FC2ブログ
Because It's There
主に社会問題について法律的に考えてみる。など。
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/06/06 [Sat] 16:53:34 » E d i t
栃木県足利市で1990年、女児=当時(4つ)=が誘拐殺害された「足利事件」で、無期懲役が確定し、服役していた菅家利和(すがや・としかず)さん(62)は平成21年6月4日、千葉市若葉区の千葉刑務所から釈放されました。

釈放されたのは、「菅家利和(すがや・としかず)受刑者(62)の再審請求で、東京高検は4日、女児の肌着に残った体液のDNA型と菅家受刑者の型が一致しないとするDNA型の再鑑定結果を受けて、『新鑑定が無罪を言い渡すべき明らかな証拠にあたる可能性が高いと判断した』とする意見書を東京高裁(矢村宏裁判長)に提出した。あわせて菅家受刑者の刑の執行を停止する手続きを取った。」(朝日新聞平成21年6月4日付夕刊1面(14版))ためです。

釈放は「検察官は、再審の請求についての裁判があるまで刑の執行を停止することができる」と規定した刑事訴訟法442条に基づいたものであり、この規定に基づき釈放されたのは異例とのことです。しかし、91年12月の逮捕・勾留からは約17年半も経過しています。



1.「足利事件」について、報道記事を読む前に。

(1) 「足利事件」においては、極めて精度が低かった当時のDNA型鑑定を妄信し、暴行を加えてまで虚偽の自白を強要した点が冤罪の原因です。その「原因」を作り出したのが警察庁の捜査官(科学警察研究所も含む)と検察庁の検事であり、最大の責任を負っています。日本の捜査機関には、「暴行を加えてまでも自白を強要する捜査手法は違法である」という意識が根付いていないのです。

また、極めて精度が低かった当時のDNA型鑑定にお墨付きを与えた最高裁判所の裁判官(最高裁平成12年7月17日決定刑集54巻6号550頁。この決定の裁判官は、亀山継夫、河合伸一、福田博、北川弘浩、梶谷玄)、それらの「原因」を17年半も見直すことがなく、鵜呑みにし続けた数々の裁判官も重大な責任を負っています。「被告人の弁解こそ真相ではないかという意識」をもつ裁判官が少数派にとどまっている点が背景にあります(「裁判員に選ばれるかもしれないあなたへ(1)~「被告人の弁解こそ真相では」との意識を(木谷明・法政大学法科大学院教授)」(2009/05/20 [Wed] 23:59:26)参照)。

そして、いまだに「逮捕=有罪」視する報道行い(例えば、「西松建設献金事件」)、DNA型鑑定という新しい科学的捜査手法・科学的証拠を疑問視することなく、稚児のように嬉しがった報道機関にも責任があります。当時、DNA型鑑定を調査・疑問視するキャンペーンを張っていれば、違う経過になりえたからです。

絶対に忘れてはならないことは、<1>警察、検察、裁判所により、真犯人とされた菅家さんの人生や家族の人生が滅茶苦茶にされてしまったことと、<2>警察、検察、裁判所が何時までも菅家さんを犯人視したことで公訴時効期間が過ぎてしまい、「足利事件」の本当の真犯人が処罰を免れてしまったことです。「足利事件」の被害者や遺族にとって、また、菅家さんとは別の者が犯人ではないかと感じていた一部の捜査官にとって、無念でならないはずです。

さらに言えば、<3>福岡県飯塚市で1992年、女児2人が殺害された「飯塚事件」では、久間三千年さんに対して、極めて精度が低かった当時のDNA型鑑定に基づいて死刑が確定し、昨年10月に執行されてしまっています(「10月28日、2人の死刑を執行:前回9月11日から47日という最短の間隔での執行~さらに加速してきた「自動執行化」」(2008/10/30 [Thu] 01:41:11)参照)。国は死刑執行により、久間さんを殺してしまった以上、もはや取り返しが付かないのです。



(2) これらの「原因」や17年半も無実の者を釈放できないでいる現状を解消するためには、取り調べの全面可視化が必要ですし、再鑑定の権利の明文化が必要です。

しかし、現在そうした法制度はありません。取り調べの全面可視化については、民主党などの野党と異なり、自民党や公明党は見直す気がありません。はっきり言えば、自民党や公明党は、冤罪を放置するに等しい政党であるのです。また、再鑑定の権利については、科学警察研究所は試料を使い切って再鑑定を不可能にすることさえあります。再鑑定を不可能にするなんて、これをはっきり言えば、証拠隠滅行為に等しいというべきです。

そして、原因を作り出した者に対する責任追及は(原則として)できず、原因を作り出した者が正式で真摯な謝罪や徹底した原因究明をすることは、ほとんどありません。

 イ:【共同通信】(2009/06/04 18:13)

足利事件「慎重に判断した」 担当元裁判官

 足利事件で無期懲役がいったんは確定した菅家利和さん(62)が釈放され、再審開始が決定される見通しになったことについて、有罪とした判決や決定に関与した元裁判官は4日、取材に対し「慎重に判断した結果だった」などと話した。

 2000年に上告を棄却した元最高裁判事の一人は「当時の証拠や全体の審理を踏まえた上で慎重に出した決定だったという思いは変わらない。新しく出てきた証拠で劇的に状況が変化し、検察が対応したということは理解できる」と話した。

 別の元判事は「当時の判断は判決理由に書いてある。それ以上のことは言うべきではない」と言葉少なだった。

2009/06/04 18:13 【共同通信】」


 ロ:【共同通信】(2009/06/04 19:40)

人を裁く重さを考えて」 再審無罪の免田さん

 足利事件で再審請求中の菅家利和さん(62)が釈放されたことについて、死刑囚として初めて再審無罪となった免田栄さん(83)は4日、共同通信の取材に対し「とにかく、おめでとうと声を掛けたい」と述べるとともに「今回の件が、人が人を裁く重さについて国民全体で考えるきっかけになればいい」と話した。

 自身の再審が決まった後、多くの死刑確定者から再審請求についての相談を受けたと話す免田さん。「弁護士を頼む金が無かったり、頼る人がいなかったために再審をあきらめた死刑確定者をたくさん見てきた」とし、「隠れた冤罪被害者はまだいると思う」との見方を示した。

2009/06/04 19:40 【共同通信】」


 ハ:2000年に上告を棄却した元最高裁判事の一人というと、亀山継夫、河合伸一、福田博、北川弘浩、梶谷玄のうち誰かということになります。その方は、「当時の証拠や全体の審理を踏まえた上で慎重に出した決定だったという思いは変わらない」と話していますが、呆れ果てた言い訳です。

「足利事件」では、「被告人と犯人との結びつきを示す証拠が、自白の他には、DNA型鑑定しか実質上存在しなかった」(中島宏「MCT118型DNA鑑定の証拠能力」判例時報1776号(判例評論519号)214-217頁(2002年))のです。ところが、最高裁裁判官が行ったことは、無実を主張し続けた被告人を嘘つき扱いして、真摯に被告人の弁解に耳を傾けることをせず、捜査官が菅家さんの髪を引っ張ったり足を蹴るなど暴行を加えた挙句に得た虚偽の自白を鵜呑みにし、当時から多くの批判があったDNA型鑑定((弁護側鑑定人によると)当時の科警研のDNA型鑑定は、「約185人に1人」の精度であったどころか、人によっては10人に2、3人程度という精度にすぎず、それ以前に科警研の鑑定技術が稚劣すぎて全く信用性に欠ける。)を鵜呑みにし、実質的にその2つだけで菅家さんを有罪にしてしまったのです。

ですから、「当時の証拠や全体の審理を踏まえた上で慎重に出した決定」であるわけがないのです。「嘘を付くのもいい加減しろ」と言いたくなります。憲法38条2項は、「強制、拷問……による自白……は、これを証拠とできない」としているにも関わらず、「足利事件」のように暴行を加えた上での自白であっても証拠として認めているという異常さを少しも異常と思わない人権感覚のなさが問題といえます。

「足利事件」に限らず、元々、裁判官・検事・弁護士出身のほとんどの最高裁判官は、事案を審理する能力を失っています。最高裁裁判官になる法曹出身者は、司法行政に長年携わるなどして実務から離れているか、また、弁護の実務は二の次にして、弁護士会内部の「長年の政治活動」の末の推薦の果てなのですから。ですから、実質的に最高裁の判決を出しているのは最高裁の調査官であって、事件を担当した最高裁調査官がどれほど優秀かどうかによって、判決内容が左右されるのです。もし、ご自身が本気で「当時の証拠や全体の審理を踏まえた上で慎重に出した決定」だと信じているのであれば、その元最高裁裁判官は正気ではないというべきでしょう。

死刑囚として初めて再審無罪となった免田栄さん(83)は4日、共同通信の取材に対し「今回の件が、人が人を裁く重さについて国民全体で考えるきっかけになればいい」と話しています。最高裁平成12年7月17日決定の裁判官である「亀山継夫、河合伸一、福田博、北川弘浩、梶谷玄」も、免田さんの言葉をよく噛み締めて猛省するべきです。



(3) 「足利事件」において冤罪を作り出した「原因」や17年半も無実の者を釈放できないでいる現状について、どのように報道しているのでしょうか? 6月4日~6日に至る新聞報道を幾つか紹介していきたいと思います。まずは、釈放された日(6月4日付)の新聞報道を幾つか紹介します。

2.報道記事として、朝日新聞と読売新聞を挙げておきますが、それぞれだけを見ると、違う事件のことではないかと思えるほどです。先に言うと、朝日新聞が菅家さん側に立った報道、読売新聞は捜査機関側に立った報道となっているからです。

(1) 朝日新聞平成21年6月4日付夕刊

 イ:朝日新聞平成21年6月4日付夕刊1面(14版)

足利事件 受刑者釈放へ 東京高検 再審開始 確定的に
2009年6月4日15時8分

 90年に栃木県足利市で当時4歳の女児が殺害された事件で無期懲役が確定した菅家利和(すがや・としかず)受刑者(62)の再審請求で、東京高検は4日、女児の肌着に残った体液のDNA型と菅家受刑者の型が一致しないとするDNA型の再鑑定結果を受けて、「新鑑定が無罪を言い渡すべき明らかな証拠にあたる可能性が高いと判断した」とする意見書を東京高裁(矢村宏裁判長)に提出した。あわせて菅家受刑者の刑の執行を停止する手続きを取った。この意見書により、再審が始まることは確定的になった。

 菅家受刑者は、00年の最高裁判決による有罪確定から9年ぶりに千葉刑務所から釈放されることになる。91年12月の逮捕・勾留(こうりゅう)からは約17年半がたっている。受刑者の体調不良などの場合を除いて、確定した受刑者の刑の執行が停止されるのは極めて異例だ。

 再審請求審では、弁護側、検察側がそれぞれ推薦した鑑定人2人が先月、いずれも「DNA型が一致しない」とする鑑定結果を高裁に報告した。高裁は、今回の高検の意見書も踏まえ、新鑑定の結果が「証拠の新規性」など再審開始の要件を満たすかどうかなどを判断するとみられる。

 検察関係者によると、高検は「不一致」の再鑑定結果を受けて、再鑑定で検出されたDNA型が、捜査の過程で誤って付着した汗などの可能性も否定できないため、当時の捜査関係者のDNA型と一致しないかどうかの確認作業を進めた。しかしいずれも一致せず、補充の捜査によっても鑑定結果を覆す判断材料は見つからなかったという。

 意見書の中で高検は、捜査員の体液が混じった可能性が否定された補充捜査の結果に加え、検察側が推薦した鑑定人の鑑定結果から、肌着のしみの3カ所から抽出したDNAがいずれも同一で、しかもそれは菅家受刑者のDNA型と一致しなかったことに言及。「肌着から抽出されたのは真犯人の体液だった可能性を否定できない」と結論づけた。ただ、弁護側推薦の鑑定人の鑑定結果については「検査方法に疑問があり、信用性に欠ける」と批判した。

 菅家受刑者は、警察庁の科学警察研究所(科警研)が91年11月に出したDNA型鑑定結果が決め手となって逮捕された。捜査段階では犯行を「自白」したが、一審・宇都宮地裁の公判以降は無罪を主張してきた。97年には弁護側が科警研の鑑定結果は「鑑定手法に問題があり信用できない」として、最高裁に再鑑定を要求。だが00年の最高裁判決は初めてDNA型鑑定の結果を刑事裁判の証拠として認めた。(河原田慎一)

     ◇

 〈足利事件〉 90年5月12日、足利市のパチンコ店駐車場から女児(当時4)が行方不明になり、翌日近くの渡良瀬川河川敷で遺体となって見つかった。栃木県警は、導入したばかりのDNA型鑑定で女児の着衣に付着していた体液と菅家利和受刑者(62)の体液が一致したとして、91年12月、同受刑者を殺人と死体遺棄の疑いで逮捕。同受刑者は無罪を主張したが、00年に最高裁で無期懲役判決が確定した。」



 ロ:朝日新聞平成21年6月4日付夕刊15面(4版)

逮捕から17年「判断遅すぎる」 足利事件・刑執行停止
2009年6月4日16時10分

 90年代初頭に実施されたDNA型鑑定の結果が再鑑定で覆されていた「足利事件」をめぐり、東京高検は受刑者の刑の執行停止という異例の判断に踏み切った。冤罪を訴え、早期の釈放を求めてきた弁護団からは評価する声が出る一方、判断が遅すぎるとの反発の声も上がった。

 東京・霞が関の東京高検では4日午前、渡辺恵一次席検事が、「刑の執行を停止する」などとしたコメントを淡々と読み上げた。

 「再審で無罪論告をするのか」と問われ、「釈放措置がすべてを物語っている」と否定しなかった。刑の執行停止については「厳しく受け止めている」と述べた。

 再審請求審では、検察側と弁護側がそれぞれ推薦した鑑定人2人が、どちらも「DNA型が一致しない」とする鑑定結果を出した。検察側は刑の執行は停止したものの、弁護側が推薦した本田克也・筑波大教授(法医学)の鑑定については「信用性に欠ける」と主張している。本田教授は「釈放は大変結構なことだ。しかし、なぜこのタイミングなのか。20ページ余りの鑑定書を読んで結論を出すのに、なぜ1カ月もかかるのか全く納得がいかない」と批判した。

 菅家利和受刑者(62)の弁護人を務める渋川孝夫弁護士は「良かったのひとことだ。検察にも良識があったのかと思う。ただ、本当なら、再鑑定の結果が出た時点で釈放すべきだった」と語った。佐藤博史弁護士は「誠に一方的で唐突な釈放。17年半も自由を奪った人に対し、自らの責任の重さを自覚しない行動だと思う」と声を荒らげた。

 弁護団によると、菅家受刑者は先月8日、「DNA型は不一致」とする鑑定書を千葉刑務所でガラス越しに見せられ、涙を流した。「一日も早く再審開始をしていただいて、一刻も早く出してもらって両親のお墓参りをしたい」と語ったという。

 4月11日付で、朝日新聞記者に寄せた手紙にも「私は無実」と繰り返し書かれていた。「再審開始になると信じて毎日すごしております」ともつづられていた。

     ◇

■足利女児殺害事件の経緯

90年5月 栃木県足利市内で女児が行方不明。翌日、渡良瀬川河川敷で遺体が見つかる

91年11月 警察庁科学警察研究所のDNA型鑑定で、菅家受刑者のものと「一致」との結論

  12月 菅家受刑者を逮捕・起訴

92年2月 公判で菅家受刑者が起訴事実を認める

  12月 菅家受刑者が被告人質問で一転、否認

93年7月 宇都宮地裁が求刑通り無期懲役判決

96年5月 東京高裁が菅家受刑者の控訴棄却

00年7月 最高裁が上告棄却、無期懲役判決が確定

02年12月 菅家受刑者と弁護団が独自のDNA型鑑定を新証拠に宇都宮地裁へ再審請求

08年2月 宇都宮地裁が再審請求を棄却。弁護団が東京高裁に即時抗告

  12月 東京高裁がDNA型の再鑑定を決定

09年5月 再鑑定の結果「不一致」との結論 」



《解説》 背景にDNA鑑定過信 

 DNA型鑑定が有罪認定の最大の根拠となっていた足利事件。今回、検察側が再鑑定の結果を受け入れ、再審が確定的になったことは鑑定の精度が進んだことを踏まえたものだ。一方でDNA鑑定への過信が、無理に「自白」を引き出した可能性も否めない。

 菅家受刑者は公判で「DNA鑑定を理由に、虚偽の自白を迫られた」と主張してきた。自白の信用性を認めた二審の東京高裁判決(96年)も「捜査員が鑑定結果を突きつけて、自白を得た」という事実は認定した。DNA鑑定の新鑑定により、自白の信用性に改めて疑問が生じている。

 取り調べの中で虚偽の自白が引き起こされることは他の事件の例を見ても明らかで、足利事件の再審が始まれば、どのような経緯で事実と異なる自白が生まれたのか、徹底的な検証が求められる。

 捜査段階の自白の信用性や任意性をめぐる争いは、裁判員制度でもなくなるわけではない。捜査当局は、取り調べの録画・録音の一部実施を既に進めているが、冤罪を二度と生まないための手段ととらえて、積極的に活用する必要がある。 (中井大助)」



問題点徹底検証を 

 東京経済大学現代法学部の大出良知教授(刑事訴訟法)の話 この事件は、そもそも強引な自白追及が行われ、無理な立件を、まだ制度に疑問のあったDNA鑑定で有罪にしてしまった経緯があり、当初から強い批判があった。精度の上がったDNA鑑定が新証拠になって、再審が行われるのは当然であり、そのことを認める以上、釈放も当然だ。新証拠による救済に終わらせないで、捜査、裁判にどのような問題があったかを徹底的に検証することが不可欠であり、このような新証拠のみに頼らない再審による誤判救済機能を高まることも必要だ。

精度、格段に上がる

 DNA鑑定が専門の小室歳信・日本大学歯学部法医学教授の話 90年代初めは、DNAの1つの型を見るだけの、鑑定の黎明(れいめい)期だった。現在は十数種類の型を分析するまでになり、格段に精度が上がっている。個人の特定がより厳密にできるようになり、異なる結果が出ることもある。当時の限界ある技術で証拠能力を認めたのは仕方ない部分もあるが、結果が異なった以上、検察当局が再審を容認したのも理解できる。」




(2) 読売新聞平成21年6月4日付夕刊。(6月4日付夕刊1面の記事は省略)

 イ:読売新聞平成21年6月4日付夕刊13面(14版)

検察、「無罪」認める 足利事件釈放へ

「前例ない事態」 再鑑定で刑の執行停止

 「無罪を言い渡すべき明らかな証拠だ」。栃木県足利市で女児が殺害された「足利事件」で、無期懲役が確定していた菅家(すがや)利和さん(62)が、1991年12月の逮捕以来、17年ぶりに釈放されることになった。4日中に服役先の千葉刑務所を出る。裁判のやり直しを求めた再審請求の即時抗告審で、検察が無罪を認める異例の判断を下したためだ。菅家さんは先月、無罪につながるDNA再鑑定結果を弁護団に知らされた際、「ありがとうございました」と涙を流したという。

 東京高検は4日午前10時半過ぎから、渡辺恵一・次席検事と、大野重国・公判部長が記者会見を行った。

 渡辺次席検事は終始硬い表情。用意した紙に目を通しながら、DNA型の再鑑定結果を受け入れ、菅家さんを釈放する判断に至った経過を説明した。

 再鑑定結果を受けた意見書の提出は12日が期限だが、渡辺次席検事は「鑑定結果の一つが、無罪を言い渡すべき明らかな証拠であることが否定しがたいと判断した以上、12日を待つことは適当ではないと判断した」と語った。

 報道陣から、菅家さんに対する今後の対応について聞かれると、「こうした事態に至ったのは前例のないことで、厳しく受け止めていると申し上げたい」と述べた。さらに今後、最高検と協議しながら、これまでの経過を検証する考えを明らかにした。

■法務省 驚きの声

 法務省では驚きの声が上がった。ある幹部は「過去の再審事例では、無罪が出てから釈放していたので、この段階で釈放するとはびっくりした」と驚きを隠さず、「今後は足利事件と同じ時期にDNA型鑑定を行った事件について、再審請求が増えるだろう」と予想した。

 「DNA型が一致し、ほかの証拠も集めたうえで起訴したのだから、当時の判断が間違っていたとは思わない」と話す幹部もいたが、別の幹部は「最新技術で鑑定した結果は覆せない。認めるところは潔く認めないといけない」と冷静に受け止めていた。

■弁護側「検察の英断」

 菅家さんの弁護人を控訴審から務めている佐藤博史弁護士(60)は「長い間待ち望んでいたことなので、大変うれしく思う。再審開始の決定を待たずに釈放することは、検察の英断だろう。しかし、なぜ長い間、DNA型鑑定の誤りや自白が虚偽だったことを、警察、検察、裁判所が見抜くことが出来なかったのか、検証するべきだ」と話した。

(2009年6月4日12時23分 読売新聞)」



当時の鑑定 検証が必要 警察庁

 警察庁にも4日午前、菅家利和さんの釈放が決まったという連絡が検察当局からあった。警察庁幹部は「東京高検が、他人のDNA型鑑定が検出したという再鑑定の結果を重く受け止めたということなのだろうが、この段階での釈放はあまりにも異例」と驚きを隠さなかった。

 栃木県警は今回、東京高検からの要請を受け、菅家さんを逮捕した当時の捜査員からDNAを採取、有罪の根拠の1つとなった女児の下着のシャツから検出された別人のDNAと鑑定を進めたが、一致しなかった。

 警察庁が、これまで栃木県警や科学警察研究所から当時の捜査や鑑定について聞き取った中、DNA鑑定の過程での人為的ミスや不適切な取り調べなどは確認されなかったという。ただ、今回、菅家さんが冤罪(えんざい)だったことが事実上、確定したことで、ある警察幹部は「当時の鑑定について改めて、その是非を検証する必要があるだろう」と話した。」



 ロ:読売新聞平成21年6月4日付夕刊13面(14版)

「絶対に謝って欲しい」 菅家さん、支援者い先月手紙

 菅家さんは2000年、最高裁に上告を棄却されて無期懲役が確定し、現在は、千葉市の千葉刑務所に収監されている。

 先月11日、DNA型の再鑑定の結果を受けて佐藤博史弁護士が同刑務所を訪れると、菅家さんは短い沈黙の後、静かに「ありがとうございました」と話したという。「よく頑張ったね」との佐藤弁護士の言葉には、黙って涙を流したという。

 1審判決によると、菅家さんは、栃木県足利市の出身。同市内の中学校を卒業して縫製工などを経て、1978年から保育園、事件が発生した90年からは、幼稚園のバス運転手として働いていた。

 菅家さんは先月6日付で支援者にあてた手紙では、事件当時のことを振り返り、捜査に対する憤りもつづっていた。

 それによると、91年12月1日の日曜日朝、突然、自宅を訪れた栃木県警の刑事に「お前は子供を殺したな」と迫られ、「やってません」と否定しても、女児の写真を示されて謝るよう求められたという。警察署では夜まで取り調べを受けて「お前が殺したんだな」「証拠がある」と追及され、菅家さんはだんだん怖くなって自供してしまった、と記している。

 菅家さんは手紙の中で、「警察と検察に絶対に謝って欲しい」とつづり、「警察は容疑者を捕まえると、犯人であろうとなかろうと、すぐに犯人にしてしまう。警察はメンツしか考えず冤罪(えんざい)を作ってしまう」などと訴えていた。

(2009年6月4日12時33分 読売新聞)」



 ハ:読売新聞平成21年6月4日付夕刊12面(14版)

DNA鑑定 冤罪晴らす 「自白」の検証必要に 

 戦後に発生した事件で死刑か無期懲役刑が確定した後、再審が開始されたのは5件。その多くは、有罪認定の柱となった血痕などの鑑定結果や自白の信用性が大きな争点となり、再鑑定が当初の鑑定結果を覆し、自白の信用性にも疑いを生じさせ、無罪につながるという流れだった。

 足利事件でも鑑定と自白の信用性が争点となったが、問題になったのは血痕などに関する鑑定に比べて、個人を識別する力が高いとされるDNA型鑑定だった。

 警察庁科学警察研究所が、殺害された女児の下着のシャツから検出されたDNA型と、菅家さんの型が一致するという鑑定結果を出したのは1981年。ところが、当時の鑑定精度は低く、シャツに付着した体液のDNA型と血液型が一致する確率は、 「約185人に1人」にすぎないことが、後に判明した。

 今回の再鑑定で最初の鑑定を覆す結論が出た背景には、DNA鑑定の精度が飛躍的に高まったという事情がある。再鑑定の結果は、自白の信用性も一気に突き崩した。

 川崎英明・関西学院大教授(刑事訴訟法)は「新鑑定が、旧鑑定の信用性を崩す構図はこれまでの再審事件と同じだが、DNA型鑑定は個人を識別する精度が高く、犯人であるかどうかはっきり示されるため、鑑定の結果1つで有罪の認定を揺るがすことになった」と分析。「結果的に自白もウソだったことになり、裁判官がなぜそれを信用できると判断したのか、検証するべきだ」と話す。

 足利事件の上告審は、DNA鑑定の証拠能力を認めた初の最高裁判例でもある。弁護団は上告審で再鑑定を求めたが、最高裁はこれを退け、DNA鑑定を「科学的に信頼される方法で行われた」と評価した。当時、精度の低いDNA鑑定に依拠して有罪と判断された事件はないか、検証が必要になる。

 また、菅家さんは取り調べの途中から「犯行」を自白し、公判でも自白と否認を繰り返した。裁判員裁判の施行で、取り調べの一部録音・録画が実施されているが、捜査当局には虚偽の自白を生まないさらなる方策が求められる。(稲垣信)」



他の事件に影響も 

 石山夫(いくお)・帝京大名誉教授(法医学)の話 「事件当時、科学警察研究所のDNA鑑定技術は専門家から見て極めて拙劣で、今回のように鑑定が覆る事態は当然起こりうると思っていた。今後、他の昔の事件でも、鑑定結果に異議を申し立てるケースが相次ぐのではないか。こうした事態を招いた科警研の責任は重い」

未確立鑑定を過信

 田淵浩二・九州大教授(刑事訴訟法)の話 「裁判所の結論を待たずに釈放を決めた検察の姿勢は公正で評価できる。当時のDNA鑑定は発展途上にもかかわらず、検察官や裁判官ら、この事件にかかわった法律家全員が、科学的に確立されていない証拠を過信したのが、冤罪を引き起こした最大の原因だ」


 イ:弁護人側の反応については、朝日新聞の記事だけを読むと検察当局へ批判的であるのに対し、読売新聞の記事だけを読むと、弁護人は「検察庁さん、異例の処置による『施し』をしてくれてありがとう」という好意的な気持ちを抱いているかのようです。
 
「足利事件」については、無期懲役が確定した菅家さんの弁護団は平成21年5月1日、検察が菅家受刑者を釈放しないのは不当で異議があると、宇都宮地裁に申し立てているのですから、弁護人としては、(表面的にはともかくとして)根本的には検察当局に対して好意的な評価はしているはずがないのです。読売新聞の紙面は問題があるというべきです。


 ロ:朝日新聞の記者が菅家さんから直接手紙を貰っているのに対して、読売新聞の記事では、記者ではなく、支援者に当てた記事を紹介しています。どうやら、読売新聞は、菅家さんから直接手紙のやり取りが出来るほど信頼されていなかったように推測できます。

読売新聞は、今回の記事に限らず、捜査機関側の動きや匿名コメントを克明に記事にしています。確かに、捜査機関の動きを知ることも大事なことかもしれません。しかし、本当に捜査機関側から聞いたとしても、強弁するものなど匿名コメントばかりを載せるようでは、「読売は捜査機関の犬なのか?」と読者にとっては読売新聞に対して信用性を損なうものであるといえます。多様な視点での報道という美名の下に、単に捜査情報を無批判に垂れ流しているだけに陥っているように思えます。


 ハ:解説記事のスタンスも違いがあります。ともに、自白の強要を防ぐ方策が必要としている共通点はあるものの、朝日新聞では、DNA鑑定への過信が問題であるとして、今回の事件の検証が必要であるとしているのに対して、読売新聞では、当時、精度の低いDNA鑑定に依拠して有罪と判断された事件の検証が必要となるとしています。スタンスとしては、いずれも妥当でしょうが、穏当なものに留まっています。

注目すべきは、専門家の意見でしょう。

朝日新聞では、東京経済大学現代法学部の大出良知教授(刑事訴訟法)は、「この事件は、そもそも強引な自白追及が行われ、無理な立件を、まだ制度に疑問のあったDNA鑑定で有罪にしてしまった経緯があり、当初から強い批判があった」と、有罪とした裁判所を糾弾し、「新証拠による救済に終わらせないで、捜査、裁判にどのような問題があったかを徹底的に検証することが不可欠」と結論付けています。

読売新聞の方では、石山夫・帝京大名誉教授(法医学)は、「事件当時、科学警察研究所のDNA鑑定技術は専門家から見て極めて拙劣で、今回のように鑑定が覆る事態は当然起こりうると思っていた」とし、「こうした事態を招いた科警研の責任は重い」と、科警研を厳しく批判しています。また、田淵浩二・九州大教授(刑事訴訟法)は、「当時のDNA鑑定は発展途上にもかかわらず、検察官や裁判官ら、この事件にかかわった法律家全員が、科学的に確立されていない証拠を過信したのが、冤罪を引き起こした最大の原因だ」と、こちらは検察官と裁判官(+当時のDNA型鑑定を肯定した、法律学者)を厳しく批判しています。

警察や検察に対して、厳しい批判が向けられるのは当然としても、裁判所、特に、「足利事件の上告審は、DNA鑑定の証拠能力を認めた初の最高裁判例でもある」のですから、最高裁に対して強い批判が向けられるべきなのです。




<追記>

東京新聞平成21年6月5日付朝刊26面から、東京高検の意見書を引用しておきます。

東京高検の意見書全文 
2009年6月5日

 【新鑑定について】被害者の半袖下着から抽出されたDNAと菅家利和申立人の身体から採取されたDNAが同一人に由来するか否かにつき鑑定が実施され、検察側鑑定人から「検査したDNA型の多くが異なるので、同一の人に由来しない」との鑑定書が提出されている。

 検察官としては、次の通り、同鑑定が刑事訴訟法に定める無罪を言い渡すべき明らかな証拠に該当することを争わない。

 鑑定人が実施した鑑定においては、本件半袖下着のDNA抽出個所に精液が付着していたか否かの検査がなされていない点で問題なしとしないが、捜査段階におけるDNA型等の鑑定(原鑑定)の際に切り取られた穴に隣接した外縁部からDNAを抽出していること、精子のDNAの抽出方法として適切な方法(最初に精子以外の細胞成分由来のDNAを除去した上で、次に精子を溶解する溶液を用いてDNAを抽出するという二段階法)が用いられていること、それらの外縁部のうち相互に若干離れた位置にある三カ所からいずれも同一のDNAの型が検出されたこと、逆にそれらの外縁部とは相当程度離れた位置にある個所からはDNA型が得られなかったこと、種々の調査・検討の結果によってもコンタミネーション(混入)の可能性を確認することができなかったことなどに照らすと、鑑定において本件半袖下着から抽出されたDNAが本件犯人に由来する遺留精液であった蓋然(がいぜん)性を否定することはできない。

 また同鑑定にはDNA型判定の手法などの点でも特段の問題は認められない。

 従って同鑑定が再審開始の要件である無罪を言い渡すべき明らかな証拠に該当する蓋然性は高いといわざるを得ない。

 なお本件については弁護側鑑定人からも鑑定書が提出されているところ、鑑定人が実施した鑑定については、検査の方法などについて疑問があり、全体的に信用性に欠けるものであることから、この点については、別途科学警察研究所の意見書とともに、即時抗告審に意見書を提出する。

 【再審開始について】以上の通り、検察側鑑定人による鑑定は刑訴法に定める無罪を言い渡すべき明らかな証拠に該当する蓋然性が高いので、本件再審の開始については、裁判所において、しかるべく決定されたい。

 追って、申立人の刑の執行を停止するのが妥当と判断し、本日、宇都宮地検において刑訴法に基づき、申立人の刑の執行を停止する手続きを取ることにするので、その旨申し添える。」


この意見書は、東京高検が再鑑定を素直に認めた点で評価できるものです。しかし、弁護側鑑定書に対してだけ批判的なのが、実に奇異な点です。

「再鑑定では、検察、弁護側双方が推薦した2人の学者が、穴の周囲を左右に分けて検体を採取した」(読売新聞平成21年5月14日付朝刊35面(14版))ことから分かるように、検察、弁護側双方が推薦した2人の学者は、一部とはいえ協力して鑑定した経緯があるのですし、鑑定手法としても極めて慎重なものです(「足利事件」の再審請求の即時抗告審(上)~再鑑定によりDNA型が不一致と判明」(2009/05/14 [Thu] 23:59:23)参照)。もちろん、両鑑定とも、被害者と菅家さんのDNA型が不一致だったという結論も同じなのです。

検察官が推薦した鑑定人は、当時の鑑定について「刑事司法に適用する科学技術としては標準化が達成されていなかった」と述べ、弁護人推薦の鑑定人は、「いかなる偶然性を排除しても、両者に由来する個人が同一である可能性はあり得ない」としていたとしていることから分かるように、科学警察研究所の鑑定技術の拙劣さを厳しく批判していることさえも同じなのです。

ですから、一方のみを信用できないという東京高検の意見書は根拠に乏しいというべきです。弁護側鑑定人が6月5日、あるラジオ番組において「科学警察研究所の鑑定技術の拙劣さを厳しく批判したため、当て付けで批判したのだろう」といった趣旨のことを述べていましたが、その通りだといえます。


テーマ:法律全般 - ジャンル:政治・経済

裁判例 *  TB: 66  *  CM: 1  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/06/06 Sat 17:44:06
| #[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokonisonnzaisuru.blog23.fc2.com/tb.php/1804-1213a920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
????ä??Τи?????Ф??θ???λ?????????θ???º??Ф?İ????λ??Τ???ΤФ?顢????衢??餺餬??Τи????????С??ô??????...
2009/06/13(土) 11:45:44 | ?Τδ
プロレスラー三沢光晴 リングで死亡!バックドロップで頸髄(けいずい)離断!
2009/06/16(火) 15:52:25 | 三沢光晴 リングで死亡!試合の映像を分析
三沢光晴よさらば!斎藤彰俊涙の土下座!バックドロップ連続写真の週刊プロレス大増刷
2009/06/21(日) 12:43:48 | 三沢光晴よさらば!
金八先生出演のジャニーズJr.榎本雄太が逮捕された
2009/06/23(火) 16:55:12 | 金八先生出演のジャニーズJr.逮捕される
「現在、ココログにおいて、サービスが正常にご利用できない状態が発生しております。
2009/07/01(水) 08:24:30 | ココログ終了のお知らせ!?
お別れ会~さようなら三沢光晴!追悼番組も
2009/07/02(木) 14:55:55 | お別れ会~さようなら三沢光晴!追悼番組も
【回避パッチ】ドラゴンクエストIX 星空の守り人【マジコン】
2009/07/11(土) 21:52:06 | 【回避パッチ】ドラゴンクエストIX 星空の守り人【マジコン】
ドラゴンクエスト9(?)すでにプロテクト解除!データもダウンロード可能?マジコン
2009/07/18(土) 02:05:33 | ドラゴンクエスト9(?)マジコン対策パッチ回避コード
未公開シーンも!hitomi フルヌード写真集「LOVE LIFE2」
2009/07/22(水) 10:22:56 | hitomi フルヌード写真集「LOVE LIFE2」
ミス・ユニバース日本代表下半身丸見え!もはやポルノ女優か!?
2009/08/01(土) 16:46:03 | ミス・ユニバース日本代表のエロすぎる衣装に抗議殺到
これで最強!経験値 9999999、HP・MP回復、会心の一撃、小さなメダル999個、所持金999
2009/08/02(日) 05:01:57 | ドラクエ9?ドラゴンクエスト9?攻略法R4マジコンパッチ回避コードフリーク錬金
白鯛万由子も仰天!ケツ毛バーガー事件が小説に!次は映画化か!!
2009/08/04(火) 21:36:40 | ケツ毛バーガー事件が小説に!
行方がわからなくなっている酒井法子!山梨・南巨摩郡で酒井さんの携帯電話の微弱電波
2009/08/06(木) 17:28:41 | のりピー今いずこ・・
失踪中の酒井法子のりピー に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕状!山梨・南巨摩郡に?
2009/08/07(金) 17:21:43 | 行方不明の酒井法子のりピー 逮捕!?
行方不明の酒井法子に逮捕状!クラブでの動画・画像流出!まだのりピー発見されず失踪
2009/08/08(土) 22:18:27 | 酒井法子のりピーに逮捕状!クラブでの動画・画像流出!
酒井法子のりピーが逮捕された。容疑を認めているらしい。ブリブリにキメている映像発
2009/08/09(日) 23:52:28 | 逮捕!酒井法子のりピー ブリブリにキメている映像発見
逮捕されたが不起訴!?酒井法子サイバー・ノリPクラブでブリブリにキメてトランスDJ
2009/08/13(木) 06:27:06 | 逃げ切りか!?酒井法子 サイバー・ノリP クラブでトランスDJ
押尾学が殺した女性?銀座「ジュリア」ホステス「麗城あげは」(田中香織)ネット上(2
2009/08/15(土) 02:59:48 | 押尾学が殺した女性?銀座「ジュリア」ホステス「麗城あげは」(田中香織)
酒井法子(のりピー)の裁判員制度広報用映画「審理」がオークションで高値取引されて
2009/08/15(土) 19:10:14 | 酒井法子 裁判員制度映画「審理」オークションで高額落札
グラビアアイドル、ローラ・チャン(陳怡)の最新水着ショット公開 しかも全裸で海を
2009/08/15(土) 22:57:26 | ローラ・チャン(陳怡)最新水着ショット公開
芸能界薬物汚染「全リスト」一挙大公開!さらに押尾学事件の女性 銀座「ジュリア」ホ
2009/08/17(月) 05:52:27 | 押尾学逮捕で再考 芸能界薬物汚染「全リスト」一挙大公開
酒井法子(のりピー)がクラブで踊り狂い!これクスリの効き過ぎなんじゃ・・・
2009/08/22(土) 03:00:24 | サイバーのりピー!タトゥーで裸で踊りすぎ!
嫁の乳をもんだら、思いっきりテレビに映っちゃいました
2009/08/22(土) 05:19:35 | 嫁の乳をもんだらテレビ放映された
押尾学 海外ドラッグSEX 死の淵さまよう フライデー
2009/08/22(土) 16:34:38 | 押尾学 海外ドラッグSEX 死の淵さまよう【動画】
加護亜依 写真集「金曜日」発売 ノーブラ&生パン姿を大公開中
2009/08/23(日) 11:47:01 | 加護亜依 ノーブラ&生パン写真集「金曜日」
ニコニコ動画で全裸オナニー生配信の募金活動!実話だからすごい!
2009/08/23(日) 16:37:54 | ニコニコ動画 生配信者 まつちゃん 全裸で募金活動!
ノーブラ生パン写真集 金曜日 でか乳首も公開の加護亜依にAVデビューのうわさ
2009/08/30(日) 17:32:46 | 加護亜依 MUTEKIからAVデビューのうわさ
藤原紀香が主演ミュージカル「キャバレー」でセクシーボンデージなガーター姿を大公開
2009/08/31(月) 13:46:21 | 藤原紀香セクシーボンデージなガーター姿
心臓が見えた!?おぞましすぎる猿虐待の真実!プロレスドラゴンゲート
2009/09/04(金) 03:35:10 | 虐待なんてレベルじゃねーぞ!プロレスドラゴンゲートのサル虐待
おぞましすぎる猿虐待の真実!プロレスドラゴンゲートのCIMAら4人
2009/09/04(金) 18:53:19 | 心臓が見えた!爆発炎上で大火傷!ドラゴンゲートの猿虐待
2749人が死亡したアメリカ 同時多発テロ事件から8年の歳月が流れ明かされる衝撃の真実
2009/09/06(日) 08:50:55 | 911 アメリカ 同時多発テロ事件の真実
自らコスプレ チアリーダー姿のパンチラ画像も? ペンネーム渋谷有栖(ありす)SMクラブの女王様やソープ嬢らにインタビュー
2009/09/06(日) 19:06:45 | 小沢ガールズ 田中美絵子 コスプレ風俗ライターだった
9年連続200安打 シアトル・マリナーズのイチロー逮捕!?
2009/09/12(土) 11:11:51 | 【200安打】 イチロー逮捕される! 【記録】
数十人の小学校女子児童に暴行し懲役30年の元教師が投稿した動画を発見
2009/09/17(木) 14:37:56 | レイプ魔は元教師 小学校女子児童を暴行し動画投稿
??9/20(),21(),22(),23(),?2,000? ĮΥ??? ??å
2009/09/22(火) 10:45:46 | Į??å
昭和のスーパーアイドル、ピンクレディー復活!懐かしの画像や動画
2010/09/05(日) 08:13:32 | ピンクレディー復活!
2749人が死亡したアメリカ 同時多発テロ事件、今明かされる衝撃の真実
2010/09/06(月) 19:46:06 | 911 アメリカ 同時多発テロ事件の真実
AKB48メンバー欲求不満説急浮上!メンバー同士でキス!いやらしいお触りも
2010/09/08(水) 08:17:47 | 【レズ】AKB48いやらしい画像動画 【キス】
シングル「ずっと 前から」でデビューのフレンチ・キスが衝撃告白!
2010/09/15(水) 07:22:47 | キスしまくり!AKB48
第11回東京ガールズコレクションで盗撮!沢尻エリカ、AKB48も?
2010/09/15(水) 22:21:54 | 東京ガールズコレクションで盗撮されたのは誰?
昭和のスーパーアイドル、ピンクレディーが復活!懐かしの画像や動画
2010/09/15(水) 22:23:06 | ピンクレディーが復活!
北川景子アサヒビールくつろぎ仕込CMで男の股間をさわりまくり
2010/09/19(日) 17:59:42 | 北川景子アサヒビールくつろぎ仕込CMで男の股間をさわりまくり
紗綾【激レア動画】入江紗綾、岡田留奈、ジェシカ 「SWEET KISS」
2010/09/20(月) 17:41:57 | ヒッツ!・リミテッド紗綾16歳
浜崎あゆみファッション誌ViViで初の大胆ヌードショットを公開
2010/09/21(火) 10:19:27 | 浜崎あゆみ初のヌード大公開
辻希美がブログでお尻大公開!削除されたが画像を発見 でもこのお尻なんだか・・・
2010/09/21(火) 16:41:18 | 辻希美 ブログでお尻大公開しちゃった
お水な雰囲気炸裂中の恋のから騒ぎ遠藤美沙紀パンチラ
2010/09/21(火) 16:47:13 | 恋のから騒ぎ 遠藤美沙紀 もはや変身そしてパンチラ
AKB48SKE48NMB48勢ぞろいパンチラ運動会か?アイドル運動会・水泳大会が復活!
2010/09/26(日) 03:00:56 | アイドル運動会・水泳大会が復活!
AKB48前田敦子の乳首画像とパンチラと激似AVと・・画像とか動画とかあります
2010/09/26(日) 19:18:21 | AKB48前田敦子の乳首画像とかパンチラとか激似AVとか
辻希美がブログでお尻大公開!削除されたが画像を発見 でもこのお尻いまいち・・
2010/09/26(日) 20:00:27 | 辻希美 ブログでお尻大公開
ヒッツ!・リミテッド紗綾16歳と【激レア動画】入江紗綾、岡田留奈、ジェシカ 「SWEET KISS」 での成長具合の比較したりとか
2010/09/27(月) 11:30:35 | ヒッツ!・リミテッド紗綾16歳と激レア動画発見
クリスマスプレゼントの選び方とお得な購入術
2010/11/25(木) 06:49:23 | 2010クリスマスプレゼントの選び方
インターネットでかせぐことはできるのか?内職!お小遣い稼ぎ
2010/11/25(木) 23:11:30 | ネットで内職!お小遣い稼ぎに挑戦
Yahoo!検索ランキングの検索数急増キーワードを紹介する、「急上昇ワードランキング」に登場した「エヴァカフェ」
2011/08/14(日) 02:06:20 | Yahoo!検索ランキングの急上昇のエヴァカフェ?
「おはよ~おかえり~」AKB篠田麻里子・渡辺麻友・板野友美・高橋みなみ・柏木由紀のボイスで!
2011/08/16(火) 01:18:30 | AKB48と同棲!ボイス部屋が登場
東城えみデリヘル嬢デビュー!過去のAV出演動画も!
2011/08/19(金) 03:14:52 | 美人女子プロレスラー東城えみ名古屋でデリヘル嬢に
島田伸助 芸能界引退会見と真相 暴力団関係者となにが?吉本クリエイティブエージェンシー 動画/画像
2011/08/24(水) 07:36:43 | 島田伸助が芸能界引退会見 暴力団関係者?と関連?熊田曜子流出は?
のび太としずかちゃんの混浴(ドラえもん付)動画発見!エッチすぎるしずかちゃん
2011/08/26(金) 01:03:34 | これなんてリアルドラえもん!混浴実写映像と同人誌やAV
BALLAD 名もなき恋のうた クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦 草?剛 新垣結衣 武井証 夏川結衣 斉藤由貴
2011/08/27(土) 08:57:29 | 「BALLAD名もなき恋のうた」「アッパレ!戦国大合戦」
現役グラビアアイドル星美りかMUTEKI(ムテキ)でAVデビュー動画・画像
2011/08/28(日) 16:35:07 | 星美りか MUTEKIデビュー 着エロからAVへ!
ジウ警視庁特殊犯捜査係で黒木メイサ放送事故クラスのベッドシーン!裸を公開動画視聴率激上がり
2011/08/28(日) 17:38:24 | 黒木メイサ裸!ドラマジウ警視庁特殊犯捜査係!画像
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 TV版と、エヴァにまつわるエロイネタ、動画、画像、AVなど
2011/08/29(月) 09:11:48 | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 TV版とエッチな画像・動画
篠原涼子 映画アンフェアtheanswerで全裸濡れ場ヌードシーン動画/画像
2011/09/01(木) 11:48:53 | 篠原涼子 映画アンフェアtheanswerで全裸濡れ場シーン動画/画像
裸画像流出のセクシー歌手リアーナ、18禁セックスビデオ流出!
2011/09/01(木) 16:41:07 | セクシー歌手リアーナ セックスビデオ流出騒動
佐々木希エロすぎwヤンキー時代の画像・エロ動画
2011/09/02(金) 14:02:47 | 【画像】 佐々木希エロすぎwwwwwwwwwwww
落ちぶれた国民的アイドル松浦亜弥がヘアヌードで起死回生!
2011/09/02(金) 14:19:40 | 松浦亜弥がヘアヌード写真集 子宮内膜症
映画「きみはペット」チャン・グンソクとキム・ハヌル主演で実写化
2011/09/02(金) 18:58:43 | 【韓国】映画「きみはペット」主演チャングンソク 動画/画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。