FC2ブログ
Because It's There
主に社会問題について法律的に考えてみる。など。
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/05/06 [Tue] 17:41:10 » E d i t
修復腎移植(病気腎移植)の理解と推進を求めるシンポジウム「レストア腎移植を考える会」が4月26日、松山市山越町の愛媛県女性総合センターで開かれました。この講演会では、講演だけでなく、兵庫県加古川市で音楽教室を主宰している作曲家・編曲家・ジャズピアニストの有末よしひろ(佳弘)さんと、講演も行った堤寛・藤田保健衛生大学教授による演奏も行われました。


1.まず、報道記事を幾つか。

(1) 毎日新聞 2008年4月27日 地方版(愛媛)

病気腎移植:理解訴え講演会 患者ら150人参加 /愛媛

 宇和島徳洲会病院の万波誠医師(67)らによる病気腎移植の理解と推進を訴える講演会が26日、松山市山越町の県女性総合センターであり、患者ら約150人が参加した。

 同病院調査委の外部専門委員も務めた堤寛・藤田保健衛生大教授(病理学)は、各病院の調査委が出した「4センチ以下の腎がんは部分切除すべき」などの結論について、「実際には8割以上が全摘している」などと批判。「都会で考えられないぐらいに医師と患者の関係は密だという医療現場を無視している」とした。

 堤教授は、ネフローゼ症候群の患者4人から提供された腎臓の移植を受けた患者8人のうち、4人の腎臓が機能している一方で、2人が悪性リンパ腫と骨髄異形成症候群の血液疾患を発症し死亡したことも明らかにした。【加藤小夜】

毎日新聞 2008年4月27日 地方版」



(2) 産経新聞(2008.4.27 02:31・愛媛版)

病腎移植の推進を訴えるシンポ 松山で開催
2008.4.27 02:31

 厚生労働省や移植関係学会が原則禁止する病腎移植について、“第3の道”として推進を求めるシンポジウム「レストア腎移植を考える会」が26日、松山市山越町の愛媛県女性総合センターで開かれ、専門家らが「医療費の削減のためにも病腎移植を進めるべきだ」と訴えた。

 病腎移植推進への支援を呼びかける「移植への理解を求める会」(向田陽二)などが主催。藤田保健衛生大の堤寛教授と広島県医師会の高杉敬久・副会長が、病変部位を切除した「レストア腎」(修復腎)による移植の有効性や必要性について講演した。

 堤教授は、宇和島徳洲会病院(同県宇和島市)での病腎移植を外部委員として検証した経験を踏まえ、患者の満足度の高さや移植を受ける患者の心理的な負担の少なさを指摘。「移植までの待機時間の短縮にもつながる」と主張した。

 また、国内では腎がん患者から年間に約2000個の腎臓が全摘出されている-との試算を提示。そのうち1000個を移植に利用した場合、「10年間で1538億円の医療費を削減できる」とし、「第3の道として有用性が高い」との見解を示した。

 一方、高杉副会長は、臓器移植法の施行後に死体腎移植の数が減ったことをデータで示したうえで、「自国での脳死移植が少ない中で、海外への渡航移植が増えている」と指摘。「医療は常に挑戦。現在の常識で未来の可能性をつぶしてはいけない」と話し、病腎移植のもつ可能性を強調した。」



(3) 愛媛新聞2008年04月27日(日)付「特集宇和島 腎移植」

修復腎移植の有効性を訴え 松山で講演会

 病気腎移植に理解を求める講演会「レストア腎(修復腎)移植を考える会」が二十六日、松山市山越町の県女性総合センターであり、県外医師二人が同移植の有効性を訴えた。厚生労働省が原則禁止とした病気腎移植を支持する「移植への理解を求める会」(向田陽二代表、約千三百人)と「えひめ移植者の会」(野村正良会長、約百人)が主催。両会会員ら百数十人が参加した。

 同移植問題で、宇和島徳洲会病院(宇和島市)の専門委員を務めた藤田保健衛生大医学部(愛知県豊明市)の堤寛教授は「レストア腎移植と腎不全治療」と題し講演。病気、死体、生体の各腎移植の生着率などを示し、慢性透析患者に有用と強調。一方で「論文を発表し、世の中を納得させる活動をしていなかったのが残念」と述べた。

 広島県医師会の高杉敬久副会長は「レストア腎移植に思う」と題し、「患者の十分な同意があれば、捨てられる臓器を再利用できるのではないか」と訴えた。」




2.この講演会では、堤寛・藤田保健衛生大学教授と高杉敬久・広島県医師会副会長の講演だけでなく、兵庫県加古川市で音楽教室を主宰している作曲家・編曲家・ジャズピアニストの有末佳弘さん(透析5年目、レストア腎移植を支持)と堤寛・藤田保健衛生大学教授による演奏も行われています。

この講演会の詳しい内容については、「修復腎移植推進・万波誠医師を支援します」さんの「「レストア腎移植を考える会」報告」(2008/04/28 12:49)で紹介されています。こちらをぜひご覧下さい。この「修復腎移植推進・万波誠医師を支援します」のエントリーを見ながら、新聞記事を見ていきたいと思います。


(1) 堤寛・藤田保健衛生大学教授の講演は、次のように記事にしています。

 「同病院調査委の外部専門委員も務めた堤寛・藤田保健衛生大教授(病理学)は、各病院の調査委が出した「4センチ以下の腎がんは部分切除すべき」などの結論について、「実際には8割以上が全摘している」などと批判。「都会で考えられないぐらいに医師と患者の関係は密だという医療現場を無視している」とした。
 堤教授は、ネフローゼ症候群の患者4人から提供された腎臓の移植を受けた患者8人のうち、4人の腎臓が機能している一方で、2人が悪性リンパ腫と骨髄異形成症候群の血液疾患を発症し死亡したことも明らかにした。」(毎日新聞)

 「堤教授は、宇和島徳洲会病院(同県宇和島市)での病腎移植を外部委員として検証した経験を踏まえ、患者の満足度の高さや移植を受ける患者の心理的な負担の少なさを指摘。「移植までの待機時間の短縮にもつながる」と主張した。
 また、国内では腎がん患者から年間に約2000個の腎臓が全摘出されている-との試算を提示。そのうち1000個を移植に利用した場合、「10年間で1538億円の医療費を削減できる」とし、「第3の道として有用性が高い」との見解を示した。」(産経新聞)

 「同移植問題で、宇和島徳洲会病院(宇和島市)の専門委員を務めた藤田保健衛生大医学部(愛知県豊明市)の堤寛教授は「レストア腎移植と腎不全治療」と題し講演。病気、死体、生体の各腎移植の生着率などを示し、慢性透析患者に有用と強調。一方で「論文を発表し、世の中を納得させる活動をしていなかったのが残念」と述べた。」(愛媛新聞)


「修復腎移植推進・万波誠医師を支援します」さんの「「レストア腎移植を考える会」報告」(2008/04/28 12:49)と、以前聞いた、堤寛・藤田保健衛生大学教授についての講演内容からすると、レストア腎移植は「第3の道として有用性が高い」(産経新聞)という結論のものです。

毎日新聞では、調査委が出した「4センチ以下の腎がんは部分切除すべき」などの結論について、「実際には8割以上が全摘している」などと批判という内容を紹介しています。これは、医療現場の実態は、日本移植学会や厚労省が言っている見解と、医療現場の実態は違っている(日本移植学会の移植医は医療現場を知らない!?)ことを述べたものです。やっと、毎日新聞も、地方版とはいえ、日本移植学会が唱えている「空想」ではなく、「現実」を記事にする気になったようです。



(2) 高杉敬久・広島県医師会副会長の講演については、次のように記事にしています。

 「高杉副会長は、臓器移植法の施行後に死体腎移植の数が減ったことをデータで示したうえで、「自国での脳死移植が少ない中で、海外への渡航移植が増えている」と指摘。「医療は常に挑戦。現在の常識で未来の可能性をつぶしてはいけない」と話し、病腎移植のもつ可能性を強調した。」(産経新聞)

 「広島県医師会の高杉敬久副会長は「レストア腎移植に思う」と題し、「患者の十分な同意があれば、捨てられる臓器を再利用できるのではないか」と訴えた。」(愛媛新聞)



この講演では、「自国の脳死移植が(10年で)約65例」なのに比べ、(欧米、フィリピン、中国等への)「海外渡航移植は522名に達している事実」(「修復腎移植推進・万波誠医師を支援します」さんの「「レストア腎移植を考える会」報告」(2008/04/28 12:49))を指摘して、日本の市民が、日本よりも海外での臓器移植に頼り切っている現実を突きつけています。

「臓器移植法の施行後に死体腎移植の数が減ったこと」を示す「データ」は、臓器移植法が死体腎移植にとって阻害要因になってしまった現実をも突きつけています。

そして、結論としては、「摘出されて捨て去られる臓器は、待ち望んでいる人に十分な同意があるのなら、再利用できるのではないか」(「修復腎移植推進・万波誠医師を支援します」さんの「「レストア腎移植を考える会」報告」(2008/04/28 12:49))として、「医療は常に挑戦。現在の常識で未来の可能性をつぶしてはいけない」と話し、病腎移植のもつ可能性を強調したわけです(産経新聞)。

日本よりも海外での臓器移植に頼り切っている現実と、臓器移植法が死体腎移植にとって阻害要因になってしまった現実を、しっかり確認しておく必要があります。



(3) 作曲家・編曲家・ジャズピアニストの有末佳弘さん(透析5年目、レストア腎移植を支持)と堤寛・藤田保健衛生大学教授による演奏については、「修復腎移植推進・万波誠医師を支援します」さんの「「レストア腎移植を考える会」報告」(2008/04/28 12:49)をご覧下さい。素晴らしい演奏だったようです。




3.日本の市民は、日本よりも海外での臓器移植に頼り切っている現実に対して、厳しい宣言がまとめられました。

(1) 毎日新聞平成20年5月3日付東京朝刊2面

臓器移植:「国内完結で」 ドナー保障も各国に要求--国際学会宣言

 国際移植学会は2日、トルコのイスタンブールで開いた国際会議で、移植用臓器を「自給自足」することを各国に求める宣言をまとめた。さらに、生体臓器移植については、提供者(ドナー)保護のための保障制度作りを各国に呼び掛けることで合意した。

 日本移植学会によると、会議には78カ国から150人を超す専門家が参加。移植を希望する患者が国内で臓器提供を受けられるよう、脳死や心停止後のドナーを増やす取り組みをすることを各国に求めるとした。

 臓器売買や移植のために海外に行く「移植ツーリズム」などが問題になっているためで、ドナー増加のために国際協力する必要性についても言及した。

 脳死、心停止後の提供は慢性的に不足しており、世界保健機関(WHO)によると、世界で実施されている臓器移植の約半数は生体からの提供だ。中国やフィリピン、インドなどでは人道的な問題も指摘されている。

 このため、「生体ドナーはもう一人の患者だ」と位置付け、ドナー選定に必要な費用の支払いや、ドナーへの休業補償など総合的な保障制度を各国がまとめることを求めた。

 厚生労働省研究班が実施した海外渡航移植に関する報告によると、日本からの渡航移植患者は06年3月までで522人に上った。外国人への腎臓移植の全面的禁止を4月に決めたフィリピンでも、多くの日本人患者が渡っていたという。【大場あい】

毎日新聞 2008年5月3日 東京朝刊」



この宣言の特徴は、2点です。

「国際移植学会は2日、トルコのイスタンブールで開いた国際会議で、移植用臓器を「自給自足」することを各国に求める宣言をまとめた。さらに、生体臓器移植については、提供者(ドナー)保護のための保障制度作りを各国に呼び掛けることで合意した。」

「「生体ドナーはもう一人の患者だ」と位置付け、ドナー選定に必要な費用の支払いや、ドナーへの休業補償など総合的な保障制度を各国がまとめることを求めた。」


臓器移植は自国で自己完結することと、生体ドナーへの補償制度、すなわち生体ドナーへの金員の支払い(免税措置なども含む)を行うべきだというものです。


前者の点は、国際移植学会という一私的団体が宣言したものであって、各国や各国市民に対して何ら拘束力を有しないものです。ですから、国際移植学会がいくら「臓器移植は自国で自己完結、自給自足せよ」と求めたところで、海外移植が困難になるわけではありません。

といっても、外国人に対する臓器移植を制限する動機にはなりうるものですから、日本の市民にとっては「厳しい宣言」であることは確かです。


後者の点は、生体臓器の提供では、米国のウィスコンシン州が3年前に、最大1万ドルの税を軽減する州法を制定しており、医療費や入院期間中の賃金相当額が所得控除の対象になっているように、「臓器提供に伴い失った所得を補償するという考え方」が広がりつつあるという現実を肯定したものだといえそうです(「移植シンポジウムで各国が現状報告~臓器売買深刻化浮き彫り(東京新聞6月3日付「こちら特報部」)」(2007/06/06 [Wed] 20:59:23)参照)。

臓器移植に伴って金銭支出をする以上、ある意味、臓器売買ともいえるのですが、世界的には「臓器提供に伴い失った所得を補償する」ことは臓器売買に当たらないという理解が広がり、臓器売買禁止の厳格な適用は貫かれなくなってきているわけです。



(2) 国際移植学会は“臓器移植は国内完結で”という学会宣言をしている以上、世界的なドナー不足の現状からすれば、世界各国において、今後一層、外国人に対する臓器移植を制限していくことが予想されます。

日本の市民が日本よりも海外での臓器移植に頼り切っている現実と、臓器移植法が死体腎移植にとって阻害要因になってしまった現実を踏まえれば、日本はどういう道を採るべきなのでしょうか?

今後、一層、海外での臓器移植は制限されるため、<1>臓器移植を必要とする患者は日本で移植できずにただ死の影におびえ続けるだけなのか、<2>臓器移植を増やす方策を探ることで、移植を必要とする患者の命を救済するかどうか、です。答えるまでもなく、後者の道を探るしかありません。生きることは、人間の本質的前提なのですから。

臓器移植法の改正もままならず、しかも、臓器提供数も極めて少ないという現実(死体腎移植の平均待機期間は16年)からすれば、最も現実的で実効性のある方策は「修復腎(レストア腎)移植を認めて推進すること」しかないと思うのです。もし、修復腎(レストア腎)移植を否定するのであれば、他に現実的で実効性のある方策を提言するべきです。

日本移植学会の会員にように、ただ、難癖をつけて海外での修復腎(レストア腎)移植さえも否定し、修復腎移植を肯定することを「万波病」などと揶揄することは、万波医師ほどの移植の技量もなく、医師として無能であることを自ら暴露しただけにしか見えません。日本移植学会の高原教授は、自ら腎臓移植件数1000例と誇っていますが(「「修復腎移植を考える超党派の会」の第5回の会合を紹介~現場の医師たちが臨床の証言」(2008/04/21 [Mon] 21:56:10)参照)、あまりに疑わしいので惨めなだけです(なお、万波誠医師は、現時点で腎移植を700例ほど実施しているようです)。

日本移植学会の態度には見切りをつけ、日本の市民及び国会議員は、臓器移植を切望する患者の命を救済するため、最も現実的で実効性のある方策である、修復腎移植を推し進めるしかない、と意識を変えるべきなのです。その意味で、「修復腎移植を考える超党派の会」は「議員立法で臨床研究としてレストア腎移植を進め、1人でも多くの患者さんを救うべき」としており、その動きに対して、多くの賛同が集まることを願っています。


テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
春霞様
こんばんは
松山での講演会もようについて当方ブロクを見ていただき、そしてコメント誠にありがとうございました。(家でしたらもう少し詳しく紹介できたのですが、なんとか内容は分かっていただけたでしょうか)
堤寛教授は、論文でも述べていたとおり、学会や厚労省の言っていることの矛盾や修復腎移植の有効性について、パワーポイントを使用して大変わかりやすく解説いただきました。生の説明に多いに納得しました。
また高杉広島県医師会副会長は、毎日新聞が国際移植学会の内容を掲載するちょうど前に、日本が移植難民であり、外国での渡航移植に頼ることなく自国での移植を拡大すべきことをずばりと指摘されています。
修復腎移植が現在最も現実的な第3の道であることを、マスメディアはもちろん国会議員の方々も積極的に評価いただきたいと思います。
ニコル教授の書簡にもありましたが、年末に予定されているシドニーでの世界移植学会では、総会でも分科会でもこの修復腎移植が主要議題となると伺っています。今後の国際的な世論の盛り上がりを多いに期待しています。

なお、本日夜やっと家でネットが繋がりました。もしご引っ越しされるようなことがある際は、ネットの移転手続きには十分ご注意下さいませ。
ありがとうございました。


2008/05/08 Thu 00:46:09
URL | hiroyuki #-[ 編集 ]
> hiroyukiさん:2008/05/08 Thu 00:46:09
コメントとTBありがとうございます。


>松山での講演会もようについて当方ブロクを見ていただき
>なんとか内容は分かっていただけたでしょうか

全体の内容が分かりましたので、大変参考になりました。どうしても報道記事ですと情報が少ないので。ありがとうございます。


>年末に予定されているシドニーでの世界移植学会では、総会でも分科会でもこの修復腎移植が主要議題となると伺っています。
>今後の国際的な世論の盛り上がりを多いに期待しています

ますます国際的に修復腎移植への注目があがっているようです。日本の移植も、こういう国際的な動きを十分に把握し理解していってほしいものです。


>本日夜やっと家でネットが繋がりました。もしご引っ越しされるようなことがある際は、ネットの移転手続きには十分ご注意下さいませ。

大変だったようですね。引越しの際にはネット移転は十分に気をつけたいと思います。
2008/05/09 Fri 21:48:34
URL | 春霞 #5oClkA7g[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/26 Mon 02:41:33
| #[ 編集 ]
>非公開コメントの方へ:2008/05/26 Mon 02:41:33
コメントありがとうございます。
非公開コメントですので、修正した形で引用することにします。


>いずれにしても、私がやり取りしたらどうでしょうか、と尋ねることでもなかったかも

色々とご配慮ありがとうございます。やり取りを避けているわけではないのですが。
社会問題につき、主として法律的な観点から説明していくというのが、このブログの趣旨ですので、それで精一杯で、なかなか手を広げられないというのが実情です。


>内容を読み返せない

非公開コメントにするとご本人が読むことができないのは困りますね。申し訳ないですが、FC2の仕組み上、仕方がないようです。何をコメントしたか後で見返すためには、コメントを送信する前に、「メモ張」にコメントをコピーしておくとよいと思います。


>今後とも、いろんな項目を読ませていただきながら、社会問題についての理解を深めたい

ありがとうございます。こちらこそ今後とも、宜しくお願いします。
2008/05/27 Tue 06:50:15
URL | 春霞 #5oClkA7g[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/28 Wed 01:48:52
| #[ 編集 ]
>非公開コメントの方へ:2008/05/28 Wed 01:48:52
コメントありがとうございます。
非公開コメントですので、修正した形で引用します。


>記事についての賞賛
>修復腎移植について、法的な観点から好意的に書き続けていることへの感謝

過分なほどにお褒め頂きありがとうございます。
ここのブログは法律系ブログであり、主として法律的な観点から説明しているわけですが、法的には修復腎移植は非難できないことをずっと説いています。


>法の線に沿って、ボリュームがあり、血のぬくもりを感じさせる暖かい内容のエントリーです

ありがとうございます。
法律的な観点で論理を重視した内容ではありますが、ただ法で割り切るのではなく、なるべく実質的にもおかしくないのだということまで踏み込んで書いて、共感できるような内容に努めています。
2008/05/31 Sat 00:16:25
URL | 春霞 #5oClkA7g[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokonisonnzaisuru.blog23.fc2.com/tb.php/1081-adb92b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Ĺ?????Ф??ο?????ΰ?????????Ф???????ä??ΩΩä??κ????ä??Ūŷ?????å??礭????ΰ?????Ĺ????????ä????ä?Ф?Ф?????????ä????????Ф???Τ??????餤ν?????Τ????礦?С????Ĺ??????ä?????褹????Ф?θľ????????Τ?Ф?ΰ?????¤??褦?ä???褦...
2008/05/06(火) 20:08:12 | Ťκ?
全米移植外科学会・冬季シンポジウムで質問をする デビッド・ニコル・クイーンズランド大学教授 (写真は2.13付けTBSニュース23から(以下同じ)) 1月26日全米移植外科学会・冬季シンポジウム デビッド・ニコル・オーストラリア・クイーンズランド大学教授 20年3月18日?...
2008/05/08(木) 00:12:33 | 修復腎移植推進・万波誠医師を支援します
Ĺ????????¿??б??????ä????65а?ι?γ礬????Ĺ??????Τ褦????Τ?礦?¿???????Τ?ι????????褦?Ĺ??????Ĺ???????????Ĺ??????ħ???26??¿ħ?餫????塼????Ф???餺Τ??η???ä????γ??????????????????????Τ?о??Τ242???ħ???ŷ???Τ???ζ?120?ã?...
2008/05/08(木) 01:17:37 | Ťκ?
???????ä?????????ä??ä?Ŭ??Ť?????尭?褦????????¤ο??????????????¤ο??¡?礵????ä?夫ä??????ä???ä?????ä???Τ??¤???????????????????????????ä??ŤΤ??翩Τ???????Ū?????Τ?ä????????Х???Ф?Τ???????????????????ä??????????????...
2008/05/09(金) 10:44:11 | ?κ?
Х?å??ΰĤ???å???å???ä???ή?å?ä?????????????????ä???????????ή?????????????Ķ?äή?????ή?????夬ί?????????????ί???ι??Ĵ????????????å?????ί?ä??????ή????Τ???????å??夬???ΥХ??????????????å¨??????????????????夲???...
2008/05/13(火) 23:56:07 | ?κ?
ネフローゼ症候群 をサーチエンジンでマッシュアップして検索しブログでの口コミ情報を集めてみると…
2008/05/27(火) 00:51:03 | 病名・病気・医学のブログリンク集
???Ĥ????ä??¸Τ????Ĥ?ñ???????????飳??飶???鹵?????ä????????Τ???εサ?????ä???ä????褦???ν???ο???Ŭ?????о???ä???Τ??β??Ťβ?????????о??????????ĴΤ??????????Ф????????ä??ξ????ο?Τ?ФС????餫????Τ?ä??????顢??Ŭ????????...
2008/05/29(木) 23:31:22 | ?Ω
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。