FC2ブログ
Because It's There
主に社会問題について法律的に考えてみる。など。
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/05/02 [Fri] 05:23:47 » E d i t
衆院山口2区補欠選挙は4月27日、投開票され、民主党前職の平岡秀夫氏(54)=社民党推薦=が自民党新人で元国土交通審議官の山本繁太郎氏(59)=公明党推薦=を約2万2000票差という大差で破り、4回目の当選を果たしました。(開票直後に当確が出るほどの大差でした)

この与党の敗因は、投票率の高さと、後期高齢者医療制度であると言われています。


1.東京新聞平成20年4月28日付朝刊1面

民主、自民に大勝 衆院山口2区補選 医療、道路 追い風
2008年4月28日 朝刊

 福田政権発足後初の国政選挙となった衆院山口2区補欠選挙は二十七日投開票が行われ、民主党の前衆院議員で社民党推薦の平岡秀夫氏(54)が、二万一千票余りの大差をつけ自民党新人で公明党推薦の元内閣審議官山本繁太郎氏(59)を破り、四回目の当選を決めた。民主党との一騎打ちに敗れた福田康夫首相(自民党総裁)は、次期衆院選に向け求心力の低下は必至。 

 一方、民主党は、与野党逆転を果たした昨夏の参院選に続き「民意」が示されたとして「ねじれ国会」の主導権確保を図る。選挙戦で自民党は地方経済活性化を軸に主張を展開。民主党は暫定税率の復活阻止に加え、新医療制度廃止を訴えた。こうした政策をめぐる福田政権への不信感が民主党の勝因とみられる。

 投票率は69・00%で、参院選と同日実施だった昨年七月の衆院熊本3区補選を除き、単独で実施した補選の投票率としては二〇〇〇年の統一補選方式導入以降で最高。〇五年の前回衆院選と比べると3・45ポイント下がった。

 岩国市長に就任した自民党の福田良彦前衆院議員の辞職に伴う補選。前回衆院選で平岡氏は福田氏に敗れ、比例代表中国ブロックで復活当選していた。比例復活組が補選で小選挙区へくら替え当選したのは、現行の選挙制度では初めて。

    ◇

 衆院山口2区補選の結果を受けた衆院の党派別勢力分野は次の通り。(無所属には正副議長を含む)

 自民党三〇四▽民主党・無所属クラブ一一四▽公明党三一▽共産党九▽社民党・市民連合七▽国民新党・そうぞう・無所属の会六▽無所属九」


こうして、民意はガソリン税(揮発油税など)の暫定税率復活や後期高齢者医療制度に反対していたからこそ、民主党議員の圧勝となったのです。

しかし、ガソリン税(揮発油税など)の暫定税率復活を含む改正租税特別措置法は4月30日夕の衆院本会議で、与党の3分の2以上の賛成で再可決、成立しました。民主、社民、国民新の野党三党は再可決に抗議して欠席し、自民、公明の与党議員は全員賛成しました。

そして、政府は成立直後に臨時閣議を開き、5月1日に施行する政令を決定し、ガソリン1リットル当たり25・1円の暫定税率は1カ月ぶりに復活し、給油所によっては5月1日未明、小売価格が値上がりしました。要するに、福田政権は、衆院山口2区補欠選挙での民意を無視したのです。




2.では、自民党政権は後期高齢者医療制度を廃止する気はあるのでしょうか?

「年金天引きは便利」 新医療制度で町村氏

 町村信孝官房長官は1日午前の記者会見で、後期高齢者医療制度(長寿医療制度)で批判が強い年金からの保険料天引きに関し「慣れてくれば便利な制度だ。銀行送金などの手間を省いている」と述べ、見直しの必要はないとの認識を示した。

 同時に「年金制度の問題を背景にした反発があったのだろう。年金の信頼を取り戻せば天引きは定着する制度だと思う」と強調した。

2008/05/01 12:24 【共同通信】


町村官房長官は廃止どころか、見直す気もないことを明言しています。しかも、多額の年金天引きや世帯での保険料の増加など、ほとんどの国民が反発を感じているのに、町村官房長官は、「年金天引きは便利」などと能天気なことを言ってのけるのです。

町村官房長官は、常日頃、国民が反発するような発言を繰り返していますが、これもまた心底から腹が立ってくる発言です。つくづく自民党は腐り切っていると感じます。

自民党や公明党の議員は国民の危機感をまるで分かっていないようですが、後期高齢者医療制度について、国民の多くが抱いている意識を巧みに表現したエッセイを2つ紹介しておきます。


3.エッセイを幾つか。

(1) 日経新聞平成20年4月30日付夕刊24面「自由席」

「後期高齢者」の悔しさ

 大滝秀治、奈良岡朋子、中村梅之助、大塚道子、森光子。思いつくまま挙げたこれらの人たちは舞台で力強く活躍する「後期高齢者」の俳優である。

 この官僚言葉を演劇界にあてはめてみて改めて気がついた。少年少女、あるいは青春時代は戦争で真っ暗、敗戦で転落した社会で懸命に芝居を続けた人ばかりだ。

 ことは演劇界だけの話ではなかろう。75歳以上の「後期高齢者」の人生には戦争のかげがある。この言葉が為政者の想像を超えた反発を生む理由にはそのことが深くかかわっていないか。そう感じたのは、小沢昭一の「唄って語って僕のハーモニカ昭和史」を紀伊国屋ホール(30日で終了)で見たときだった。

 79歳になった小沢は「僕も後期高齢者」とやって、同世代が目につく客席と一気に一体化。海軍兵学校で教習を受けるうちに終戦を迎えた個人史を流行歌や得意のハーモニカを交えて語る。同じ舞台を6年前にも見ているが、今回のシリーズは客席との連帯感が格段に増していた。

 軍国少年だった小沢自身、お国のために死ぬのは当たり前と思っていた。「みんなが寄ってたかって死ね、死ねっていうんですから」と語りに力が入ると、会場にすすり泣きが広がった。

 かつて国に死ねといわれた世代が今になって「後期高齢者」と政府から名指しされたら……。

 小沢も観客も、温かく顧みられない同世代の悔しさをかみしめたのではなかったか。たかが言葉、されど言葉だ。(内)」



(2) AERA 08.5.5(20号)94頁「村薫『平成雑記帳』第37回」

「後期高齢者」とは何か。大戦前夜のナチスによるユダヤ人隔離を思い出す。

 精神的に荒廃してゆく社会とはこういうことを言うのだろう。75歳以上の後期高齢者を、家族からも社会からも切り離し、専用の医療制度枠で一括する。ただでさえ体力も気力も理解力も低下している高齢者たちが、中身を読んでもさっぱり理解できない通知書を手に、役所や病院の窓口でおろおろする。4月に始まったこの光景を遠巻きに眺めながら、大戦前夜のナチスによるユダヤ人隔離のようだ、と思った。

 もとより年金生活を送る高齢者は生産性がなく、消費力もなく、病気と介護で金ばかりかかる。一律の国民皆保険制度では、若い世代の納めた保険料を高齢者たちが食い潰(つぶ)し、高齢者入口の増加による医療費の増大は天井知らずとなって、国の財政を圧迫する。こうなると長寿も程度もので、社会福祉費はなんとしても抑制する必要がある。依(よ)って、後期高齢者には自分たちが社会のお荷物であることを、そろそろ自覚してもらうほかなかろう――これが政治家と役人たちの本音なら、ほとんど優生思想というものであり、薄気味悪い末世を見る思いがする。

 現にこの新しい後期高齢者医療制度では、低所得者の経済的負担もさることながら、徐々に受けられる医療が制限されてくるだろうとも言われている。かかりつけ医に聴診器を当ててもらってすむ病気なら心配はないが、紹介状なしにはおいそれと病院に行けなくなるらしいし、そうなると、十分な検査や治療を受ける機会が減り、手術や入院も減り、結果的にこれまでより短命となる高齢者が増えて、国や自治体の財政に貢献することになるのかもしれない。少子化により、百年後には総人口がいまの半分になるという予測には、こうした後期高齢者の早死にも含まれているのか、どうか。

 医療の進歩で、脳梗塞(のうこうそく)や心臓病や癌(がん)などもこれからますます治る病気になってゆく時代に背を向けて、後期高齢者医療制度が向かう先は、やはりゲットーのようなものだ、と思う。高度医療の恩恵を受けられるのは75歳未満の国民であり、それ以上の後期高齢者は開業医ですませよ。一昔前なら死んでいたはずの年齢なのだから、これ以上の長寿は積極的には支持しない。入り口にはそんな告知板がかかっていそうである。

 さて、読者諸氏はこんな高齢者の未来を受け入れる覚悟はあるか。私にはない。医療の高度化や延命措置の進化を手放しで歓迎するわけではないし、生命につきものの寿命を直視する理性はもちたいと思うが、社会全体で高齢者や障害者を支える近代の福祉国家の理念を捨てるような勇気はない。また、労働力にならない人間を貶(おとし)めるような空気に耐える自信もない。これは、生死より大事な人間の尊厳の問題である。国民皆保険制度というなら、本来は消費税で解決すべきところ、国は面倒な税制改革を先送りし、代わりに国民の餞別に手をつけた。これこそ、この後期高齢者医療制度が、先進国のどこにも例がない所以(ゆえん)である。

たかむら・かおる◆1953年、大阪生まれ。93年、『マークスの山』で直木賞。『レディ・ジョーカー』『晴子情歌』など。「新潮」で「太陽を曳く馬」を連載中。」




(3) この2つのエッセイを読めば、「後期高齢者医療制度」に対する市民の側の危機意識がどれほどのものか分かるはずです。

  イ:日経新聞「自由席」のエッセイも強烈です。

「軍国少年だった小沢自身、お国のために死ぬのは当たり前と思っていた。「みんなが寄ってたかって死ね、死ねっていうんですから」と語りに力が入ると、会場にすすり泣きが広がった。

 かつて国に死ねといわれた世代が今になって「後期高齢者」と政府から名指しされたら……。

 小沢も観客も、温かく顧みられない同世代の悔しさをかみしめたのではなかったか。たかが言葉、されど言葉だ。」


戦争中、国に死ね、死ねといわれた世代が今になってまた、「後期高齢者」と政府から名指しされ、死ね、死ねと言われるのか……。そんな不合理なことがあってたまるか! 

こんな不合理制度であるからこそ、日本の市民は激烈に反発を感じているのです。町村官房長官はまるで、そんな反発を無視して「天引きは便利」などと惚けたことを言うのですから、町村氏は「黙って死ね」と言っているようなものです。

79歳になった小沢正一氏とは「僕も後期高齢者」とやって、同世代が目につく客席と一気に一体化したとあります。これは小沢昭一氏の舞台だからというわけではなく、他の場合でも同じです。寄席などに限らず、高齢者が集まる場所ではどこでも後期高齢者医療制度への反発は大変厳しいのです。


  ロ:村氏が後期高齢者医療制度に対して抱く危機感も、相当なものです。

役所や病院の窓口でおろおろするご老人たちは、まるで「大戦前夜のナチスによるユダヤ人隔離のようだ」とか、「後期高齢者医療制度が向かう先は、やはりゲットーのようなものだ」、と思わざるを得ない状況なのです。

「高度医療の恩恵を受けられるのは75歳未満の国民であり、それ以上の後期高齢者は開業医ですませよ。一昔前なら死んでいたはずの年齢なのだから、これ以上の長寿は積極的には支持しない。入り口にはそんな告知板がかかっていそうである。」


アウシュヴィッツ-ビルケナウ強制収容所ほか、各地の入り口の掲げられた標語は、「働けば自由になる」でした。これとさほど変わらない内容の告知板を、福田政権は、75歳以上(の高齢者の面前に掲げて見せたわけです。

自民党と公明党の議員は、こんな市民の生死に関わるほどの危機感をまるで無視しているのですから、国会から全員消滅してもらうしかありません。多くの市民が後期高齢者医療制度の廃止、自民党政権の終焉を訴え、大きく声を上げるべきです。




なお、後期高齢者医療制度については、
「「後期高齢者医療制度」に対する不安・批判が続出~「現代の姥捨山政策だ」 (東京新聞4月4日付「こちら特報部」より)」(2008/04/07 [Mon] 05:07:58)
「後期高齢者医療制度の天引き始まる(「4・15ショック」)~衆院山口2区補選では、後期高齢者医療制度の是非が問われている!」(2008/04/17 [Thu] 23:02:47)
「いいかげん、あの国をモデルにするのはやめませんか?~東京新聞4月25日付「文化」面(僧侶・作家の玄侑宗久さんのエッセイより)」(2008/04/27 [Sun] 02:22:16)
でも触れています。こちらもご覧ください。


テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

政治問題 *  TB: 8  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokonisonnzaisuru.blog23.fc2.com/tb.php/1090-b4eecd93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
本ブログは、直筆(手書き)のブログです。 下記のリンク(添付ファイル)をクリック
2008/05/02(金) 13:23:22 | モモンガ近藤のシンプルでいいじゃないか
?Ť???Ŀ??Τ????а?夯?ä??夯?ä?Τ????ä?????????ä????礦?Ū?????Ĺ????????????????6,000?ν?Υ?????????Ĺ??????ä?Ф????ä??Τ????礦ä??з???ι??????и?????Τ??礦???????ä???????ĥä褦????????ä??åΤŹ???Ĺá?Ĺ?????????ä????...
2008/05/02(金) 16:11:35 | ?κ?
?å?¿γ????????????ä???????????ФΤ??????????å???????ä??β?ο?Τ??????????????Ķ???§??λ?????????å?θ??ä????????Ĥ???????å?褦??????褦¤ä?????????????礦?å??Ť??褦??????????????????褦????礦?????Ĥä?å??????Τ???夷??ä????...
2008/05/02(金) 18:54:30 | ??
??F????館?沽?Ф?ġ軰?ι徰???7?餵????Τ??????1990??????館?Τ????????Τ¤??ä???в????????????????Τ?ά褦?????????????????館夰?о????οĤ??????Τ?κ????ι??????????????Фô?夵???館????????????????顢餳??Ū???ä??Τ?????Ф????Τ????褦??719...
2008/05/02(金) 19:14:11 | ?ΤΩ
?ΰŵ??ä??η????θ???ä????Ĺť??Ĺť???Τλ??Ĥ??????Τ?θιΩĹť??椹???ε???θ?????Ĺο??????ĥ???ξ???¤??ι??????Ĺ?Ф???顢???Ρ?β???Υ???θ??¿?ä????äĹť???ä??Ĺ?????礭?????Ĺ??????ä??Υ???????????????????ä?Ū?...
2008/05/05(月) 15:57:34 | Ťκ?
 今日から5月だ~!(・o・)・・・今年も1/3が終わってしまった。^^; <今月が、政局を大きく変えられるかの鍵になるかもね~。っていうか そうしたいな~。・・・そうさせましょ~ね!(**)> 最新の記事は、3月分はコチラ、4月分はコチラに。  ま...
2008/05/05(月) 15:58:42 | 日本がアブナイ!
Ĺ?????Ф??ο?????ΰ?????????Ф???????ä??ΩΩä??κ????ä??Ūŷ?????å??礭????ΰ?????Ĺ????????ä????ä?Ф?Ф?????????ä????????Ф???Τ??????餤ν?????Τ????礦?С????Ĺ??????ä?????褹????Ф?θľ????????Τ?Ф?ΰ?????¤??褦?ä???褦...
2008/05/06(火) 18:28:12 | Ťκ?
Ĺ????????¿??б??????ä????65а?ι?γ礬????Ĺ??????Τ褦????Τ?礦?¿???????Τ?ι????????褦?Ĺ??????Ĺ???????????Ĺ??????ħ???26??¿ħ?餫????塼????Ф???餺Τ??η???ä????γ??????????????????????Τ?о??Τ242???ħ???ŷ???Τ???ζ?120?ã?...
2008/05/07(水) 22:46:29 | Ťκ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。