FC2ブログ
Because It's There
主に社会問題について法律的に考えてみる。など。
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/04/17 [Thu] 23:02:47 » E d i t
4月1日から始まった、公的医療保険「後期高齢者(長寿)医療制度」で、年金から保険料を天引きする特別徴収が、4月15日から始まりました。今回の天引き対象者は約800万人です。



1.コラムを幾つか。

(1) 中国新聞平成20年4月15日付「天風録」

うば捨て山 '08/4/15

--------------------------------------------------------------------------------

 「やさしいネうば捨て山へ手を引いて」―。今月から、七十五歳以上の全員が対象となる後期高齢者医療制度がスタートした。これまでの老人保健に代わる新たな「おきて」だが、お年寄りの戸惑いやため息が、本紙の時事川柳や投書からもうかがえる

▲通知書に記された夫の保険料を見て驚いたという広島市の女性(77)。今まで払っていた世帯分よりもはるかに大きい金額に、途方に暮れる。「年金収入しかないのに、どうやって生活すればいいのでしょう」

▲きょう、最初の保険料が年金から天引きされる人も多いはずだ。以前からの介護保険料に加え、ダブルパンチになる。一年以上滞納すると、保険証を取り上げるなど、「長寿医療制度」という言い換えとは裏腹の厳しさだ

▲若い世代にばかり負担をかけないように、高齢者も一部を負担しようという新制度の趣旨に、文句はつけにくい。その一方で、「お荷物」扱いするような社会の空気を、お年寄りたちは肌で感じ取っているようだ

▲長野県に伝わる姨捨(おばすて)山の民話は、こう結ぶ。母を捨てに行った息子は親心の優しさに触れ、こっそり連れ帰る。その後、老母の知恵で国の危機が救われ、殿様も年寄りを捨てるおきてを改める―。民話のように、温かみを取り戻す柔軟さも必要ではないか。」



(2) 東京新聞平成20年4月16日付「筆洗」

「「4・15ショック」を心配する声があるという。七十五歳以上を対象にした後期高齢者(長寿)医療制度で、年金からの天引きが昨日から始まった。対象は約八百万人。制度を知らずに、年金が突然目減りしたと、ショックを受けた人がいてもおかしくない

▼天引きを知っていたとしても、ショックはある。大都市で独り暮らしの七十九歳の女性の記事を読んだ。国民健康保険では所得が少ないために保険料を免除されていたが、新制度では年間に一万二千円の負担を求められる。節約のため、趣味の絵画グループを昨年やめた

▼地方で三人暮らしの七十七歳の男性読者の一家は、年間で二万円以上の負担増となる。幸いなことに最近、若いころの年金の加入記録漏れを確認できたが、支払われるのは八カ月ほど先になると言われた。まず年金の額を正せと言いたいという

▼正しい持ち主と統合が困難な年金記録は約二千万件ある。正当な額を受け取れぬまま、保険料だけ天引きされた人もいると推定できる。釈然としない

▼自治体の窓口には問い合わせや苦情が相次いでいる。準備に抜かりがあったことは間違いない。制度の中身を知らない分、ショックも大きくなる

▼孔子の言葉に<父母在すときは、老を称せず>とある。父母に心細さを感じさせないためだという。親子関係にとどまらず、政治にあるべき心配りである。」



「年金収入しかないのに、どうやって生活すればいいのでしょう」とか、「節約のため、趣味の絵画グループを昨年やめた」と嘆く方たちに対して、政府は説明すれば納得してもらえるとでもいいのでしょうか? テレビで「これでは餓死者が出る」といったご高齢の方がいましたが、本当にそうなるでしょう。

90歳代の母親と暮らす名古屋市北区の男性(77)は「これまでは2人で6000円だった保険料が、3倍以上になった。前の制度がよかった。国は高齢者の現実を見るべきだ」と声を荒らげた(読売新聞2008年4月16日)とあるように、許容できる負担をはるかに超えています。




2.「天引かれ」の日に、衆院山口2区の補選が告示されました。自民が担ぐのは、自前の財源を好きに使っていた国交省のOBであり、これに対して、民主の候補は旧大蔵省出身で国税庁にもいた人物です。「同じ元官僚でも、税金の『出』と『入』に携わった者の争い」です(朝日新聞平成16年4月16日付「天声人語」)。

後期高齢者医療制度:政府・与党に危機感 保険料天引き、野党が補選争点化

 15日に始まった後期高齢者(長寿)医療制度による年金からの保険料天引きをめぐり、政府・与党が危機感を強めている。天引きに対する高齢者の不満が高まる中、同日告示された衆院山口2区補選で野党が争点化を図っているからだ。政府・与党は制度の広報徹底に努めるなど防戦に躍起だが、「7~8割の人は保険料が下がる」と町村信孝官房長官らがPRする一方で、舛添要一厚生労働相が「正確な数字は言えない」と火消しに回るなど混乱気味だ。

 「丁寧に説明しなければいけない。公費も半分投入するし、4割は若い人が支える」。福田康夫首相は15日、記者団に制度の丁寧な説明で、負担増を懸念する高齢者に理解を求める考えを示した。(以下、省略)」(毎日新聞 2008年4月16日 東京朝刊



福田首相は、後期高齢者(長寿)医療制度について、いまだに丁寧に説明すれば足りると考えているようです。餓死者が出るかもしれないという深刻な事態であるのに、実に他人事であり、本当に日本国の首相なのだろうかと思えるほどです。

また、町村官房長官は、根拠もないのに「7~8割の人は保険料が下がる」などと吹聴するのです。現在苦しんでいる方たちの命なぞどうでもいいのでしょう。

やはり、今のあまりにもおかしな状況を変えるためには、民主主義社会では選挙しないのです。そうすると、当然、衆院山口2区補選の争点には、後期高齢者(長寿)医療制度(姥捨山政策)の是非が含まれることになります。

もし自民党の候補者が当選すれば、「姥捨山政策」は今後ずっと維持されることになり、民主党の候補者が当選すれば、「姥捨て山政策」の廃止へ大きく傾くことになります。「姥捨て山政策」によって深刻な被害を受ける多数の人の健康・生命が、この衆院山口2区補選の結果で左右されることになるのです。衆院山口2区の住民には、多数の命の命運がかかっています。


テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

政治問題 *  TB: 4  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokonisonnzaisuru.blog23.fc2.com/tb.php/1049-33d557d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
    皆様のご支援に感謝致します! ありがとう!   読 者 の 皆 様 に お 知 ら せ ! 1) 【ページ数が増えてもいいので「文字」を大きくして頂けませんか】 という、コメントで頂きましてから、あぁ~でもない、こぅ~でもない、そぉ~でもな...
2008/04/18(金) 21:59:54 | 晴天とら日和
「後期高齢者医療制度」、お政府様による別名称「長寿医療制度」が全国に怒りを広げています。この制度の目的をより的確に表現した「長寿...
2008/04/19(土) 16:07:49 | 村野瀬玲奈の秘書課広報室
先日の記事「年金からの天引きは,刑法の窃盗罪に当たるのでは?」で,「天引き」の合法性について疑問を出しました.読まれた皆さんも,た...
2008/04/24(木) 17:36:30 | ペガサス・ミラー
?Ĺ??????????????ĤФΥ?塼ä??餤??Ĺ??????Ĥ?????ΤΤ褦???Ĺ???????ΰô礭Τ????????ôκ??ΰ??褦????????Τ?礦?????????Į??Ĺ?78ο????ΤФź???????¤???ä????Τ???ν??????θ??Ĥ???ä?褦?Τ?????Ф??ä?Сΰô????礦?塢???ô?¿????...
2008/05/10(土) 17:17:43 | Ťκ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。