていくことはままならないことは確かです。しかし、そういった事情があっても、できる限り自分の思ったとおりに人生を選択したいと願って生きていくわけです。だからこそ、憲法は自己決定権(憲法13条)を保障しているといえます。

そうであるにもかかわらず、柳沢厚労相の本音発言は、自己決定を否定して自己決定権(憲法13条)を否定し、特に女性の自己決定を否定するのですから、あからさまな女性差別(憲法14条)であって、憲法13条・14条違反を内容とする発言なのです。しかも、厚労省の大臣という、少子化対策の「旗振り役が女性を『産む機械』とみなしていた」のですから、悪質とさえいえます。厚労相が「女性が自分の人生・生き方を選択したりすること」を否定し、公然と憲法違反発言を行う点が一番問題であると考えます。

「女性を子供を産む機械」と発言したことを非難することはもちろん妥当なことです。しかし、この憲法13条・14条違反の本音の部分を批判し、憲法13条・14条違反の本音発言を事ある毎に持ち出して、憲法13条・14条違反の本音が解消するように努めることこそ重要ではないかと考えます。



3.この柳沢厚労相の本音発言を聞くと、代理出産問題を思い起こします。代理出産を認める見解に対しては、「代理出産を認めると女性が子供を産む道具として扱われる」「代理出産は代理母を生殖の手段として道具のように扱うものであり、代理母の人格を否定するものである」という批判があったからです。


(1) 柳沢厚労相が代理出産について個人的にどう思っていたのか分かりませんが、代理出産でなくても、女性全体を子供を産む道具と思っていることは確かです。

「どうみる代理出産:三者の見解~朝日新聞平成18年10月21日付朝刊「私の視点-ウイークエンド」より」で引用させて頂いたブログを再び引用しておきます。

 「「代理出産を認めると女性が子供を産む道具として扱われる可能性が出てくる」とかいう寝ぼけたことをいう奴がいる。代理出産など存在する遥か前から女性はもうずっと長いこと子供を生む道具として扱われてきたし、昔は子供を埋めない女は(実際は夫の方に問題がある場合でも)役立たずとしてくずのように扱われた。代理出産は健康な卵巣を持っていても健康上の理由から妊娠出産がかなわない女性には大きな救いとなるだろうし、自分で生みたくでもキャリアなどの理由で長い妊娠期間を許されない女性にとっても選択肢の一つとなるだろう。代理出産に眉をひそめる人もいるようだが、女性が思い通りに自分自身の人生を設計し体を使って何が悪い?

この件でつくづく日本は男社会だと感じた。妊娠して子供を生むということがどれだけ大変なことかまったく理解されていない。女性は子供を生むのが当たり前とか、黙っていても健康な子供が生まれてくれると思っている。この国の出生率が減るのも当たり前だ。

……「代理出産を認めると女性が子供を産む道具として扱われる可能性が出てくる」などといういかにも女性の体をいたわるような偽善は吐かないでいただきたい。」(「Mikekoの愚痴ブログ」さんの「代理出産問題」(2006/10/21(土) 午後 3:50))」


「代理出産を認めると女性が子供を産む道具として扱われる」のでもなく、代理出産の場合だけ「代理母を生殖の手段として道具のように扱う」ものではないのです。国側の本音では、代理母だけでなく、女性全てを子供を産む道具・機械であると扱っているのです。代理出産など存在する遥か前から女性はもうずっと長いこと子供を生む道具として扱われてきたのであり、依然として今も「子供を産む道具」扱いは変わらないのです。

そうなると、「代理出産を認めると女性が子供を産む道具として扱われる」という批判が、いかに空虚で馬鹿馬鹿しい批判であることが理解できるのではないかと思います。


(2) 上で書いたように、柳沢厚労相の本音の核心は、

「女性が自分の人生・生き方を選択したりするから、子供を産まなくなるのだ。女性は国や男性の言うとおりの意思のままに、どんどん子供を産めばいいのだ。女性には自分の人生を決める権利(自己決定権)なんかないんだよ」

ということでしょう。
代理出産を否定することは、代理母依頼夫婦と代理母3者(おそらくは代理母の夫や子供の同意があるはずなので、3者に限らないが)が自己の意思で決定したことを否定するものなので、3者の人生・生き方の選択を狭めるものです。

代理出産を否定する意見は、突き詰めれば、「女性は国や男性の言うとおりの意思のままに、どんどん子供を産めばいいのだ。女性には自分の人生を決める権利(自己決定権)なんかない」という、柳沢厚労相の本音発言の核心と同じであることを理解すべきなのです。

もちろん、女性が、柳沢厚労相の本音発言を受け入れて認めるのも、1つの生き方ではあります。しかし、女性が代理出産否定を主張することは、「女性には自分の人生を決める権利(自己決定権)なんかない」ことを(暗黙のうちに)認めるものであって、自分で自分の首を絞める結果になることを自覚すべきだと思うのです。




<1月29日追記>

柳沢厚労相が個人的に代理出産を認めるとしたら、「他の“機械”を借りて子供を儲けるだから、実に国家に忠誠的な行為だ」ということなのでしょう。そういう本音で認めて欲しくはないですが……。

1月28日付各紙(朝日、読売、毎日、日経、産経、東京)のうち、この柳沢厚労相の発言を記事にしていなかったのは読売だけでした。読売新聞のスタンスが垣間見えるようです。読売新聞は、自社の新聞を売ることとは熱心ですが、人権意識は乏しいようです。



<1月31日追記>

「JIROの独断的日記」さんの「2007.01.31:柳沢発言は確かに不注意だが、直後、「機械といってごめんなさいね」とある。文脈を読むことだ。」では、

「私の所見は次の通り。

「柳沢厚労相の発言は不注意だが、前後の文脈から総合的に考えて、女性を蔑視する意図は無かったと考える方が自然である。」」

と書いています。柳沢厚労相の発言は、女性蔑視を目的・意図として述べたものではないことは確かです。

しかし、女性蔑視の文章が含まれていれば、非難に値するのです。例えば、通常、マスコミの報道などは名誉毀損の目的・意図で記事を書いているわけではないですが、名誉毀損事件では、「この部分が原告の社会的評価を低下させた」という主張がなされるように、名誉毀損を含む文章が含まれていれば、名誉毀損罪・名誉毀損による不法行為が成立するのと同じなのです。
「前後の文脈から総合的に考えて、女性を蔑視する意図は無かった」と理解してみても、法的には女性蔑視の言葉でなくなるわけではないのです。

もちろん、蔑視言葉を言った後で謝罪しても、蔑視言葉が消滅するわけではありません。例えば、物を盗んだ後で返したとしても、窃盗罪がなかったことにはならないのと同じなのです。何よりも、謝ってすむ問題とすまない問題があって、女性蔑視発言は謝ってすむ問題ではないのです。

「JIROの独断的日記」さんは、憲法論を説明してみせるなどある程度法律論を理解しておられるだけに、今回のエントリーは残念な記述でした。

テーマ:法律全般 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
本音が出ましたね
この手の本音に喝采する人も多いかもしれませんね。
最低だと思いますが。
しかしこのジジイ、
http://www.mhlw.go.jp/general/sosiki/profile/daijin.html

ここを見ると家族は妻だけみたいです。「非嫡出子」はいるかもわかりませんけれど。
ただこういうジジイ(&ババア、一部若者)の本音などちっとも大勢には響かない(必死に子供を欲しがっている場合は別として)時代であることも確かだと思います。
先日、アメリカで「女性の人口のうち結婚していない割合が過半数と成った」というのがニュースと成っていました。アメリカは結構保守的だと思うのですが(特に地方)、ほほう、と思いました(笑)、ただNHKの番組において、伝えていた女性のジャーナリストが意外と保守的で「シングルマザー」の存在を無視し、しかも「ヒスパニックは増えてるんですけど(=貧乏人ばかり増えて、白人中流以上は結婚しないし、子どももいない、という意味?)みたいに言っていたのがガッカリでした。
2007/01/28 Sun 18:10:54
URL | Isolar #NYhldUz6[ 編集 ]
>Isolarさん:人として許しがたい本音です
コメントありがとうございます。

>最低だと思いますが。

最低です。


>ここを見ると家族は妻だけみたいです

どうやら、娘2人(東大文学部・慶大文学部卒)がいるようですよ。
家族構成の真偽はともかくとして、柳沢厚労相の本音からすると、子を産めない女性は「不良品の機械」ですね。柳沢厚労相は、不妊で悩む夫婦にどう説明するのでしょう……。


>NHKの番組において、伝えていた女性のジャーナリストが意外と保守的
>で「シングルマザー」の存在を無視
>しかも「ヒスパニックは増えてるんですけど

ヒスパニックは増えていることを強調するようだと、人種差別になってしまいます。その女性のジャーナリストは「超保守的」すぎです。
2007/01/29 Mon 23:56:54
URL | 春霞 #Gu2JBjds[ 編集 ]
初めまして。mixiでのコメントにリンクが貼られておりましたので拝読させて頂きました。

柳澤氏の発言は噴飯ものであるとは思いますが、2.(2)以降の内容は論理が飛躍しておられるのではないでしょうか。

まず、
『15歳での出産や50歳での出産も積極的に認めている(むしろ奨励か?)』
とありますが、「認めている」という部分は分かりますが、何故、「積極的」や「奨励か?」と言えるのでしょうか?

素直に、
『合計特殊出生率は15~49歳を対象としているから「15~50歳」を例に出したのでしょうが』
と理解するのが常識的でしょう。

逆に、では21歳以上35歳以下と言えば良かったのでしょうか?
21歳と言えば、まだ大学に通っている女性も多いでしょうから適切では無いのでしょう。
では、23歳以上では?24歳以上では?最早、堂々巡りです。貴方の批判するべきは、合計特殊出生率の算出方法であります。


2.(3)
『柳沢厚労相の本音発言をもっと突き詰めると、「女性は産む機械である」という意味は、「女性の自由な意思を認めない」ということです。』
突き詰めの仕方を間違っておられるのではないでしょうか。

それよりもまず、直後の引用の元のソースは大丈夫ですか?
2007/02/01 Thu 13:38:26
URL | brookman #-[ 編集 ]
> brookmanさん
はじめまして、コメントありがとうございます。

>mixiでのコメントにリンクが貼られておりましたので拝読させて

ありがとうございます。最近は、mixiにリンクが貼られることが多いのでしょうか? mixi登録をしていないので、全く分からないのですが。


>『15歳での出産や50歳での出産も積極的に認めている(むしろ
>奨励か?)』
>とありますが、「認めている」という部分は分かりますが、何故、
>「積極的」や「奨励か?」と言えるのでしょうか?

15~50歳に限定しなくても、「女性の数は決まって」いるのですから、わざわざ、女性の数が決まっていると念を押す必要はないのです。しかも、「『産む機械、装置』の数は決まっている」という、女性蔑視の言い方までするのです。

また、「女性の数」は決まっていても、出産可能な年齢とした15~50歳であろうとなかろうと、産める女性は産むわけですし、事情があれば産めない又は産まないのです。

それにただ出産可能だからといって「数」に入れて勘定しても、当然ながら育てる必要があり、育てることが大変だからこそ、産めないという実情もあります。「十五-五十歳の女性の数は決まっている」だなんて、現状に無理解なお気楽な気持ちでの言葉に思えるのです。

ですから、「十五-五十歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっている」と言う必要はなかったのです。いう必要のないことをわざわざ言うのですから、「積極的」や「奨励か?」と言えると判断しました。
もちろん、文章の流れからして15~50歳の女性も対象として、「あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」などと言っているのですから、「各自フル稼働願いたし」(週刊新潮2月8日号29頁)という意味でしょう。ここには明白に「「積極的」であったり、「奨励と受け取れそう」な意味があると理解できると思います。
なお、「奨励か?」としているように、奨励していると断定はしてません。


>と理解するのが常識的でしょう。

月並みな答えですが、「常識的である」で終わらせてしまうのでは、説明になりませんし、説得力に乏しいです。どうして「常識的」なのか、の説明が必要です。


>逆に、では21歳以上35歳以下と言えば良かったのでしょうか?
>21歳と言えば、まだ大学に通っている女性も多いでしょうから適切では無いのでしょう。

上で述べたように、「十五-五十歳の女性の数は決まっている」と言う必要はなかったのです。21歳以上35歳以下など言ったように限定する必要もありません。

それはともかく。
「21歳と言えば、まだ大学に通っている女性も多い」といった例は、個人的事情すぎて、例として適切ではないと思います。
厚生労働省の「人口動態統計」の「母の年齢別出生率」をみると、平成16年次は、20~24歳女性は13万6505人が出産しています。こういった現実の統計を見ると、全体数からすると、21歳の女性もかなりの割合で出産していることが分かります。brookmanさんが「適切で無い」というのは、統計上、妥当ではないと思います。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai04/toukei3.html

なお、平成17年次の20~24歳女性は12万8135人となっています(厚生の指針(特別編集号)第53巻第16号34頁)。詳しくは↓を購入してご覧下さい。
http://www.hws-kyokai.or.jp/131zassi.html#tokubetu


>では、23歳以上では?24歳以上では?最早、堂々巡りです。
>貴方の批判するべきは、合計特殊出生率の算出方法であります。

「合計特殊出生率の算出方法」を批判する必要はありません。上で述べたように、「十五-五十歳の女性の数は決まっている」と言う必要はなかったのです。


>『柳沢厚労相の本音発言をもっと突き詰めると、「女性は産む機械で
>ある」という意味は、「女性の自由な意思を認めない」ということです。
>突き詰めの仕方を間違っておられるのではないでしょうか。

機械は、プログラムや仕掛けによって動くものであって、自己の判断で自由な意思決定で動くことはできません。ですから、「女性は産む機械である」という意味は、「女性の自由な意思を認めない」という意味であると判断しました。突き詰めの仕方は間違っていないと思います。


>それよりもまず、直後の引用の元のソースは大丈夫ですか?

「女性の自由な意思を認めない」という意味について、「そうなると、こう言い換えることができるでしょう。」と書いています。
なので、その直後に「 」に入れて青地とした部分は、私が法的な意味合いも入れつつ、詳しく言い換えたものです。ですから、「引用の元のソース」はありません。

もっとも、言い換えた「 」部分の意味内容は、未だに多い「日本人男性の女性観」ですから、ソースはどこにでもあるといえるかもしれません。
2007/02/02 Fri 22:39:44
URL | 春霞 #Gu2JBjds[ 編集 ]
×:少子化問題 ○:子育て難問題
どうもこんばんは。都筑てんがと申します。

 「産む」の後には必ず「育てる」がセットになる訳ですが、その「育てる」ことが今の世の中では難しくなっているために「産めない」…という現実が見えていないから、「少子化=女性が産めば済む」というような「産め産め節」が出てきてしまうのでしょうね…。

 「少子化問題」ではなく「子育て難問題」と言い換えたほうが適切ではないか…と思う自分がいます。

柳沢発言関係のエントリを立てていますので、もしよろしかったらご覧になって下さい。
 http://punigo.jugem.jp/?eid=279
2007/02/06 Tue 21:03:13
URL | 都筑てんが #D5O/1XSs[ 編集 ]
>都筑てんがさん
はじめまして、コメントとTBありがとうございます。TBをお返ししているのですが、どうもTBがうまく反映しなかったりするので、大変申し訳ありません。


>「少子化=女性が産めば済む」というような「産め産め節」が出てきて
>しまうのでしょう
>「少子化問題」ではなく「子育て難問題」と言い換えたほうが適切では
>ないか

そうですね。確かに産むことだけを主眼としている感じですから、言い換えた方がいいかもしれません。
「少子化対策」とか「少子化問題」として政府が行っていることは、国家の都合優先ですし。


>柳沢発言関係のエントリを立てていますので、もしよろしかったら
>ご覧になって下さい

ぜひ拝見させて頂きます。
2007/02/07 Wed 20:51:06
URL | 春霞 #Gu2JBjds[ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/01 Fri 07:53:43
| #[ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/06/30 Sun 19:09:44
| #[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokonisonnzaisuru.blog23.fc2.com/tb.php/276-566e4715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アベシ政権になって、コイズミの悪政の残影までも背負い込んで、今の政権を例えるならば、「俺も俺もと、W中川もでしゃばりゃぁ~、麻生も、あ・そう、と谷垣に先に俺にやらせろ(総理を)としゃばって来る誰が総理か分からないシッチャカメシッチャカ政権」「弁明会見が..
2007/01/28(日) 23:17:57 | 晴天とら日和
【28日は、もう一つ『教育再生も何でも、安倍は国民ではなく「改憲勢力」のために?!+アブナイ2法案について』という記事<コチラ>もアップした。 眠れなかったのと、ちょっとカチ~ン&ウキウキしたので、もう一つ書いてみたですぅ。】 柳沢厚労大臣が、世の多くの
2007/01/28(日) 23:46:01 | 日本がアブナイ!
追記: Because It’s There 柳沢伯夫厚生労働相「「女性は子ども産む機械」と発言~この本音発言の問題性は何か? 憲法13,14条とのことです、皆さん。 ああ、政治家にも警察さんみたいに警察法第2条第2項あたりの縛りがあったらいいのに。*1 (そういえば、13,14条以外
2007/01/30(火) 03:37:01 | 腐男子じゃないけど、ゲイじゃない
「女性は子ども産む機械」柳沢厚労相、少子化巡り発言 柳沢厚生労働相が27日、松江市で開かれた自民県議の後援会の集会で、女性を子どもを産む機械や装置に例えた発言をしていたことが分かった。集会に出席した複数の関係者によると、柳沢厚労相は年金や福祉、医療の展望
2007/01/30(火) 20:14:33 | S氏の時事問題
 柳沢伯夫(やなぎさわ・はくお)厚生労働相が  「女性は産む機械」  と27日に
2007/01/31(水) 01:30:41 | Empire of the Sun太陽の帝国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070128-00000005-maip-pol柳沢厚生労働省大臣の発言について、否定的意見が多いようだが、そもそも、この思想自体は、すでに多くの国民に実質的に受け入れら
2007/01/31(水) 04:06:08 | 今日の一言 法律のくすりやさん
◆資料:柳沢発言を伝える各紙の第一報(抜粋) 【日経】女性は「産む機械」、すぐ言
2007/01/31(水) 18:53:49 | JIROの独断的日記ココログ版
■「少子化は女性のせいだ」という考え あのお偉いさんの「女性=産む機械」発言だけど、女性をモノ扱いしてる…という以前に、「少子化なのは女性のせいだ」っていう考えが根底にあるんだろうなぁ…と。 現実は、そんな簡単な問題ではないと思うんだが…。●男も女も、子
2007/01/31(水) 20:15:14 | ぷにっと囲碁!なブログ ~囲碁とほっぺたが大好きな人の日々のつぶやき。~
柳沢伯夫厚生労働大臣(柳澤伯夫・やなぎさわ はくお)が、少子化問題について触れる中で、女性のことを「(子を)産む機械、装置」と言ったそうだ。 機械というのは、ある一つの目的のために人間が作り、存在しているものだ。つまりこの場合、「女性は子を産むためだけに
2007/01/31(水) 21:44:23 | Muse on Music.
私の母は、19歳の時に結婚した。私を出産したのが21歳の時。妊娠に気付いたのは、
2007/02/02(金) 01:45:07 | バツイチ父さんの子育て日記
(2/2 10:20追記)今回柳沢大臣発言批判の先頭に立っている野党議員は拉致事件で北朝鮮擁護の政治家ばかり!!真の狙いはこれを隠れ蓑にした拉致問題潰しではないのか?以下に連中の暴言を示す(拉致がらみでないものもありますが).辻元清美は「9人10人返せと言ってもフェ
2007/02/02(金) 16:21:25 | 雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う
 柳沢大臣の女性に対する「産む機械」発言が問題になっており、大臣も「失言だった...
2007/02/02(金) 16:33:16 | ひとりごとと対話のはざま
すっかり、“「女性は産む機械」発言の”が枕詞になった感のある柳沢伯夫厚生労働相ですが、今日(正確には昨日)は、野党側のほうが少しやりすぎた感じでしょうか。彼の発言の趣旨は、結婚して子供を二人持ちたい、とい
2007/02/07(水) 01:23:52 | 百日紅!の独白       ~無我なる愛を求めて~
■「産め産め節」を唱える「産め産め族」 どうもです。都筑てんがです。 体調不良で、ここしばらくダウンしてました。 で、今回は、柳沢発言関連…ていうか、少子化問題の続きなんですが…。出産を「生産性」と発言した菅氏http://www.komei.or.jp/news/daily/2007/0207_
2007/02/27(火) 07:29:50 | ぷにっと囲碁!なブログ ~囲碁とほっぺたが大好きな人の日々のつぶやき。~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。