FC2ブログ
Because It's There
主に社会問題について法律的に考えてみる。など。
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»10
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2010/09/21 [Tue] 01:22:00 » E d i t
お彼岸を迎えました。平成21年9月19日、諸宗山無縁寺回向院(東京都墨田区)において秋季彼岸会「家畜総回向」がありましたので、この法要のため参詣してきました。「家畜総回向」を含めたペット供養については、「Because It's There ペット供養関係」で何度か触れています。


諸宗山回向院は、安政大地震、関東大震災、東京大空襲など様々な天災地変・人災による被災者、海難事故による溺死者、遊女、水子、刑死者、諸動物など、ありとあらゆる生命が埋葬供養されており、有縁・無縁にかかわらず生きとし生けるすべてのものを供養する寺院です。この回向院は、今からおよそ350年前の明暦3年(1657年)に開かれた浄土宗の寺院ですが、「有縁・無縁に関わらず、人・動物に関わらず、生あるすべてのものへの仏の慈悲を説く」というのが、この寺院の理念となっています。



1.お彼岸の頃と重なるのですが、9月20日から26日は、動物愛護週間です。動物愛護管理法4条により、国民の間に広く動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めるため、9月20日から26日を動物愛護週間と定めています。そして、動物愛護週間には、全国各地で様々な動物愛護行事が行われます。

東京都内での行事は、平成22年度は「ふやさないのも愛」をテーマで開催されました。毎年、上野恩賜公園噴水池前広場で実施されているのですが、平成22年度は会場の都合という理由で、動物愛護週間前に実施してしまいました。

「◆平成22年9月12日(日)動物愛護シンポジウム(基調講演・パネルディスカッション) 13:00~16:30
【東京国立博物館(平成館講堂)】

●テーマ:ふやさないのも愛~繁殖制限を考える~ 動物たちの殺処分を減らすために、とても重要な繁殖制限。
 不妊や去勢について「なんとなくわかっているつもりだけど……」
という方は多いのではないでしょうか。
 この機会に、不妊・去勢や猫の室内飼育の重要性について勉強しませんか?
 また、手話通訳の用意をしておりますので、受付にてお申し出下さい。

●基調講演:小方宗次氏(ヤマザキ学園大学准教授)~ペット(犬・猫・ウサギ等)の不妊去勢手術について~
 ◆不妊去勢手術の必要性
 ◆各動物の性成熟期・繁殖スタイル
 ◆不妊去勢手術のメリット・デメリット
 ◆早期不妊手術とは

●講演1:加隈良枝氏(帝京科学大学講師)~猫の適切な飼い方について~
 ◆猫の歴史・生態・行動学
 ◆猫の飼い方(三原則)

●講演2:高木優治氏(新宿区保健所)~地域猫活動について~
◆適切な飼い方がされていないために、飼い主のいない猫が存在。
◆地域猫活動の官民協働体制

●講演3:林典子氏(ハロー動物病院院長)~ウサギの適切な飼い方について~
◆ウサギの不妊手術方法
◆繁殖力の強いウサギの適切な飼い方
◆学校飼育動物のウサギの現状

●パネルディスカッション:◆コーディネーター:小方宗次氏
◆パネリスト:講演者


◆平成22年9月18日(土)動物愛護ふれあいフェスティバル 13:00~16:30 
【上野恩賜公園噴水池前広場、こども動物園】
大テント
・動物愛護セレモニー
・勝ち残り○×クイズ大会
・愛犬のしつけ方教室
・聴導犬の実演
・動物紙芝居
中テント・ペット写真展
・おりがみ動物園
・動物クイズ広場
パネル展示コーナー・動物愛護週間ポスターコンクール入賞作品展
・動物個体識別事業
・災害に備えよう
動物愛護相談センター広場・動物愛護相談センターのお仕事紹介
 ~人と動物との共生社会の実現を目指して~
・パネル展示
・クイズコーナー」(「動物愛護週間中央行事実行委員会」のHPより引用)


今年のテーマは「ふやさないのも愛」であり、動物たちの殺処分を減らすための一方法です。

日本では30万頭もの犬や猫が殺処分されていますが、ドイツでは殺処分数はゼロです。日本のペットショップでは、売れる可能性が低くなった「生後約6ヶ月のビーグルの子犬を、生きたままポリ袋に入れて」、そのまま冷蔵庫に入れることで凍死させ、ゴミとして捨てるという信じがたい行為さえ、行っているのです(太田匡彦(著)『犬を殺すのは誰か ペット流通の闇』(朝日新聞出版、2010年)20頁)。日本とドイツでは、ペットの命の尊さがあまりにも違っているのです。

あまりにもむごいペット事情については、いつかまた触れる予定ですが、最近でた書籍としては、太田匡彦(著)『犬を殺すのは誰か ペット流通の闇』(朝日新聞出版、2010年)松坂星奈(著)『帰る家のないどうぶつたち』(PHP研究所、2010年)があります。ぜひご覧ください。



-- 続きを読む --

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

2009/09/26 [Sat] 23:59:36 » E d i t
犬や猫など動物を飼っている方は、その飼い犬・飼い猫に対して色々な想いがあると思います。例えば、「週刊朝日」の投稿欄「犬ばか猫ばかペットばか」には、多くの飼い主の思いが綴られています。(現在、そうした投稿は、週刊朝日編集「やっぱり私はイヌが好き」(朝日新聞社、2005年)週刊朝日編集「やっぱり私はネコが好き」(朝日新聞社、2005年)という形で書籍化もされています。)

「週刊朝日」の投稿欄は、一般の方ばかりですが、作家の方なども飼っている動物について何らかの文章を綴っていることはご存知だとは思います。作家の道尾秀介さんも、ご自分が飼っていたネコについて愛情溢れるコラムを書いていましたので、紹介したいと思います。
9月27日追記:9月20日から9月26日までのまとめを追加しました。)




1.日経新聞平成21年9月25日付夕刊7面「プロムナード」

葬式の理由――道尾秀介

 もうすぐ飼い猫のヒメが死んで2年になる。彼女と出会ったのは、ちょうどいまから10年前の夏だった。

 当時、住宅設備の販売会社で営業マンをやっていた僕は、溢(あふ)れるエネルギーのほとんどを仕事をサボることに注いでいた。段ボール箱の中で小鳥みたいにピーピー鳴いていた彼女を発見したのも、木陰に営業車を停(と)めてアイスか何かを食べていたときのことだ。その日は午後から雨の予報だったので、こりゃまずいなということで僕は彼女を一人暮らしのアパートへ連れ帰った。真っ白くて、なんだかティッシュペーパーを丸めたみたいで、でもどこか気品のある奴(やつ)だった。

 コンビニで買ったキャットフードをやってみたが、空腹のはずなのに、彼女はツンとすまして一向に食べようとしない。首をひねりながらも、そのまま放っておいた。あとでそっと覗(のぞ)いてみたら、こっそり食べていた。――気取りやがって。名前はヒメに決まった。

 いっしょに暮らしはじめると、ヒメはしだいに心をひらきはじめた。2週間ほど経(た)つと、いつも僕の後ろをついて回るようになった。食卓、ソファー、デスク、トイレ。風呂に浸(つ)かっているときは浴槽の縁に饅頭(まんじゅう)のように座り込み、恍惚(こうこつ)と目を閉じてミストサウナを楽しんでいた。夜は僕の布団に入って眠った。しばしば首まで這(は)い上がってきては僕を窒息寸前まで追い込み、危ういところで目を醒(さ)まして押しのけると、こんどは肛門(こうもん)を鼻先に押しつけて、ふたたび僕を窒息寸前にまで追い込んだ。テレビで総合格闘技の絞め技を見て、あれはもしかしたら臭(にお)いで落とそうとしているのかもしれないと考えるようになったのは、その頃(ころ)のことだ。

 僕が作家になってからも、身体は大人なのに、中身は赤ん坊のままだった。パソコンに向かって原稿を書いていると、彼女はしきりに邪魔をした。にゃ、と短く鳴いてみたり、僕の手を噛(か)んでみたり、それでも無視していると、デスクに飛び乗ってキーボードの上を歩行した。原稿が無茶苦茶になってしまうので、そこでいつも僕はとうとう音を上げるのだった。

 2年前の夏、彼女は急に僕のあとをついて回らなくなった。床に腹ばいになり、何もないところをぼんやりと、いつまでも見つめていた。様子がおかしいので獣医に連れていったのだが、さんざん身体をいじくり回されたあげく、とくに悪いところはなさそうだと言われた。納得のいかないまま家に連れ帰ってきた翌朝、彼女は冷たくなっていた。

 僕は泣いて泣いて、ずっと泣いて、食事も、仕事も、何もすることができなくなった。立っていることすら難しかった。涙が止まってからも、きっと自律神経がやられていたのだろう、ひどい頭痛と腹痛がつづいた。ところが数日後、動物霊園でヒメを火葬し、お骨を家に持ち帰ってきたとき、不思議なことが起きた。体調がふっと回復したのだ。

 お葬式というものは、やっぱり必要らしい。僕は少し寂しい気持ちでそれを実感した。

 去年、庭にヒメシャラの木を植えた。根元にはヒメのお骨が埋めてある。夏になると真っ白な花をつけるはずなのだが……今年は咲いてくれなかった。ヒメのことだから、あとでこっそり咲いていたりするかもしれない。 (作家)」




-- 続きを読む --

テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

2009/09/21 [Mon] 15:54:44 » E d i t
お彼岸を迎えました。平成21年9月19日、諸宗山無縁寺回向院(東京都墨田区)において秋季彼岸会「家畜総回向」がありましたので、この法要のため参詣してきました。「家畜総回向」について触れるのは、1年ぶりとなります(「平成20年秋季彼岸会・犬猫小鳥等家畜総回向」(2008/09/21 [Sun] 22:06:54)参照)。


諸宗山回向院は、安政大地震、関東大震災、東京大空襲など様々な天災地変・人災による被災者、海難事故による溺死者、遊女、水子、刑死者、諸動物など、ありとあらゆる生命が埋葬供養されており、有縁・無縁にかかわらず生きとし生けるすべてのものを供養する寺院です。この回向院は、今からおよそ350年前の明暦3年(1657年)に開かれた浄土宗の寺院ですが、「有縁・無縁に関わらず、人・動物に関わらず、生あるすべてのものへの仏の慈悲を説く」というのが、この寺院の理念となっています。



1.毎年のことですが、9月19日の法要も、11時と2時の会がありました。最近の法要で気になっているのは、お経の部分(15分ほど)が終わり、卒塔婆をお願いした施主・動物名を読み上げるところに至ってから、「家畜総回向」のために来る方がかなり多くなってきたことです。

「家畜総回向」に行くも行かないも個人の自由でしょう。ぎりぎり3時までなら、卒塔婆に水をつけてもらうことまで間に合うのかもしれません。ただ、明らかに開始の時間に遅れて回向院に参詣するとなると、それは心から供養を望んでいる態度といえるのでしょうか。

回向院に供養にくる方は、それなりに供養の心を持ち合わせてはいるのだと思います。ペットも家族と同様の意識を持っている方も少なくないはずです。ですが、家族間でさえも互いの関心が希薄になってきた現れなのか、それともペットは、結局のところ「生きた玩具」にすぎず家族ではないのか――。飼い主の意識が変化してきたように感じます。




2.今回も、「家畜総回向」の際に頂いた「散華」に書かれていた言葉を引用しておきます。なお、「散華」とは、道場にみ佛をお迎えし、佛を讃え供養する為に古来より広く行われてきたものです。元来は、樒の葉や菊の花、蓮弁等の生花を用いていたのですが、現在は通常蓮弁形に截った紙花を用いています。

今回の語句(仏教用語)は、「法句経」(ほっくきょう)423の詩句のうち、第5番です。「法句経」は、最も早い時代に成立した経典で、原始仏教、インドで人間として活躍されていた生身(しょうじん)のお釈迦様の生の声に近いものと考えられています。この「法句経」からの引用といえば、必ず引用されるほど著名な詩句が第五番です。

まこと怨みごころは

いかなるすべをもつとも

怨みを懐(いだ)くその日まで

ひとの世にはやみがたし

うらみなさによりてのみ

うらみはついに消ゆるべし



(1) 「散華」で引用した法句経第5番は上の通りです。ただ、法句経第5番の全文は、もう1文ありますので、全文を引用しておきます。

「まこと、怨みごころは

いかなるすべをもつとも

怨みを懐(いだ)くその日まで

ひとの世にはやみがたし

うらみなさによりてのみ

うらみはついに消ゆるべし

こは易(かわ)らざる真理(まこと)なり (友松圓諦訳)」



「まことに、他人をうらやむ心をもってしては、どうしても、そのうらみを解(と)くことはできない。ただ、うらみなき心によってのみ、うらみを解くことができる。このことは永恒(えいこう)に易(かわ)ることのない真理(しんり)である。」(【現代語訳】(友松圓諦「法句経講義」(1981年、講談社学術文庫)20頁))



瀬戸内寂聴さんはこの句を次のように意訳(いやく)しておられます。

「ほんにそうよ

怨みこころというものは

どんな手だてをつくそうと

怨みをすてるその日まで

この人の世から消えはせぬ

怨みをすてたその日から

怨みは影を消すものよ

これこそ真実永遠の

変わらぬ真理というものよ

  (『寂聴 生きる知恵―法句経を読む』 瀬戸内寂聴著 集英社)」


-- 続きを読む --

テーマ:わんことにゃんこ - ジャンル:ペット

2008/09/21 [Sun] 22:06:54 » E d i t
お彼岸を迎えました。平成20年9月19日、諸宗山無縁寺回向院(東京都墨田区)において秋季彼岸会「家畜総回向」がありましたので、この法要のため参詣してきました(前回の「彼岸会」については、「平成20年春季彼岸会・犬猫小鳥等家畜総回向」(2008/03/18 [Tue] 19:58:09)をご覧下さい)。


諸宗山回向院は、安政大地震、関東大震災、東京大空襲など様々な天災地変・人災による被災者、海難事故による溺死者、遊女、水子、刑死者、諸動物など、ありとあらゆる生命が埋葬供養されており、有縁・無縁にかかわらず生きとし生けるすべてのものを供養する寺院です。この回向院は、今からおよそ350年前の明暦3年(1657年)に開かれた浄土宗の寺院ですが、「有縁・無縁に関わらず、人・動物に関わらず、生あるすべてのものへの仏の慈悲を説く」というのが、この寺院の理念となっています。

近時、ペット供養訴訟については、最高裁が相次いで出ていますが、回向院が当事者となったペット供養訴訟の判決では回向院側が勝訴し(「回向院のペット供養訴訟:「ペットの遺骨保管施設への課税処分は違法」が確定~最高裁平成20年7月17日決定」(2008/07/19 [Sat] 01:17:39))、愛知県春日井市の宗教法人「慈妙院」が当事者となり、ペット供養が法人税課税となるかが問題となった「最高裁平成20年09月12日判決」では、慈妙院側は敗訴しています。こうした対照的な結果がでているため、余計に回向院が動物供養を行っている寺院として知られた存在になったといえるでしょう。



1.お彼岸の頃と重なるのですが、9月20日から26日は、動物愛護週間です。動物愛護管理法4条により、国民の間に広く動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めるため、9月20日から26日を動物愛護週間と定めています。そして、動物愛護週間には、全国各地で様々な動物愛護行事が行われます。

例えば、東京都内では、平成20年9月20日及び23日に、環境省・東京都・台東区・動物愛護団体等が協働して、動物愛護週間中央行事「動物愛護ふれあいフェスティバル」を実施しています。

主な行事

●平成20年9月20日(土曜日) 午前11時から午後4時まで
 【上野恩賜公園噴水池前広場、動物園ホール・こども動物園】

動物愛護セレモニー
愛犬のしつけ方教室
ペット写真展
聴導犬実演 等
※大雨の場合、屋外での行事は中止します。

●平成20年9月23日(祝日) 午後1時30分から午後5時まで(午後12時30分受付開始)
 【東京国立博物館平成館講堂】

 動物愛護シンポジウム(基調講演・パネルディスカッション)
 「まもれますか? ペットの健康と安全」」




-- 続きを読む --

テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

2008/07/19 [Sat] 01:17:39 » E d i t
動物の供養で知られる東京・両国の「回向院」の境内にあるペットの遺骨保管施設などが、課税(固定資産税と都市計画税)の対象にならない宗教施設に当たるかどうかが争われた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(涌井紀夫裁判長)は7月17日、東京都の上告を棄却する決定をしました。これにより、東京都の課税処分を違法とした2審・東京高裁判決が確定しました。



1.まず、報道記事を幾つか。

(1) YOMIURI ONLINE(2008年7月17日23時25分)(紙面未掲載)

回向院のペットの骨保管施設「課税処分は違法」確定…最高裁

 江戸時代の相撲興行などで知られる東京都墨田区の「回向院(えこういん)」が、ペットの骨の保管施設は宗教施設ではないとの理由で固定資産税など約138万円を課されたのを不服とし、都に課税処分の取り消しを求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(涌井紀夫裁判長)は17日、都の上告を棄却する決定をした。

 都の課税処分を違法とした2審・東京高裁判決が確定した。

 1審・東京地裁判決は、「民間業者の動物霊園と大きな違いはない」として課税を適法としたが、2審は、「回向院は江戸時代から動物供養が行われ、地域住民からも厚い信仰の対象とされている」と判断していた。

(2008年7月17日23時25分 読売新聞)」



(2) MSN産経ニュース(2008.7.17 22:16)

ペット供養施設「課税取り消し」が確定
2008.7.17 22:16

 動物供養で知られる東京都墨田区の寺院「回向(えこう)院」が、都が行ったペット供養施設への固定資産税課税処分の取り消しを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(涌井紀夫裁判長)は17日、都側の上告を棄却する決定をした。処分取り消しを命じた2審東京高裁判決が確定した。

 回向院は飼い主から持ち込まれたペットの遺骨を、境内のロッカーで年2~5万円で保管。都側は「民間業者の動物霊園と違わない」としてロッカーの敷地などに課税した。

 1審東京地裁は都側の主張を認めたが、2審は「回向院では江戸時代から動物供養が行われており、ロッカーも宗教活動のために欠くことができない施設」と指摘し、課税処分を取り消した。」




-- 続きを読む --

テーマ:裁判 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。