FC2ブログ
Because It's There
主に社会問題について法律的に考えてみる。など。
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2006/11/07 [Tue] 18:36:06 » E d i t
文部科学省の銭谷真美初等中等教育局長は11月7日午前零時すぎ、緊急に記者会見し、「いじめが原因で11日に自殺する」と書かれた手紙が6日午前、同省に届いたことを明らかにしました(BIGLOBEニュース([時事通信社]:社会ニュース 11月7日 01時31分 更新))。一連のいじめ自殺問題をめぐり、こうした手紙が同省に届いたのは初めてだそうです。この報道についてコメントしたいと思います。


1.まず新聞報道から。

(1) 「asahi.com(2006年11月07日01時11分)」

 「いじめ自殺「予告」の手紙、文部科学省に届く
2006年11月07日01時11分

 文部科学省は7日未明、「いじめが原因で自殺する」という内容の男の子が書いたと見られる手紙が同省に届けられたと発表した。

 午前0時15分すぎに会見した銭谷真美・初等中等教育局長によると、あて名に「文部科学省 伊吹文明大臣様」と手書きで書かれた封筒に、(1)大臣(2)教育委員会(3)校長先生(4)担任の先生(5)クラスのみんな(6)クラスのみんなの保護者(7)両親――にあてた計7通の手紙が入っていた。6日午前中に郵送されて来たという。

 学校でいじめを受けているとし、8日までに状況が変わらなければ、11日に学校で自殺すると書かれていた。「クラスのみんな」あてには「なぜ僕をいじめるのですか。キモイからですか。クサイからですか。なぜ僕のズボンをおろすのですか」。校長あてには「なぜ親がずっとまえから校長先生にいじめのことをいってもずっとなにもしないのですか」などとあった。

 差出人の名前や住所、学校名など個人を特定できる情報は書かれていなかった。消印の一部には「豊」と見える文字があり、文科省は、この文字を含む全国の集配局を調査。21都道府県の39市区町村の44郵便局が該当することが分かった。4日に投函(とうかん)されたとみられるという。

 文科省は、該当する都道府県教委を通じ、これらの局を含む自治体の教育委員会に連絡。該当するような相談を受けていないか、民間の電話相談窓口なども含めて調査するよう指示した。

 本当の自殺予告と判断した理由について、銭谷局長は「11日に自殺する、とはっきり書いてある」としたうえで、「大臣に対して行動してほしいという要請の手紙だろうと判断した」と説明。

 記者発表した理由について「私どもとしては、たった一つしかない命を大切にしてほしい。文科省も大人も、いじめの問題解決のためにがんばるから、『ぜひ、生きてほしい』とのメッセージを伝えたい」と話した。」



(2) 「asahi.com」(2006年11月07日11時18分)」

消印は「豊島」の可能性 いじめ自殺予告で文科相
2006年11月07日11時18分

 いじめ自殺予告文が文部科学省に届いた問題で、伊吹文科相は7日の閣議後会見で、この手紙を扱った郵便局について「『豊島』の可能性が高い」と述べた。該当する郵便局には東京都豊島区の豊島郵便局があり、都教委に対して調査に念を押すよう指示したという。

文科省は「豊」の文字が含まれている消印をさらに調べた結果、「豊島の可能性が高い」との見方を強めたという。差出人の年齢層について、伊吹氏は、予告文の漢字や字が「非常にしっかりしている」ことや教育行政についての知識などから、「中学校の高学年から高校生ではないか」と示唆。文中に、「担任に訴えた」「教育委員会や学校に申し出たにもかかわらず」という趣旨の表現があることから「思い当たる先生がいれば、必ず反応があるはずだ」とも話した。

 伊吹氏によると、消印から投函(とうかん)日は4日とみられている。だが、文科省に届いたのは6日という。

 マスコミに公表したことについては、「若干迷ったが、教委や教師に隠したり放置したりしてはいけないと指導している文科省としては、率先して姿勢を示さなければならない」と話した。

 差出人に対して、伊吹氏は「命は一つしかない。君が生まれた時、お父さん、お母さんが君の命を抱き取ってくれた。だれかに君の気持ちを正確に伝えてください。世の中が君のことを放っておくわけではないことを、理解してほしい」と述べた。

 ただ、いたずらの可能性については「率直に言って、いろんな可能性があると思う」と述べ、排除しなかった。

 この問題について、安倍首相には「いろいろな可能性があるので、文科省で事務的に責任を持って処理する」と話し、首相からは「どうぞよろしくお願いします」と言われたという。

 一方、塩崎官房長官は記者会見でこの手紙について、「写しを拝見したが、命にかかわることなので文科省で速やかに対応すると聞いている。親やご先祖様からいただいた命なので、大事にしてもらいたい」と述べた。」




2.記事中の手紙の全文は、毎日新聞が掲載していました。>>この続きを読む(追記)で引用しておきます。

追記した手紙の一部を引用すると、

「先生に言ったのにも先生は、なにもしませんでした。両親にも言ったのですが「がまんしろ」しか言いません。なんとか親が学校の校長先生や教育委員のかたに連絡してもらったのですがなにもかわりません。なのに親や先生は、「お前の性格がわるい。や「がまんしろしか言わない。」」

そうです。
この手紙を送った生徒は、先生、両親、校長、教育委員会に対して、「いじめを止めさせて欲しい」と手を尽くしたのに、効果的な行動をしてくれなかった、だから切羽詰って文部科学省に願い出たわけです。普通なら、自殺しているかもしれないのに、こういった方法を思い付いて実行したのですから、生物として当然ながら、いじめから脱却して生きたいという意欲を感じると同時に、頭の良さを感じます。

差出人の名前や住所、学校名など個人を特定できる情報は書かれていないのですから、本当の自殺予告なのかどうか疑問視する向きもあるでしょう。しかし、名指しすると大混乱になるでしょうし、かえっていじめが激化する可能性もあるのですから、名指ししないからといって、虚偽とみるわけにもいかないと思います。

先生、校長、教育委員会に言っても何もしてもらえなかったというのはよくある事例ですから、誰がこの手紙を出したのか探すよりも、生徒からいじめを受けているとの申し出のあった、先生、校長、教育委員会は、自分のことだと思って真剣にいじめに対して向き合って欲しいと思います。特に、いじめた生徒は「ズボンをおろす」など卑劣な暴行を行っていますし、長期間におよぶ「深刻ないじめ」といえますので、いじめた生徒を停学処分にするなどの措置は十分に可能だと思います。




3.この自殺予告の手紙によって、文部科学省は次のような対応を取りました。

 「文科省は、該当する都道府県教委を通じ、これらの局を含む自治体の教育委員会に連絡。該当するような相談を受けていないか、民間の電話相談窓口なども含めて調査するよう指示した。

 本当の自殺予告と判断した理由について、銭谷局長は「11日に自殺する、とはっきり書いてある」としたうえで、「大臣に対して行動してほしいという要請の手紙だろうと判断した」と説明。」


この手紙は、「大臣に対して行動してほしいという要請の手紙」と判断できますので、法的には請願権(憲法16条。請願法)の行使をしたものといえます。

憲法第十六条  何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。


請願法

第一条  請願については、別に法律の定める場合を除いては、この法律の定めるところによる。

第二条  請願は、請願者の氏名(法人の場合はその名称)及び住所(住所のない場合は居所)を記載し、文書でこれをしなければならない。

第三条  請願書は、請願の事項を所管する官公署にこれを提出しなければならない。天皇に対する請願書は、内閣にこれを提出しなければならない。
○2 請願の事項を所管する官公署が明らかでないときは、請願書は、これを内閣に提出することができる。

第四条  請願書が誤つて前条に規定する官公署以外の官公署に提出されたときは、その官公署は、請願者に正当な官公署を指示し、又は正当な官公署にその請願書を送付しなければならない。

第五条  この法律に適合する請願は、官公署において、これを受理し誠実に処理しなければならない。

第六条  何人も、請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

   附 則

 この法律は、日本国憲法施行の日から、これを施行する。


(1) 請願権は、通常の意味での「人権」と異なり、人権保障をより確実なものとするための権利です。請願権は、絶対君主制の時代に、人民が君主に対して自己の希望を伝え、その実現を請願したことに由来し、その当時と異なり、国民主権に基づく議会政治が発展し、言論の自由が確立した現在、請願権の重要性は相対的に減少しています。それでも、請願権には、積極的な国民の意思表明の手段であり、民意を直接国会や政府に伝達する手段として、未だ十分に意義を有しています。

ただ、請願は、公の機関に対する希望や苦情の陳述にすぎないので、請願権は、そのような陳述を行い、受け取ってもらう権利にすぎず、請願内容について何らかの判断・回答を求めることができません。請願を受けた公的機関は、それを「受理し誠実に処理」する義務を負う(請願法5条)だけで、請願内容に応じた措置を執るべき義務はありません。(追記:誠実に処理する義務以上の義務を認めるべきという見解(立法論?)もあります)

しかし、請願内容に応じた措置を執るべき義務がないとはいえ、しかも請願者の氏名がなく、請願法上の請願の要件が欠けるとはいえ(請願法2条参照)、憲法上、請願権が認められている趣旨や、命をもっていじめ対策を願い出ているのですから、文部科学省は誠実な対応を行うべきです。
ですから、文部科学省は、教育委員会に連絡し、該当するような相談を受けていないか、民間の電話相談窓口なども含めて調査するよう指示し、緊急記者会見をし、マスコミ報道を促したわけです。


(2) 伊吹文科相は、「世の中が君のことを放っておくわけではないことを、理解してほしい」と述べたようです。こうやって、文部科学省が対応策を指示し、記者会見をし、手紙を公開したという形で、「放って」おかなかったことは確かです。

ですが、これで、先生、両親、校長、教育委員会は、どこまで誠実にいじめに対して動いてくれるのでしょうか? 「世の中が君のことを放っておくわけではない」など言っても、この記者会見だけで今後、何もしなければ、口先だけで終ってしまうように思えます。結局は、請願権の行使は無駄に終わってしまうのではないかと思えるのです。


(3) 過去においても、学校でのいじめを理由にした自殺の予告が、子どもから行政やメディアに寄せられる例がありました。

 「95年12月、横浜市教委の「いじめ一一〇番」の留守番電話に、子どもと思われる声で自殺をほのめかす内容が入った際、市長は緊急会見で「死なないで」と訴えた。その後、市のいじめ解決用の電話番組での本人にあてたメッセージを聞いたとして、同じ子と思われる声で「死ぬのをやめました」と返事が吹き込まれていた。……

 96年1月、奥田幹生文相が、「かけがえのない子どもの命を守るために」と、記者会見で語りかけ、子どもや保護者に協力を求めた。

 同年2月には福岡、広島、鹿児島などでテレビ局に自殺予告の電話やファクスが相次いだ。山梨の中学では「体育祭を中止しないと自殺する」という手紙を受けて、実際中止し、他県で「授業を休まなければ」「中間テストをやるなら」と連鎖的に広がっていったケースも。」(asahi.com(「いじめ原因の自殺予告、95、96年に相次ぐ」2006年11月07日16時27分)


今回も、95、96年のときと同じように記者会見をするという対応をしただけです。しかも、今の政府は、いじめ自殺問題があっても、必修科目履修漏れ問題があっても、やらせ質問を依頼し虚偽の世論を作り出してまで、教育基本法を改正することに躍起なのです。今、現に問題になっている問題に対して、十分な対応ができず、十分な対応をとろうとしていないのです。

究極的には、今の政府を選んだ一部の有権者の責任であり仕方がないのですが、命が消えようとしているのに対して、政府は今までと同じような対応しかしないのです。政府与党(自民党・公明党)は、まったく信頼性がないと感じます。




<追記>

毎日新聞のHP(毎日新聞 2006年11月7日 12時03分 (最終更新時間 11月7日 12時14分))

自殺予告手紙:「生きていくのがつらい」……手紙全文

 6日午前中に伊吹文明文部科学相あてに届いた封書には、「文部科学省 伊吹文明大臣様」とあて先が書かれ、その横に「(重要文書在中)至急大臣にわたすこと」と注意書きが添えられていた。封書には文科相、教育委員会、校長、担任、同級生、同級生の保護者、両親にあてた計7通が同封されていた。ただ、個人名や学校名などは書かれていなかった。7日未明に文科省が公表した手紙の全文は以下の通り。(原文ママ)

▽封筒表

〒100-8959東京都千代田区丸の内251

文部科学省 伊吹文明大臣様

(重要文書在中)至急大臣にわたすこと

▽封筒裏

「いじめが原因で自殺予告文といじめと自殺は、因果関係がある証明書」在中

いじめが原因の自殺証明書

文部科学大臣  伊吹文明様

 僕は、いじめが原因で11月11日土曜日に自殺することを証明します。 この手紙をいじめた人達、学校の先生、校長、教育委員、いじめた人達の保護者、僕の両親に自殺をしたら見せてください。あとマスコミの人々にも全部見せてくださいお願いします。

 今回手紙を書いた理由は、生きていくのがつらいからです。いじめた人達は、何もバツをうけませんでした。先生に言ったのにも先生は、なにもしませんでした。両親にも言ったのですが「がまんしろ」しか言いません。なんとか親が学校の校長先生や教育委員のかたに連絡してもらったのですがなにもかわりません。なのに親や先生は、「お前の性格がわるい。や「がまんしろしか言わない。」ので11月8日の水曜日までになにもかわらなかったら「いじめが原因の自殺証明書」どうりに自殺します。場所は、学校でします。みんな信用できないので文部科学大臣の伊吹文明大臣に書きました。僕の名前は、11月11日土曜日に自殺のニュースでみんなに知らせてください。お願いします。お願いします。

クラスのみんなへ

クラスのみんなへ なぜ僕をいじめるのですか。「キモイ」からですか「クサイ」からですか。なぜ僕をさけるのですか。なぜ僕のズボンをおろすのですか。ホモなのですか。なぜかげぐちを言うのですか。僕には、わかりません。僕は、みんながいじめたので自殺をします。自殺したあとにはんせいしたとかわるいことをしたなどうそを言うでしょう。ぜったい反省していないでしょなぜなら反省してたらクラスみんなで僕をいじめないからです。ぜったいなん年かたったらわすれるでしょう。なので僕が自殺しました。そのあとでみんな責任をとって自殺してください。11月12日の日曜日に学校の教室で自殺をしてください。反省しているのならできるはずです。なぜみんなが責任をとらないといけないかは、わかると思います。テレビなどでは、いじめた人は、先生や校長先生や教育委員会がみんなグルになってしょうこをいんめつしたりしていじめはないとウソをついたからです。だれも責任をとったいじめっ子は、いません。大人たちのせいです。なのでこんどは、大人の人がまもっくれると思っているのでしょうがまちがいです。ぜったいみんな自殺して責任をとるようにいろんな人に遺書を書きました。ぜったいいじめは、ゆるしません。僕からは、自殺をしない人は、ひきょうものだとしてウラミます。そしてうらみ殺します。または、全員の名前をこうしょうしてもらいます。生きじごくです。ずっといじめをした人だとまわりからゆわれてすごすことになります。最後に責任をとってください。

  集合場所 学校の教室

  日時 11月12日日曜日僕が自殺した次の日

  持ち物 ロープ(くびをつるため)

  または、 ナイフ(自分でさして死ぬため)

です。まもらない人は、あとでのろい殺します。さようなら僕をころしたクラスのみんな

両親へ

親へ お父さんお母さんこれを読んでいる時には、僕は自殺しています。ごめんなさい。 僕はがまんができませんでした。 いじめた人達、学校の先生、校長先生、教育委員は、みんな同じです。テレビを見てほかにも自殺したいと考えている人々がいることがわかりむりをしなくてもよいことがわかりました。いじめた人達何もしなかった先生、校長先生、教育委員のせいで僕は死にます。自殺します。先生や校長先生、教育委員は、テレビで見たように責任のがれをするでしょう。僕にはわかります。だから僕は、彼らをうらみます。もし生まれかわれたらまたお父さんお母さんの子供になりたいです。

担任の先生へ

担任の先生へ なぜ僕をたすけてくれないのですか。僕は、なん回も先生に言ったし親も先生にいじめについて言いました。もう先生が言ったように「がまんしろ」「お前が悪い」など先生に言われましたがいじめた人は、僕が「キモイ」や「クサ」など言います。どこに問題がありますかなぜ僕だけがこんなめにあわないといけないのですか先生は、僕を嫌いなのですか11月8日水曜日までにいじめた人に注意をしなければ僕は11月11日土曜日に学校で自殺します。先生もいじめている人と同じです。死んだらうら見ます。ぜったい先生をゆるさない。 僕が死んだら先生は、テレビでやってたようにウソをついていると思います。「いじめは、なかった」とか「いじめと自殺は、因果関係」がない、とかぜったい言ってるでしょう。先生も責任をとって僕が自殺した次の日の日曜日に自殺してください。ぜったいです。だけど先生は、信用できません。なので文部科学大臣に手紙を書きました。僕は、学校の先生を信用できません。ほかの先生もです。見てみぬふりをしています。いじめられているところを先生は、見たでしょなのになぜなにもしないのですかわかりません。

クラスのみんなの保護者へ

僕はあなたの子供にいじめられて自殺してもう生きていないでしょう。いままでどんな教育をしてそだててきたのですか。僕には、わかります。集団でいじめで責任をあやふやにして生きていくように子供をそだてたのですね。こんかいの自殺でいじめを知らないなどと言うと思うのですがウソをつくのは、やめてください。僕には、わかります。自分の子供がいじめをして人を殺したのです。殺人事件です。僕をいじめた人達の保護者なので信用できません。学校とグルになってもみけしたりしょうこをいんめつしたりするでしょう。そうさせないために文部科学大臣に遺書を書きました。みんなは、なにを子供におしえたのですか。つみには、とらわれない人の殺し方なのですか。責任は、とるのですか。だれがとるのですか。ウソをつく人の子供は、ウソつきです。無責任です。人殺しです。もしかして保護者の人も自分の子供などと同じく人を殺したことがあるのですか。ぜったいないでしょう。人殺ではなく自殺においこんだのでは、ないでしょうか。なので子供に責任をとらせてください。

 集合場所 学校の教室

 時間   11月12日日曜日僕が自殺をした時間。

 持ち物  ロープ(くびをつるため)またはナイフ(自分で死ぬため)

 そして子供を自殺させなさい。命れいです。自分の子供は、人殺なのです。または、あなたが子供を殺してください。

 最後にだれもこの約束を守らないでしょうそれは、いじめについて反省してないからです。ウソつきでひきょうものだからです。最後に自殺するまえにいしゃりょうとして1人100万円いじめに反対しているNPOなどにきふすること。

教育委員会へ

 なぜ僕が自殺をしたのかわかりますか。ぜったいわからないとウソをつくでしょう。まず最初に言いたいことがありま。今回の自殺は、「いじめが原因で自殺した。自殺といじめは因果関係があり教育委員は、いじめをしっていながらなにもしなかった。」

とはっきりテレビのニュースで本当のことをいってください。親が教育委員会に学校がなにもしないとなんどもなんどもいったのになぜなにもしないのですか。教育委員会のしごとはなんですかおしえてくださいいじめをさせるのが教育委員会のしごとですか教育委員会は全国にあっていじめをさせているのですか。テレビでは、ウソつきをしています。またこんかいもしょうこいんめつをするのですかこんかいはぜったいさせません。 なので文部科学大臣に遺書を書きました。僕は、なにもしなかった教育委員会をゆるせません。なので11月8日水曜日までにいじめがかいけつできなかったら11月11日土曜日に自殺をします。ほんきです。なにもしない教育委員会はいらないすぐに解散してください。

僕は、死んだらうらみます。教育委員会は、どこもニュースでやっているとおり同じです。ウソをついて自分のためだけにやっています。きゅうりょうどろぼうで自己中心でゆるせません。なので僕は自殺をします。


いじめ自殺問題:「いじめで11日自殺」文科相に予告手紙 21都道府県に調査指示
 自殺予告:文科省通知「豊」消印に注目 差出地「豊島」か
自殺予告:差出人可能性の21都道府県の学校 朝から対応
自殺予告:伊吹文科相「世の中は君を放っていない」

毎日新聞 2006年11月7日 12時03分 (最終更新時間 11月7日 12時14分)」




テーマ:いじめ - ジャンル:ニュース

憲法 *  TB: 3  *  CM: 2  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ(*´・∀・)
コメントありがとうございました。

私のところでもニュースを主に運営してますんで、これからもよろしくお願いします(*^-^*)
2006/11/08 Wed 23:20:26
URL | あおい #-[ 編集 ]
>あおいさん
>コメントありがとうございました。
こちらこそ、コメントとTBありがとうございます。

>これからもよろしくお願いします(*^-^*)
こちらも宜しくお願いします。
2006/11/09 Thu 23:44:00
URL | 春霞 #Gu2JBjds[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokonisonnzaisuru.blog23.fc2.com/tb.php/188-71d8efb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
いじめを苦にした自殺を予告する手紙が 文部科学省に届く いじめを苦にした自殺を予告する文部科学相あての手紙が6日、文部科学省に届き、同省は7日午前0時過ぎ、銭谷真美・初等中等教育局長が異例の緊急会見を開いた。 
2006/11/08(水) 01:56:44 | 碧日記
いじめによる自殺を予告する封書が文部科学相のもとに届いたことが話題になっている。文部科学大臣・伊吹文明氏は封書の内容・全文を公開し、「誰かに気持ちを正確に伝えて。世の中が君を放っているわけではないことを理解してほしい」と呼びかけている。妙に悠長で気の抜け
2006/11/10(金) 19:03:13 | Muse on Music.
教育再生のヒントは歴史に!会津藩にあり!
2006/11/18(土) 00:18:17 | 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。