FC2ブログ
Because It's There
主に社会問題について法律的に考えてみる。など。
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/03/15 [Sun] 16:24:48 » E d i t
検察によるリーク情報ばかりが報道される一方で、民主党の小沢代表秘書逮捕を機に検察への批判が、野党内で広がっている中、毎日ホール(毎日新聞東京本社・地下1階)で平成21年3月15日(日)19時30分から、「青年将校化する東京地検特捜部~小沢第一秘書逮捕にみる検察の暴走~」 という緊急シンポジウムが開かれます。
(3月16日追記:報道記事について、引用しました。永野義一氏は、欠席しましたが、郷原信郎氏が飛び入り参加していますし、「とくらブログ」の戸倉多香子さんが会場から発言しています。)


「青年将校化する東京地検特捜部~小沢第一秘書逮捕にみる検察の暴走~」

■日程:3月15日(日)
19:30~21:30

■講師 
魚住昭
佐藤優
鈴木宗男(衆議院議員/新党大地代表)
田原総一朗
永野義一(弁護士/元東京地検特捜部副部長・元最高検検事)
平野貞夫 (元参議院議員)
宮崎学

■コーディネーター:二木啓孝

■主催:フォーラム神保町

■会場:毎日ホール 毎日新聞東京本社 地下1階(東京都千代田区一ツ橋1-1-1、地下鉄東西線・竹橋駅)



このシンポジウムは、「フォーラム神保町」のHPにおいて、インターネットでライブ放送する予定です(開始10分前頃から放送開始)。

西松建設献金事件に関しては、リーク情報を無条件に鵜呑みにしたような記事ばかりが目に付き、「本当に立証できるのか、検察は説明責任を果たすべき」など正面から検察批判を行う識者(特にジャーナリスト)は少ないのですが(「西松建設献金事件:検察庁は、リーク情報による情報操作は止めて「公の場で説明責任」を果たすべきではないか?」(2009/03/14 [Sat] 23:59:27)参照)、やっとシンポジウムという形でやる気になったようです。

関心のある方は、直接、毎日ホールへ出向くか、インターネット中継を聞くことをお勧めします。このシンポジウムについて、記事にするような報道機関があれば、記事を紹介するなど追記をしていきたいと思います。



<3月16日追記>

多くの報道記者が集まったと聞いていますが、報道したのは、わずかNHK、朝日新聞だけだったようです。2つしか取り上げないとは思いもしませんでしたが、こうした検察批判を記事できるかどうかは、報道機関としての矜持をもっているかどうかを示しているように思えます。

(1) NHKニュース(3月16日 0時34分)

“検察は経緯を説明すべき”

3月16日 0時34分
 西松建設の政治献金をめぐる事件で、民主党の小沢代表の公設秘書が逮捕されたことを受けて、作家などによる討論会が開かれ、北海道の地域政党・新党大地の鈴木宗男代表は「国策捜査と思われてもしかたなく、検察側は事件の経緯を説明すべきだ」と述べました。

 討論会には、西松建設の政治献金をめぐる事件の捜査に批判的な立場の作家や、評論家に加え、それに民主党などの国会議員も参加しました。

 この中で新党大地の鈴木代表は「『なぜ、この時期に』というのが率直な気持ちだ。権力が水面下でつながっている印象を与え、国策捜査と思われてもしかたない。検察側は進んで捜査の経緯を説明すべきだ」と批判しました。そのうえで鈴木氏は「いわゆる『形式犯』の政治資金規正法違反で小沢氏の秘書が起訴されるだけならば、検察への世論の批判が出てくる」と指摘しました。

 また、ほかの出席者からも「検察側の承認を受けなければ政権が取れない『検察主導政治』の始まりだ」といった批判が出されました。

 また、会場を訪れた民主党の石井副代表は「小沢氏の政権交代の実現への気持ちはものすごく強いが、いちばん気にしているのは世論の動向だ。世論がどう動くかで小沢氏の進退も決まるのではないか」と述べました。」



(2) 朝日新聞平成21年3月16日付朝刊2面

ジャーナリストら検察捜査批判のシンポ
2009年3月16日1時39分

 違法献金事件での小沢民主党代表の公設秘書逮捕をめぐる捜査手法をテーマにしたシンポジウムが15日夜、東京都内で開かれた。「青年将校化する東京地検特捜部」と題し、ジャーナリストの田原総一朗氏や二木啓孝氏、新党大地代表の鈴木宗男衆院議員、作家の佐藤優氏、平野貞夫・元民主党参院議員らが参加した。

 メディア関係者の研究会「フォーラム神保町」の主催。田原氏は「民主党代表に深刻なダメージを与えた。乱暴きわまりない。政治資金規正法だけでの起訴なら検察の敗北だ」と批判。飛び入り参加した特捜部OBの郷原信郎氏は「政治的影響を与える時期にありえないことが起きている。検察はこれほど重大なことになると予想していなかったのではないか。(捜査は)泥沼にはまりかけている」と指摘した。」



テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

事件 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokonisonnzaisuru.blog23.fc2.com/tb.php/1737-af30f502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。